【東京スポーツ杯2歳S(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

東京スポーツ杯2歳Sb.jpg
東京スポーツ杯2歳SG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

年末以降のビッグレースを見据える
2歳馬が府中に集結!?


画像
画像
2014年(良タイム1.47.9 前半35.4 / 後半34.9)


画像
画像
2015年(良タイム1.49.5 前半36.9 / 後半33.7)


画像
画像
2016年(稍重タイム1.48.3 前半36.1 / 後半35.1)


画像
画像
2017年(良タイム1.46.6 前半34.7 / 後半35.8)


18年 3f.jpg18年 HB.jpg2018年(良タイム1.46.6 前半36.2 / 後半34.6)


東スポ杯2歳S】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18-8-9-92位-12-13-131位-8-10-92位
17-5-5-41位-6-7-62位-3-3-35位
16-7-7-72位-10-9-91位-8-7-73位
15-9-9-91位-6-6-62位-1-2-26位
14-9-10-101位-5-5-57位-8-7-75位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢

東京スポーツ杯2歳Sc.jpg

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

過去5年「上がり最速馬」がパーフェクト連対!?

14年の勝ち馬サトノクラウンは香港ヴァーズ、宝塚記念、17年の勝ち馬ワグネリアンがダービーを制している。ほかにも16年の2着馬にはスワーヴリチャードがいる。過去5年の前後半の平均は35秒9-34秒8、1秒0以上の後傾ラップが3回。「上がり最速馬」は3勝、2着2回とすべて連対。連対馬野9頭までが上がり2位以内をマークしている。このレースで上がり最速をマークして勝ち負けなら、3歳のクラシック戦線でも期待は大きい。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.9秒/34.8秒。(前後差1.1) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が2連対、10番手以降2連対。
「上がり最速馬」 5連対(上がり5位以内9連対)。



◎アルジャンナ

前走で上がり最速をマークして勝利している5頭のなかで、もっともアルジャンナの末脚に注目する。新馬戦では上がり最速33秒6をマークして0秒2差V。上がり2位に0秒6差で抜けて速かった。レースラップのラスト2ハロンが11秒1-11秒4と速い点も併せて評価できる。

《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《5⇒6,2,1,3》

東京スポーツ杯2歳Sa.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎アルジャンナ


アルジャンナは、単勝オッズ1.1倍の圧倒的1番人気の支持を受けて、9月のメイクデビュー阪神(芝2000㍍)に出走。後方から余裕十分の手応えで進出し、ワンサイドの内容で快勝。キャリア1戦でも、重賞初制覇に期待したい!


馬連】で2点(5⇒2,6)
3連複】で1点(2-5-6)


東京スポーツ杯2歳Sa.jpg

今 週 の 重 賞
11月16日(
東京11R【東京スポーツ杯2歳SG3)】


11月17日(
京都11R【マイルチャンピオンシップG1)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント