【京王杯スプリングC(G2)】(2020ラップ分析篇)

京王杯SCa.jpg
例年通りなら、 "後 傾 ラ ッ プ"

短距離戦のわりには後方待機組が届く!?
近5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内。 

過去5年のラップ分析篇

【過去5年&平均ラップ】.jpg
2015.jpg
2016.jpg
2017.jpg
2018.jpg
2019.jpg
【平均ラップ】.jpg
上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。

京王杯SC(東京 芝1400).jpg
2015、16、17年の3年間はスローの上がり決着だったが、18、19年は従来の傾向通りに平均ラップの持続決着で速いタイムもマークされている。
 
例年通りならこのレースの週に仮柵が移動しBコースの1週目。雨の影響がなければ1分19秒台でレコードに近いタイムが出るが、1200㍍のスプリント要素を持っている馬は案外不振となっている。
 
15年1着サクラゴスペル、17年1着レッドファルクス、19年1着タワーオブロンドンはスプリンターズSの連対馬だが、この3頭以外で馬券に絡んでいる馬の多くは1600㍍以上の重賞連対馬。過去30年の3着内馬30頭のうち17頭がこれに該当する。さらに前走が東京新聞杯という馬が過去10年で6頭3着以内に好走しているのもチェックしておきたい。
 
3コーナー通過番手別成績は前も後ろも互角。上がり順位別でも、上がり3位以内が5勝2着4回、4位以下が5勝2着6回とほぼ同数の連対となっている。位置取りや上がり順位で明確な傾向が出ない重賞とも言える。

ラップ分析ポイント
「2走以内オープン(L)以上、(芝)1400㍍以上で上がり順位3位以内の馬」を重視して選択。

エントシャイデン
(前走、芝1600㍍谷川岳S(L)2着 上がり1位)
ケイアイノーテック
(前走、芝1600㍍G3ダービー卿4着 上がり2位)

sample

今 週 の 重 賞

5月16日(
京都11R【京王杯スプリングCG2)】

5月17日(
東京11R【ヴィクトリアマイルG1)】


当日(5/16)2020総合分析予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント