【武蔵野ステークス(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

武蔵野Sb.jpg
武蔵野ステークスG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

高配当決着も低配当決着も多い難解なダート重賞!


画像
画像
2014年(良タイム1.35.2 前半34.2 / 後半37.1)


画像
画像
2015年(稍重タイム1.34.7 前半34.4 / 後半36.5)


画像
画像
2016年(重タイム1.33.8 前半34.5 / 後半35.5)


画像
画像
2017年(良タイム1.35.5 前半35.1 / 後半35.5)


18年 3f.jpg18年 HB.jpg2018年(稍重タイム1.34.7 前半34.8 / 後半36.1)


【武 蔵 野 S】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18--14-121位--13-142位- -2-24位
17- -2-24位- -2-33位- -4-37位
16- -1-14位- -9-82位--16-161位
15--10-111位- -2-23位- -4-35位
14--15-161位- -4-33位- -4-34位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定前 半優勢推定前 半優勢


ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

ペースが速くなり、上がり上位馬が躍動!?

過去5年の前後半の平均は34秒6-36秒1、前半の方が1秒5も速い。4角3番手以内は5連対しているとはいえ、勝ち馬の3頭が4角11番手以降。「上がり最速馬」は14年ワイドバッハ、15年ノンコノユメ、18年サンライズノヴァと3勝。連対馬はすべて上がり4位以内、8頭までが上がり34~35秒台をマークしている。16年は1分33秒台で決着するなど、高速決着への対応力も必要となる。本番のチャンピオンズCへはあまり直結していない。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、34.6秒/36.1秒。(前後差△1.6) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が5連対、10番手以降4連対。
「上がり最速馬」 3連対(上がり5位以内10連対)。



◎カフジテイク

カフジテイクは、東京コースを7戦して3着以内が6回。一昨年のフェブラリーSで上がり最速34秒9をマークして、0秒1差の3着している。室町Sで上がり最速をマークして復調気配。実績のある舞台で一変を期待したい。

《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《16⇒5,3,8,1》

武蔵野Sa.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎エアアルマス


エアアルマスは、デビューから11戦連続で芝のレースに出走してきたが、今夏にダート路線へシフトすると、強い内容で3連勝。ダート界に現れた期待の新星に期待!?


ワイド】で(5⇒1,3,4,7,8,9)

武蔵野ステークスa.jpg

今 週 の 重 賞
11月9日(
東京11R【武蔵野SG3)】

京都11R【デイリー杯2歳SG2)】


11月10日(
京都11R【エリザベス女王杯G1)】

福島11R【福島記念G3)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント