【菊花賞(G1)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

菊花賞b.jpg
菊花賞G1)】
過去5年 ハイブリッド指数

真の強さが試される長距離戦!


画像
画像
2014年(タイム良3.01.0 前半37.0 / 後半34.9)


画像
画像
2015年(タイム良3.03.9 前半35.4 / 後半35.4)


画像
画像
2016年(タイム良3.03.3 前半35.3 / 後半34.7)


画像
画像
2017年(タイム不良3.18.9 前半37.8 / 後半40.0)


18年 3F.jpg18年 HB.jpg2018年(タイム良3.06.1 前半37.2 / 後半34.2)


【菊 花 賞】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
187-7-5-61位10-9-8-61位-9-10-101位
1714-14-12-71位11-11-7-24位9-7-7-33位
168-8-9-51位-14-16-122位3-3-5-54位
155-5-10-81位7-8-7-72位2-2-4-34位
145-5-5-22位10-10-8-41位5-5-7-66位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢

菊花賞c.jpg

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

神戸新聞杯の上がり最速馬が高確率で好走!

「上がり最速馬」は15年キタサンブラック、16年サトノダイヤモンド、17年キセキ、18年フィエールマンと4連勝中。連対馬の9頭までが上がり2位以内をマークしている。そのうえ、勝ち馬はすべて2周目の4角を8番手以内で立ち回っている。長距離適性がない馬は2周目の3角で早々と手応えがなくなるので、必然的に勝ち負けになる馬はポジションが押し上げられることになる。神戸新聞杯の上がり最速馬が高確率で好走している。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、36.5秒/35.8秒。(前後差0.7) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が4連対、10番手以降1連対。
「上がり最速馬」 6連対(上がり5位以内9連対)。



◎ヴェロックス

ヴェロックスは、全8戦で4コーナー4番手以内が6回、上がり3位以内も7回マーク。脚質チェック的には逃げ切りも、追い込み一気も難しい舞台。好位を立ち回れる自在性を生かして、ラスト1冠をゲットするか。

《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《13⇒5,12,2,7》

菊花賞a.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ワールドプレミア


ワールドプレミアは神戸新聞杯(3着)で上がり最速をマーク!春シーズンと比較すれば脚元がしっかりとした様子で、初のGⅠ参戦に期待したい!


馬 連】で(5⇒2,7,12,13,14,15)

菊花賞a.jpg

本 日 の 重 賞
10月20日(
京都11R【菊花賞G1)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント