【秋華賞(G1)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

秋華賞b.jpg
秋 華 賞G1)】
過去5年 ハイブリッド指数

数々の名牝が歴代優勝馬に名を連ねる
3歳牝馬三冠の最終戦!


画像
画像
2014年(タイム良1.57.0 前半34.5 / 後半35.3)


画像
画像
2015年(タイム良1.56.9 前半33.8 / 後半35.3)


画像
画像
2016年(タイム良1.58.6 前半35.8 / 後半35.3)


画像
画像
2017年(タイム重2.00.2 前半35.6 / 後半37.0)


18年 3F.jpg18年 HB.jpg2018年(タイム良1.58.5 前半35.7 / 後半35.2)


【秋 華 賞】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18-11-11-121位1-1-1-112位-12-13-123位
17-15-13-91位12-11-9-62位5-5-4-23位
169-9-8-81位7-5-7-66位7-5-5-59位
158-8-8-64位-13-14-141位5-6-5-39位
149-9-9-53位-11-11-102位-10-10-84位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢

秋華賞c.jpg

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

内回りコースでも末脚重視で臨みたい!

昨年はアーモンドアイが上がり最速33秒6をマークして差し切って、牝馬3冠を達成。例年は速めのペースになりがちで、上がり33秒台後半~34秒台の争いとなっている。内回りコースにも関わらず、4角4番手以内で連対したのは昨年の2着馬ミッキーチャームしかいない。「上がり最速馬」は近3年すべて勝利しており、近4年連続して連対している。オークス、ローズS、紫苑Sで上位の上がりをマークしている馬に注目しておきたい。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.1秒/35.4秒。(前後差△0.3) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が2連対、10番手以降3連対。
「上がり最速馬」 4連対(上がり5位以内7連対)。



◎クロノジェネシス

クロノジェネシスは阪神JF(2着)で上がり最速、桜花賞(3着)で上がり2位をマーク。デビュー5戦すべて上がり2位以内、上がり32秒台を2回もマーク。溜めれば上位の末脚を発揮できるはず。自慢の末脚でラスト一冠をゲットするか。

《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《5⇒1,15,17,8》

秋華賞a.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎クロノジェネシス


クロノジェネシスは、昨年の阪神ジュベナイルフィリーズ2着、今春の桜花賞、オークスは共に3着。GⅠタイトルにはあと一歩手が届いていないが、世代トップクラスの実力の持ち主!?牝馬三冠最後の一冠に期待したい!


ワイド】で(5⇒1,3,8,11,14,15)

秋華賞a.jpg

今 週 の 重 賞
10月13日(
京都11R【秋華賞G1)】

10月14日(
東京11R【府中牝馬SG2)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント