【アルテミスS(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

アルテミスSb.jpg
アルテミスステークスG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

創設当初からGⅠウイナーを続々と輩出している
2歳牝馬限定重賞!!


画像
画像
2014年(タイム稍重1.34.4 前半35.8 / 後半34.6)


画像
画像
2015年(タイム良1.34.1 前半34.9 / 後半34.2)


画像
画像
2016年(タイム良1.35.5 前半36.3 / 後半34.5)


画像
画像
2017年(タイム良1.34.9 前半35.4 / 後半35.1)


18年 3F.jpg18年 HB.jpg2018年(タイム良1.33.7 前半33.9 / 後半35.0)


【アルテミスS】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18- -13-131位- -9-73位- -9-104位
17- -4-31位- -1-111位- -2-36位
16- -6-72位- -10-101位- -2-211位
15- -12-111位- -1-16位- -8-93位
14- -3-35位- -9-92位- -4-37位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定後 半優勢推定前 半優勢


ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

近5年の連対馬から4頭が後にG1を制覇!

G2へ格上げされた近5年で14年の2着馬レッツゴードンキが桜花賞を制覇。15年の2着馬メジャーエンブレム、17年の勝ち馬ラッキーライラックは阪神JFを制覇。16年の勝ち馬リスグラシューはエリザベス女王杯、宝塚記念を制覇している。以後の牝馬路線を占う意味では重要な一戦。「上がり最速馬」は3勝、2着1回と高確率で連対している。2歳牝馬の一戦だけあって、1600㍍以上の距離経験、牡馬との対戦経験が大きな武器となる。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.3秒/34.7秒。(前後差0.6) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が4連対、10番手以降3連対。
「上がり最速馬」 4連対(上がり5位以内7連対)。



◎リアアメリア

リアアメリアの初戦は牡馬相手に大楽勝。牝馬同士ならG3も通過点だろう。

《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《9⇒8,6,5,3》

アルテミスSa.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ビッククインバイオ


ビッククインバイオの母アニメイトバイオは、ローズSで重賞制覇を果たし、GⅠで2度の2着がある活躍馬。同馬は卓越したスピードが持ち味で、前残りに期待したい!?


ワイド】で(5⇒1,3,4,6,8,9)

アルテミスSa.jpg

今 週 の 重 賞
10月26日(
東京11R【アルテミスSG3)】

京都11R【スワンステークスG2)】


10月27日(
東京11R【天皇賞・秋G1)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント