【紫苑ステークス(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

紫苑ステークスb.jpg
紫苑ステークスG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

重賞昇格後はGⅠウイナーを続々と輩出している
注目の一戦!!


画像
画像
新潟2014年(タイム不良2.03.3 前半35.9 / 後半35.8)


画像
画像
2015年(タイム良2.00.2 前半35.3 / 後半35.1)


画像
画像
2016年(タイム良1.59.7 前半34.8 / 後半35.7)


画像
画像
2017年(タイム良1.59.8 前半36.0 / 後半34.3)


18年 3F.jpg18 HB.jpg2018年(タイム良1.58.0 前半35.1 / 後半34.2)


【紫苑ステークス】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
185-4-6-51位5-6-8-73位1-1-1-110位
17-11-10-113位5-5-6-54位-10-12-111位
16-13-6-21位マクリ-9-12-112位5-6-9-86位
15-10-10-81位4-4-4-28位-12-12-121位
14- -5-41位- -14-62位- -1-17位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢

紫苑ステークスc.jpg

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

近年はレースのレベルアップが顕著!

15年まではオープン特別だったが、16年から重賞へ格上げされた。近4年の前後半の平均は35秒3-34秒8。「上がり最速馬」は3勝、勝ち馬はすべて上がり2位以内をマークしている。16年の2着馬ヴィブロス、17年の勝ち馬ディアドラが本番の秋華賞を制覇。そして、18年の勝ち馬ノームコアは翌年のヴィクトリアマイルをレコードで勝利している。レースレベルが一気に上がっており、今後ものちの牝馬G1に繋がる可能性が極めて高い。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.4秒/35.0秒。(前後差0.4) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が5連対、10番手以降2連対。
「上がり最速馬」 4連対(上がり5位以内8連対)。



◎アップライトスピン

アップライトスピンは、1勝クラスの前走は上がり最速33秒7をマークして0秒3差V。稍重馬場の上がりタイムとしては優秀で、同日の芝6レースの勝ち馬のなかでは、メーンの芝1400mのパラダイスSのショウナンライズ(上がり33秒5)に次いで速い。しかも、レースラップのラスト2ハロンの11秒1-11秒5も優秀といえる。同世代の牝馬同士なら、初重賞挑戦でも期待してみたい。

《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《13⇒14,12,8,4》

紫苑ステークスa.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎パッシングスルー


パッシングスルーは、何が何でも賞金を加算したい立場!春のGⅠ出走にはあと一歩届かなかったが、前走で確かな成長を見せて、再び重賞で期待したい!


馬 連】で(15⇒6,8,12,13,14)

紫苑ステークスa.jpg

今 週 の 重 賞
9月7日(
中山11R【紫苑ステークスG3)】

9月8日(
中山11R【京成杯オータムHG3)】


阪神11R【セントウルSG2)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント