【宝塚記念(G1)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

画像
宝塚記念G1)】
過去5年 ハイブリッド指数

上半期のクライマックス!


画像
画像
2014年(タイム良2.13.9 前半36.4 / 後半35.6)


画像
画像
2015年(タイム良2.14.4 前半36.0 / 後半35.0)


画像
画像
2016年(タイム稍重2.12.8 前半34.7 / 後半36.8)


画像
画像
2017年(タイム稍重2.11.4 前半35.2 / 後半35.7)


画像
画像
2018年(タイム稍重2.11.6 前半34.4 / 後半36.3)


【宝 塚 記 念】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
187-5-3-22位12-14-13-131位10-9-7-75位
177-6-6-61位6-6-6-91位9-9-9-93位
1611-11-10-62位13-13-10-91位1-1-1-14位
152-2-2-25位15-15-14-141位7-6-6-74位
144-3-4-41位3-3-3-34位1-1-1-19位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢

画像
ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

阪神内回りコースだが、差し馬の台頭が目立つ!?

18年は上がり2位のミッキーロケットが勝って、上がり最速のワーザーが2着。過去5年で「上がり最速馬」は2勝、2着3回とパーフェクト連対。連対馬の8頭までが上がり2位以内をマークしており、上がり6位以下で馬券絡みした馬は1頭だけ。15~17年は上がり5位以内が1~3着を独占。阪神の内回り戦は逃げ&先行馬に有利な舞台だが、梅雨の時期で馬場が荒れやすく、上位の上がりで差し届きやすい。道悪適性の高さも問われる。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.3秒/35.9秒。(前後差△0.6) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が4連対、10番手以降2連対。
「上がり最速馬」 6連対(上がり5位以内8連対)。



◎レイデオロ

レイデオロはGⅠを2勝。昨秋は天皇賞・秋(1着)で上がり2位、有馬記念(2着)で上がり最速をマーク。上がりの速い条件、掛かる条件に関係なく、国内では11戦中で上がり2位以内を9回もマーク。

ちなみに2009年9月のデータ公開以降、"ルメール騎手+「推定後半3ハロン」1位"は勝率31%、複勝率64%のハイアベレージ。そして、レイデオロ自身も前述の条件に該当のレースでは、GⅠ2勝を含めて6戦4勝&2着2回と好走。春最後のGⅠレースはこのコンビに託したい。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《2⇒12,1,11,4》

画像
徹底的に重賞レースを極める!】

◎リスグラシュー


リスグラシューは、国内での近2走はエリザベス女王杯(1着)、金鯱賞(2着)で上がり最速をマーク。稍重&重馬場は4戦4連対で、上がりの掛かる条件は得意。

香港遠征明けの一戦になるが、帰厩後の動きや馬体は好調時と変わらず、軸馬として期待したい!


ワイド】で(1 - 12)
3連複】で(12⇒1,2,3,4,11)


画像
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

"【宝塚記念(G1)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。