【セントライト記念(G2)】(2020刻を見極めるラップ篇)

セントライト記念e.jpg

過去10年のラップ分析篇

1F2F3F4F5F6F7F8F9F10F11F勝ち時計
2010(良)12.111.011.711.812.111.711.711.812.012.212.82.10.9
2011(良)12.210.711.111.711.811.911.812.312.512.711.62.10.3
2012(良)12.411.011.812.212.812.411.811.711.511.411.82.10.8
2013(良)12.611.912.612.412.212.012.111.811.911.912.12.13.5
2014(良)13.010.811.312.012.711.812.012.112.311.612.12.11.7
2015(良)12.611.612.212.312.412.612.512.611.911.511.62.13.8
2016(良)12.511.612.012.212.712.512.511.711.711.512.22.13.1
2017(良)12.311.112.413.112.912.812.112.011.711.311.02.12.7
2018(良)12.410.912.312.412.912.011.511.211.612.312.62.12.1
2019(重)12.511.012.112.212.011.912.011.911.912.012.02.11.5
平均12.511.212.012.212.512.212.011.911.911.812.02.12.0
表内の背景を黄色で示した部分がレースにおける『加速の開始位置』。基本的には「0秒2以上の加速かつ12秒台前後」を条件。年によって多少の差異はあるが、平均すると前半の7~8ハロン目、ゴールから逆算すると”ラスト5~4ハロン”の位置で加速を開始。ここがセントライト記念の勝負ポイント!?

関東圏の菊花賞トライアル。3着までの馬が菊花賞への優先出走権を獲得できる。

このレースは2200㍍という非根幹距離かつ、変形コースの中山芝外回りをグルリと1周するコースで行われ、かなり特殊なラップバランスになりやすい。スタートから前半3ハロンは、2ハロン目に11.2秒ぐらいで入るもののほぼ平均ラップ。そこから2コーナー奥の坂の頂点に向かって徐々にラップが緩んで、そこを過ぎると今度は4コーナーまで徐々にラップが速くなっていき、直線のラスト1ハロンは急坂の影響で少し失速してフニッシュとなる。レース全体のほとんどが緩いコーナーで形成されているようなコースで「ジワジワ減速、ジワジワ加速」が特徴となっている。

春のクラシックや一連のトライアルとはまったく異なるラップバランスなので、好走するタイプもかなり変わってくる。

刻を見極める
「中山での適性重視!?」から「中山芝での実績馬」

ガロアクリーク(G1皐月賞2000㍍ 3着)(中山芝1-0-1-2)
サトノフラッグ(G2弥生賞2000㍍1着)(中山芝2-0-0-1)
リスペクト(1勝山吹賞2200㍍2着)(中山芝0-2-0-1)

sample

今 週 の 重 賞

9月20日(
中京11R【ローズステークスG2)】


9月21日(
中山11R【セントライト記念G2)】


当日(9/21)2020総合分析予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント