【クイーンステークス(G3)】(2020総合分析予想篇)

クイーンSb.jpg
クイーンステークスG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

秋へ向けてさらなる飛躍を誓う
牝馬がそろう重賞!!


15年 3F.jpg2015年(タイム良1.47.1 前半35.5 / 後半35.1)


16年 3F.jpg2016年(タイム良1.47.7 前半36.5 / 後半34.3)


17年 3F.jpg2017年(タイム良1.45.7 前半35.2 / 後半35.5)


18年 3F.jpg2018年(タイム良1.46.2 前半34.4 / 後半34.6)


19年 3F.jpg2019年(タイム良1.47.0 前半36.2 / 後半34.5)


【クイーンステークス】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
194-4-4-47位9-9-10-101位5-7-6-65位
1810-9-10-71位8-8-8-62位3-3-3-24位
171-1-1-18位6-7-6-51位8-10-10-71位
164-4-4-43位2-2-2-24位7-8-7-74位
159-9-7-72位4-3-3-33位2-3-4-43位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢


重賞攻略ポイント
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

小回りコースだが、上がりを重視したい!?

17年アエロリットが1分45秒7のコースレコード。過去5年の前後半3ハロンの平均は35秒6-34秒8、後半の方が0秒8も速い。その結果、勝ち馬はすべて4角7番手以内。その一方「上がり最速馬」が1勝、2着2回。連対馬の8頭が上がり4位以内をマーク。14年は上がり3位以内が1~3着を独占。小回りコースの割には上位の上がりも要求される。近走で二桁着順に大敗している人気薄の一変を警戒。人気馬同士では決着しない。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.6秒/34.8秒。(前後差0.8) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が6連対、10番手以降1連対。
「上がり最速馬」 3連対(上がり5位以内8連対)。




クイーンSa.jpg
総合分析で重賞レースを極める!】

◎サムシングジャスト


芝コンディション、小回りコース、最後の直線の短さ、そして逃げ先行勢が多くHペースになると想定しながら競馬を進めて脚を貯めた後方勢サムシングジャストに注目。武豊騎手の手腕にも期待!!

相手馬も推定後半3ハロン上位馬(ビーチサンバ、フェアリーポルカ、スカーレットカラー、シャドウディーヴァ)中心に先行馬タガノアスワドの5頭で勝負!!


ワイド】で(13 - 2,4,8,9,14)

クイーンSa.jpg

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント