【スプリンターズS(G1)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

スプリンターズSb.jpg
スプリンターズSG1)】
過去5年 ハイブリッド指数

秋の短距離王者を決する一戦!


画像
画像
新潟2014年(タイム良1.08.8 前半33.7 / 後半35.1)


画像
画像
2015年(タイム良1.08.1 前半34.1 / 後半34.0)


画像
画像
2016年(タイム良1.07.6 前半33.4 / 後半34.2)


画像
画像
2017年(タイム良1.07.6 前半33.9 / 後半33.7)


18年 3F.jpg18年 HB.jpg2018年(タイム稍重1.08.3 前半33.0 / 後半35.3)


【スプリンターズS】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18--6-83位--2-29位--3-48位
17--11-102位--9-74位--1-112位
16--9-77位--1-115位--2-411位
15--8-92位--5-65位--13-121位
14--11-103位--9-106位--5-510位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定後 半優勢推定前 半優勢


ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

過去5年の勝ち馬はすべて4角7番手以降!?

過去5年の前後半の平均は33秒6-34秒5、0秒9の前傾ラップ。「4角先頭馬」は16年ミッキーアイル、17年ワンスインナムーンが馬券絡み。直線の短いコースの短距離戦なので、最短距離を立ち回れるアドバンテージが大きいのは同違いない。ただし、近年はエアレーション作業の影響か、外差しが決りやすい馬場になっている。その証拠として、勝ち馬はすべて4角7番手以降で立ち回っており、4頭が上がり33秒台をマークしている。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、33.6秒/34.5秒。(前後差0.9) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が2連対、10番手以降3連対。
「上がり最速馬」 0連対(上がり5位以内4連対)。



◎ダノンスマッシュ

ダノンスマッシュは右回りの1200㍍戦は5戦4勝&2着1回と好成績。すべて4コーナー2~6番手で立ち回っているうえ、函館日刊スポーツ杯&京阪杯では上がり33秒台をマークして差し切っている。好位~中団追走から、直線抜け出すイメージ。

《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《2⇒8,7,1,13》

スプリンターズSa.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ダノンスマッシュ


ダノンスマッシュは、5か月ぶりの実戦となった前走のキーンランドCを、直線で大外から豪快に突き抜け勝利。4歳を迎えて本格化、待望のGⅠタイトル獲得に期待したい!


馬 連】で(2⇒4,7,9)

スプリンターズSa.jpg

本 日 の 重 賞
9月29日(
中山11R【スプリンターズSG1)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント