【サウジアラビアRC(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

サウジアラビアRCb.jpg
サウジアラビアRCG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

来る大舞台へ2歳世代の精鋭が集うマイル重賞!


画像
画像
2014年(タイム良1.33.5 前半34.4 / 後半34.9)


画像
画像
2015年(タイム良1.34.2 前半34.7 / 後半34.9)


画像
画像
2016年(タイム稍重1.34.5 前半35.0 / 後半34.4)


画像
画像
2017年(タイム稍重1.33.0 前半34.3 / 後半34.7)


18年 3F.jpg18年 HB.jpg2018年(タイム良1.34.0 前半36.8 / 後半34.1)


【サウジアラビアRC】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18- -2-22位- -7-71位- -3-35位
17- -2-26位--14-161位- -7-76位
16- -7-71位- -6-62位- -3-35位
15- -6-65位- -7-65位- -8-81位
14- -4-35位- -8-82位- -2-28位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定後 半優勢推定前 半優勢


ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

2年続けて勝ち馬がのちにG1を制覇!?

14年まで「いちょうS」のレース名で施行されて、15年から名称が変更された。17年は1分33秒0の2歳コースレコードでの決着。17年の勝ち馬ダノンプレミアムが朝日杯FS、18年グランアレグリアが桜花賞を制している。ハイレベルなメンバーが集まるレースで、高速決着、上がり33秒台の瞬発力勝負への対応力が必要不可欠。東京コースは地力の高さがストレートに反映されやすいので、今後もクラシックへ繋がる重要な一戦となるはず。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.3秒/34.4秒。(前後差0.9) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が2連対、10番手以降2連対。
「上がり最速馬」 3連対(上がり5位以内6連対)。



◎サリオス

サリオスは新馬戦で上がり最速33秒1をマークして優勝。レースラップのラスト2ハロンが10秒9-11秒3、上がり2位に0秒8差で抜けて速い。今年の東京の2歳戦では最速の上がりタイムで、重賞級の瞬発力を秘めている。

《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《3⇒6,5,8,9》

サウジアラビアRCa.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎クラヴァシュドール


クラヴァシュドールは、新馬戦で上がり最速33秒1をマークして優勝。レースラップのラスト2ハロンが10秒8-11秒2、上がり2位に0秒3差で抜けて速い。潜在能力の高さに期待したい!


馬 単】で(6⇒3,5,8,9)

サウジアラビアRCa.jpg

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント