【アイビスサマーダッシュ(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

アイビスサマーダッシュb.jpg
アイビスサマーダッシュG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

国内唯一の直線重賞!!


14年 3F.jpg14年 HB.jpg2014年(タイム良0.54.3 前半32.2 / 後半32.6)


15年 3F.jpg15年 HB.jpg2015年(タイム良0.54.1 前半32.5 / 後半32.0)


16年 3F.jpg16年 HB.jpg2016年(タイム良0.54.1 前半32.8 / 後半31.9)


17年 3F.jpg17年 HB.jpg2017年(タイム良0.54.2 前半32.2 / 後半32.4)


18年 3F.jpg18年 HB.jpg2018年(タイム良0.53.8 前半32.1 / 後半32.0)


【アイビスサマーダッシュ】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18- - -52位- - -13位- - -34位
17- - -111位- - -17位- - -39位
16- - -22位- - -16位- - -34位
15- - -24位- - -66位- - -91位
14- - -83位- - -28位- - -75位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定前 半優勢推定前 半優勢

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

セオリー通り、「外枠」「牝馬」を重視したい!?

過去5年の連対馬の6頭までが3番手以内の追走。唯一の直線1000㍍戦の重賞らしく、現役屈指のダッシュ力を競うレース。1200㍍戦で先手を奪えるダッシュ力がないと勝ち負けは厳しい。また、枠順による有利・不利が大きく、3着内馬は1~9番枠が5組に対して、10~18番枠が10頭と外枠有利が顕著。牝馬は斤量差を活かして8頭が馬券絡み。勝ち時計は53秒8~54秒3と0秒5しかブレがなく、この時計で走れるかが大きな目安となる。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、32.4秒/32.2秒。(前後差0.2) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が7連対、10番手以降1連対。
「上がり最速馬」 1連対(上がり5位以内5連対)。



◎ライオンボス

ライオンボスは好ダッシュから先手を奪って、2ハロン目が9秒9の速さ。上がりも32秒2でまとめて0秒1差V。直線1000m戦は2戦2勝と適性が高い。

このレースは枠順による有利・不利が大きく、3着内馬の15頭中で10頭が10~18番枠の外めの枠。他の人気馬が内枠に入った分のアドバンテージも大きいはず。大型馬で3㌔増の斤量56㌔も克服可能か。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《11⇒3,2,7,9》

アイビスサマーダッシュ.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ライオンボス


ライオンボスは、新潟・芝1000㍍の直線競馬で目下2連勝中の快速馬。前走のオープン特別・韋駄天Sでマークした53秒9の勝ちタイムは、春開催としては極めて優秀な数字で、直線競馬への適性は抜群!、3連勝での重賞初制覇に期待したい!


馬単】で(11⇒2,3,9,10,16,18)

アイビスサマーダッシュa.jpg

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

"【アイビスサマーダッシュ(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。