<シリウスS(G3)回顧>

本日(19時)の更新メニュー
9月28日(土曜
シリウスSG3)回顧>

19ロードゴラッソa-5.jpg


土曜9月28日)阪神11Rシリウスステークス

の結果を日刊コンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。

シリウスSの指数の結果
指数順12345678910111213141516
阪神11R
シリウスS
02
76
04
69
11
64
10
63
08
58
06
56
09
51
12
50
01
49
07
48
14
47
13
46
03
41
05
40




(上段=馬番, 下段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

シリウスステークス HB.jpg
土曜9月28日  4回阪神8日目11R

シリウスステークス
G3


(ダート2000m)(3歳以上オープン)(ハンデ)

19ロードゴラッソ04.jpg
ロードゴラッソが押し切り重賞初制覇!


19ロードゴラッソ02.jpg
28日、阪神競馬場で行われたシリウスS(3歳上・GIII・ダ2000m)は、道中は前4頭から大きく離れた5番手、3~4コーナーで前に並びかけた藤岡佑介騎手騎乗の6番人気ロードゴラッソ(牡4、栗東・藤岡健一厩舎)が、直線で先頭に立ってゴールまで押し切り、馬群の間を抜けて追い上げてきた7番人気アングライフェン(牡7、栗東・安田隆行厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分3秒5(良)。
19ロードゴラッソ01.jpg
さらに1.3/4馬身差の3着に5番人気メイショウワザシ(牡4、栗東・南井克巳厩舎)が入った。なお、3番人気ジョーダンキング(牡6、栗東・藤原英昭厩舎)は4着、1番人気タイムフライヤー(牡4、栗東・松田国英厩舎)は6着、2番人気マッスルビーチ(牡3、栗東・鈴木孝志厩舎)は9着に終わった。
19ロードゴラッソa-1.jpg
勝ったロードゴラッソは、父ハーツクライ、母サッカーマム、その父Kingmamboという血統。デビューから通算14戦目で待望の重賞初制覇を果たした。

レース後のコメント

19ロードゴラッソ03.jpg
1着4-6 ロードゴラッソ(牡4、藤岡佑介・藤岡健一)
「前走は状態が良かったのにうまく乗れず、結果を出せなかったので、ほっとした気持ちの方が大きいです。コンディションは前走の方が良かったけど、高いレベルで安定している馬で、いい内容で勝てたと思います。前と離れて、リラックスして走れていいペースをキープできていたので、うまくいきました。3コーナーの手応えが良かったし、かわされていい馬ではないので強気に出ていって、よくしのいでくれました。苦しかったと思うけど、よく踏ん張ってくれましたね。どんどん良くなっているし、ダートを使い出してからはまだ底を見せていないですから。まだ上を目指せる馬だと思います」

19アングライフェン2着a.jpg
2着5-8 アングライフェン(牡7、川田将雅・安田隆行)
「ハンデに恵まれない中でも、よく走り切ってくれました。具合が良かったんだろうなと思います」

3着7-12 メイショウワザシ(牡4、松山弘平・南井克巳)
「芝スタートでもすごく速かったんですが、同型がいて展開的に苦しくなりました。それでも3着に来ていますし、力のある馬です」

4着7-11 ジョーダンキング(牡6、岩田康誠・藤原英昭)
「展開は、はまっているんですけどね。直線を向いてからの反応が鈍かったです」

5着8-14 キングズガード(牡8、浜中俊・寺島良)
「距離が延びて折り合いを考えて乗って、最後は伸びていました。よく頑張っています」

19タイムフライヤー6着a.jpg
6着2-2 タイムフライヤー(牡4、C.ルメール・松田国英)
「馬はいい状態でしたが、距離が長すぎました。1800㍍までがいいです」

7着6-9 ナムラアラシ(牡6、幸英明・牧田和弥)
「追い出しが少し遅れましたが、最後は脚を使ってくれています」

8着4-5 サトノプライム(牡5、古川吉洋・南井克巳)
「休み明けでよく頑張っています。直線では盛り返していました」

9着6-10 マッスルビーチ(牡3、松岡正海・鈴木孝志)
「4コーナーでいいところにいたのですが、距離が長いと思います」

10着1-1 ピオネロ(牡8、北村友一・松永幹夫)

11着8-13 メイプルブラザー(牡5、宮崎北斗・山内研二)
「勝ちに行ったのですが、最後に脚がなくなってしまいました。結果的に、もう少し我慢して脚をためた方がよかったです」

12着3-4 モズアトラクション(牡5、藤岡康太・松下武士)
「隣の馬が暴れていて、それにつられてタイミング悪くゲートが開きました。後ろから行く馬なので構えていきましたが、難しいところがあって、今日は気持ち的に走れていませんでした。申し訳ありません」

13着5-7 ロードアルペジオ(牡6、福永祐一・笹田和秀)
「休み明けで、まだ息ができていませんでした」

14着3-3 ヤマカツライデン(牡7、池添謙一・池添兼雄)
「ゲートで暴れた馬がいて、スタートはそれにつられる形になりました。ダートでこのメンバーでは厳しいです」
19ロードゴラッソa-2.jpg19ロードゴラッソac.jpg


シリウスステークス 払戻金.jpg


徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)
シリウスステークスa.jpg
軸馬マッスルビーチ、後方追走から直線で弾けて優勝のはずが……
9着惨敗…残念。






明日の重賞レースは
スプリンターズS】(G1)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント