【エルムステークス(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

エルムステークスb.jpg
エルムステークスG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

秋の大舞台へ飛躍の一戦!


画像
画像
2014年(タイム不良1.41.9 前半36.0 / 後半36.3)


画像
画像
2015年(タイム稍重1.43.0 前半36.4 / 後半37.2)


画像
画像
2016年(タイム良1.43.5 前半36.5 / 後半36.3)


画像
画像
2017年(タイム重1.40.9 前半35.6 / 後半35.9)


18年 3f.jpg18年 HB.jpg2018年(タイム重1.42.0 前半36.0 / 後半36.7)


【エルムステークス】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
183-3-2-22位1-1-1-13位-13-13-101位
174-4-3-32位2-2-2-24位1-1-1-14位
166-6-6-21位2-2-2-22位1-1-1-13位
1511-11-2-14位マクリ2-3-3-32位1-1-1-29位
144-4-2-21位2-2-2-12位5-6-4-33位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定前 半優勢推定前 半優勢

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

過去5年の連対馬はすべて4角3番手以内!?

過去5年の連対馬はすべて4角3番手以内。逃げ馬が4頭も馬券絡みしている。小回りコースなので、先行力がある方が有利なのは間違いない。そのうえ、「上がり最速馬」が2勝、連対馬はすべて上がり4位以内をマークしている。たとえ前半は後方のポジションだったとしても、3角から押し上げていって、4角では3番手以内が連対の最低条件。好位から上位の上がりをマークするのが必勝パターン。人気薄の逃げ馬&先行馬を警戒したい。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、34.0秒/35.1秒。(前後差△1.1) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が6連対、10番手以降3連対。
「上がり最速馬」 1連対(上がり5位以内3連対)。


◎グリム

グリムは白山大賞典、名古屋大賞典、マーキュリーCと地方交流のGⅢを3勝。近6走すべて地方交流重賞で4コーナー3番手以内から、3着以内に好走している。

JRA重賞のGⅢ・レパードSでも4コーナー先頭→上がり2位をマークして勝利した実績がある。

全13戦すべて4コーナー4番手以内で立ち回っており、4着以下に敗れたのは1600mの2戦のみ。「推定前半3ハロン」4位&「推定後半3ハロン」4位。逃げ&先行馬のなかで、もっとも上位の上がりを使えるとみた。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《12⇒3,14,4,6》

エルムステークスa.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎グリム


グリムは、昨夏のレパードSを制した後、重賞のみを使われて6戦3勝、2着2回、3着1回と、1度も3着以内を外していない。先行してひと脚を使えるタイプなので、安定感は抜群!軸馬として期待したい。


馬 連】で(12⇒1,2,3,4,6,14)

エルムSa.jpg

今 週 の 重 賞
8月11日(
新潟11R【関屋記念G3)】


札幌11R【エルムステークスG3)】


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント