【葵ステークス(重賞)】(2020データ分析篇)

葵ステークスc.jpg
葵ステークスに関する過去データ

注目馬データ篇
馬 名馬齢前走レース距離4角通過馬体重
191ディアンドル牝3マーガレ L芝121-3-3490㌔
192アスターペガサス牡3橘S L芝1413 -9-8498㌔
193アウィルアウェイ牝3桜花 G1芝1610 -13-9458㌔
馬 名馬齢前走レース距離4角通過馬体重
181ゴールドクイーン牝3橘S OP芝143 -2-2450㌔
182ラブカンプー牝3アーリンG3芝1613 -1-1426㌔
183トゥラヴェスーラ牡3500万下芝121 -6-4474㌔
馬 名性別前走レース距離4角通過馬体重
171アリンナ牝3橘S OP芝145 -1-1412㌔
172エントリーチケット牝3橘S OP芝143 -5-7426㌔
173ショウナンマッシブ牡3橘S OP芝148 -7-5462㌔
馬 名馬齢前走レース距離4角通過馬体重
161アスカノロマン牝3雪うさ500芝121 -3-2508㌔
162クリノスターオー牝3橘S OP芝144 -2-2446㌔
163クリソライト牝3マーガレOP芝145 -7-5426㌔
馬 名馬齢前走レース距離4角通過馬体重
151ジャストドゥイング牡3ニュージG2芝169-10-10542㌔
152フィドゥーシア牝3500万下芝121 -2-2470㌔
153マジックシャトル牡3ファルコG3芝1417 -3-3490㌔
上記の表は、過去5年の成績と前走レース(距離、着順、4角通過位置、馬体重)を検証。

適性が一気に開花する! 3歳スプリント戦の頂上決戦!! 重賞に昇格して今年が3年目になる。『前走、1200㍍戦で4角4番手以内 かつ 上がり3ハロン1~2位で勝利している馬』が人気なら軸に最適。穴は『前走、京都(芝)1400㍍戦に出走している馬』を中心に、(芝)1200㍍戦で勝利経験のある馬をチェック!? 今年出走メンバーで軸馬条件に該当ナシ。穴馬で今年出走メンバーで該当する(マイネルグリット)1頭の結果は!?


馬 名馬齢前走レース距離4角通過馬体重
アルムブラスト牡3クロッカス L芝146 -2-2518㌔
エグレムニ牡3ファルコG3芝147 -5-5468㌔
エレナアヴァンティ牝3マーガレットL芝121 -1-1446㌔
カバジェーロ牡3さわら1勝芝121 -1-1482㌔
グリンデルヴァルト牝31勝クラス芝121 -6-7452㌔
ケープコッド牝3桜花賞G1芝1613 -14-16464㌔
サヴァイヴ牡31勝クラス芝121 -3-3470㌔
ゼンノジャスタ牡3橘S L芝144 -8-8470㌔
デンタルバルーン牝3ファルコG3芝1418 -1-1450㌔
トロワマルス牝31勝クラス芝121 -1-1468㌔
ニシノストーム牡3NHKマG1芝1618 -15-17486㌔
ビアンフェ牡3ファルコG3芝149 -2-2550㌔
ビップウインク牝31勝クラス芝121 -9-9488㌔
マイネルグリット牡3橘S L芝145 -7-6486㌔
レジェーロ牝3マーガレットL芝125 -2-2400㌔
ワンスカイ牡31勝クラス芝121 -5-5498㌔
上記の表は、今年出走予定馬の成績と前走レース(距離、着順、4角通過位置、馬体重)を検証。
インパクトデータ
過去10年を基本に検証
所 属
西(栗東)9勝を含む19連対に対し、
東(美浦)は1勝を含む2連対と劣勢。
勝利数
3着以内30頭は、すべて2勝以上していた馬。
1200m実績
1200m戦 1着経験がなかった馬の好走例はゼロ。
最終チェックポイント
前走からのローテーションで3着以内に入った馬の間隔、30頭中29頭が中1~8週。例外は2019年1着のディアンドル(4連勝中)のみ。相応(連勝中)の勢い&実績がない、中9週以上の臨戦馬はマイナス評価。
注目馬
マイネルグリット、グリンデルヴァルト、ゼンノジャスタ、ビップウインク

まとめ篇

狙い目好走データをクリアした馬

該当馬
マイネルグリット
グリンデルヴァルトゼンノジャスタビップウインク








当日(5/30)2020総合分析予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント