【弥生賞(G2)】(2021血統データ分析篇)

【弥生賞に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(弥生賞限定) 【過去10年成績】昔からクラシックの最重要ステップだが、最近はトライアルを使わず直行のローテが増えており、ここ2年の出走馬からクラシック連対馬は出ていない。16~20年までディープインパクト産駒が5連勝中(11頭出走し[5-1-0-5])で、特に母父フレンチデピュティは…
コメント:0

続きを読むread more

【チューリップ賞(G2)】(2021血統データ分析篇)

【チューリップ賞に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(チューリップ賞限定) 【過去10年成績】昨年は新種牡馬キズナ産駒の4番人気マルターズディオサがハナ差の接戦を制して重賞初制覇。その父系祖父ディープインパクトも14年ハープスター、16年シンハライト、19年ダノンファンタジーと3頭の勝ち馬を出しており、17年を除けば11~19…
コメント:0

続きを読むread more

【オーシャンS(G3)】(2021血統データ分析篇)

【オーシャンSに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(オーシャンS限定) 【過去10年成績】昨年はロードカナロア産駒としても初出走となった1番人気ダノンスマッシュが2着に1.1/2馬身差を付けて快勝。大まかに見れば、一昨年の勝ち馬モズスーパーフレア(父Speightstown)に続いて、父Mr. Prospector系×母の父Da…
コメント:0

続きを読むread more