【フローラS(G2)】(2020ラップ分析篇)

フローラステークスa.jpg
基本的には"後 傾 ラ ッ プ"

スローペースになりやすく、過去5年内4回。
東京コースは上位の上がりが必要不可欠!! 

過去5年のラップ分析篇

【過去5年&平均ラップ】.jpg
2015.jpg
2016.jpg
2017.jpg
2018.jpg
2019.jpg
【平均ラップ】.jpg
上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。

【東京 芝2000コース立体】.jpg
東京芝2000㍍で行われるオークストライアル!! 桜花賞に間に合わなかったり、陣営が中長距離型と判断してオークス一本に狙いを定めて出走してくる馬たちで、かなり高いレベルになることが近年では珍しくない。

このレースラップバランスは、「上がり3ハロン勝負」。前半から中盤もそれほど緩やかなラップになるわけではないが、東京競馬春の開幕週で馬場もよく、スローでなくても速い上がりタイムが出やすい。

東京コースのホームストレッチは残り300㍍までに坂を上りきり、あとは惰性で駆け抜けるというラップなので、実質的な勝負区間は残り3~2ハロンの区間。この2ハロンを11.6-11.5辺りのラップで急加速できる馬が優勢!!

ラップ分析ポイント
この重賞に類似したラップバランスのレース「G3クイーンC」をステップにした馬が優勢と判断!? あとは、「前走、上がり3位以内で連対馬」を重視して選択。

セイウンヴィーナス(G3クイーンC 3着 着差0.1)
スカイグルーヴ(前走・G3京成杯 2着 上がり3位)
レッドルレーヴ(前走・G3フラワーC 2着 上がり3位)
ヴァリアーモ(前走・ゆりかもめ 2着 上がり2位)

sample

今 週 の 重 賞

4月25日(
福島11R【福島牝馬SG3)】

4月26日(
東京11R【フローラSG2)】


京都11R【読売マイラーズCG2)】


当日(4/26)2020総合分析予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

"【フローラS(G2)】(2020ラップ分析篇)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。