<エルムステークス(G3)回顧>

本日(19時)の更新メニュー

19モズアトラクションab.jpg


日曜8月11日)札幌11Rエルムステークス

の結果を日刊コンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



エルムSの指数の結果
指数順12345678910111213141516
札幌11R
エルムS
12
84
04
73
14
63
06
56
02
55
07
54
03
53
13
52
11
51
10
50
01
49
09
48
08
47
05
46




(上段=馬番, 下段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

エルムS HB.jpg
日曜8月11日  1回札幌6日目11R

エルムステークス
G3


(ダート1700m)(3歳以上オープン)(別定)

19モズアトラクション00.jpg
モズアトラクションが抜け出し重賞初V
グリムは7着


19モズアトラクションa-1.jpg
11日、札幌競馬場で行われたエルムS(3歳上・GIII・ダ1700m)は、中団後方でレースを進めた藤岡康太騎手騎乗の2番人気モズアトラクション(牡5、栗東・松下武士厩舎)が、3~4コーナーで先団に取りついて直線で抜け出し、2着の10番人気ハイランドピーク(牡5、美浦・土田稔厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分41秒9(稍重)。
19モズアトラクション.jpg
さらに1.1/4馬身差の3着に4番人気サトノティターン(牡6、美浦・堀宣行厩舎)が入った。なお、3番人気リアンヴェリテ(牡5、栗東・中竹和也厩舎)は5着、1番人気グリム(牡4、栗東・野中賢二厩舎)は7着に終わった。
19モズアトラクション01.jpg
勝ったモズアトラクションは、父ジャングルポケット、母エーシンラクーリエ、その父コロナドズクエストという血統。デビューから通算28戦目で待望の重賞初制覇を果たした。

レース後のコメント

19モズアトラクションac.jpg
1着3-4 モズアトラクション(牡5、藤岡康太・松下武士)
「状態はすごく良かった。前走で確認したことを踏まえたうえで、強い馬も前にいるので、何とかつかまえられるように。リズム自体はすごく良かったですし、流れも速く流れてくれて、この馬にいい展開だった。3コーナーから追い上げていく脚は良かったし、うまく内をさばくことができました。能力はすごくいいものを持っているので、これからも頑張ってくれると思います」

2着8-13 ハイランドピーク(牡5、横山和生・土田稔)
「返し馬やパドックから雰囲気は違った。思い通りの競馬ができた。内、内をうまくさばいていけた。まだまだの段階で、2着に入れたのは大きい」

3着4-6 サトノティターン(牡6、藤岡佑介・堀宣行)
「1コーナーでかぶされる形になって、1列下げた。もうちょっとスムーズだったら…。よく早めに外から動いて脚を使った。まだまだ伸びしろはありそう。スケールも大きい馬」

4着7-11 レッドアトゥ(牝5、福永祐一・松田国英)
「グリムが相手だと思って外をまわったのですが、勝ち馬が通った内をまわって行けば良かったです。その分の差です」

5着8-14 リアンヴェリテ(牡5、国分恭介・中竹和也)
「もっとペースを落としてもよかった。馬のスピードを殺さないように乗ったんですが。ハイペースの中でよく粘ってくれました」

6着5-7 タイムフライヤー(牡4、池添謙一・松田国英)
「うなって走っていた。めっちゃ良かった。血統もそうだけど、ダート向きの馬。1回使っていれば勝ち負けになったのかも」

7着7-12 グリム(牡4、武豊・野中賢二)
「感じは良かったんですが。今までとちょっと違う形になった。速いレースはあまり経験がないから。対応はできると思ったんですが、4角回るときに手応えがなくて。結構自信あったんですが」

8着2-2 テーオーエナジー(牡4、岩田康誠・宮徹)
「向こう正面で外に出して、自分の形に持ち込んだんだが、内だったのかな…」

9着4-5 モルトベーネ(牡7、服部茂史・田中淳司)
「体重が減りすぎた。調子自体は良かったんだけど…。ハイペースでよくついていったなとは思うが、まさか輸送でこれだけ体重が減るのは想定外」

10着6-9 サングラス(牡8、古川吉洋・谷潔)
「ペースも速かった。その分、脚を使わせられた。展開は向いていると思ったけど…」

11着3-3 ドリームキラリ(牡7、坂井瑠星・矢作芳人)
「内のマルターズアポジーがつまずいたのを見て、ハナに行けるなと思いました。ハナに立ってから終始プレッシャーを受けて、4コーナーでは脚が上がってしまいました」

12着5-8 メイショウスミトモ(牡8、柴山雄一・南井克巳)
「前回はうまくいったけど、今回は流れも速かったし、3コーナーからも速くなって、ついていけなかった。今回は厳しい流れだった」

13着6-10 リーゼントロック(牡8、松岡正海・矢作芳人)
「腰が張らず、追走に苦労した。体も増えていたし、使って良くなれば」

14着1-1 マルターズアポジー(牡7、菱田裕二・堀井雅広)
「ゲートを出て、一歩目でつまずいたんで、(前に)行くのがしんどかった」

プロレスラーの武藤敬司さんと、ものまねタレントの神奈月さんが、札幌競馬場のイベントに出演し、11Rエルムステークス(GIII)のプレゼンターを務めた。コメントは以下の通り。

武藤敬司さんのコメント
「札幌競馬場に来たのは初めてでしたが、きれいで過ごしやすい競馬場でした。札幌の皆さんの前で楽しいイベントができて嬉しく思います。競走馬達の熱い走りにパワーをもらったので、俺もプロレスのリングで負けずに熱い戦いをしたいと思います」

神奈月さんのコメント
「たくさんのお客さんの前での武藤さんとの共演はとても楽しかったです。街の中心地にあり家族で来場できて楽しめる競馬場がうらやましいです。また呼んでいただけるようなら大好きな北海道に戻ってきたいですが、ステージに向かう武藤さんは大変そうでした」
19モズアトラクションa-10.jpg19モズアトラクションa-3.jpg


エルムS 払戻金.jpg


徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)
エルムSa.jpg
軸馬グリム、先行5番手から直線で弾けるはずが…。
馬群に沈み7着入線…(ノД`)・゜。




次回の重賞レースは
札幌記念】(G2)(日刊コンピ篇


北九州記念】(G3)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント