【函館記念(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

函館記念b.jpg
函館記念G1)】
過去5年 ハイブリッド指数

波乱が続くサマー2000シリーズ第2戦!


14年 3F.jpg14年 HB.jpg
2014年(タイム良2.00.1 前半35.8 / 後半36.8)


15年 3F.jpg15年 HB.jpg
2015年(タイム良1.59.1 前半34.9 / 後半36.8)


16年 3F.jpg16年 HB.jpg
2016年(タイム稍1.59.0 前半35.3 / 後半35.5)


17年 3F.jpg17年 HB.jpg
2017年(タイム重2.01.2 前半35.6 / 後半36.2)


18年 3F.jpg18年 HB.jpg
2018年(タイム良1.59.8 前半35.1 / 後半35.0)


【函 館 記 念】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
184-4-4-34位7-7-8-53位4-4-3-28位
179-8-7-32位3-3-4-38位1-1-1-110位
161-1-1-16位5-5-6-45位-11-10-82位
159-8-5-41位5-5-3-32位2-2-2-28位
14-12-11-31位マクリ-9-7-73位9-6-7-76位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定前 半優勢推定前 半優勢

ハイブリッド指数活用術予想>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

ペースは流れるが、人気薄の逃げ馬には注意!?

過去5年すべて前半34~35秒台、洋芝の中距離戦にしてはペースは速め。「4角先頭馬」は16年マイネルミラノ(1着)、17年ヤマカツライデン(3着)が馬券絡み。連対馬の9頭までが4角5番手以内で立ち回っている。その一方、「上がり最速馬」は14年ラブイズブーシェ、15年ダービーフィズと2勝。連対馬の8頭までが上がり5位以内をマーク。好位から上位の上がりをマークできるタイプが優勢。人気薄の逃げ馬には注意しておきたい。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.3秒/36.1秒。(前後差△0.8) 

連対馬の4角位置は、4角5番手以内が9連対、10番手以降0連対。

「上がり最速馬」 2連対(上がり5位以内6連対)。



◎ポポカテペトル

ポポカテペトルは2走前・日本海Sで4コーナー2番手から、上がり最速をマークして差し切って再度のオープン入り。3走前・目黒記念でも0秒2差の4着に善戦している。

全16戦で4コーナー6番手以降は一度だけで、安定した先行力が持ち味のひとつ。そして、全5勝はすべて4コーナー2~4番手以内から、上がり34秒台をマークしている。「推定前半3ハロン」5位、「推定後半3ハロン」4位。小回りコース+上がりを要する函館コースは向くとみた。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《9⇒4,15,12,8》

函館記念.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ステイフーリッシユ


ステイフーリッシュは過去の重賞3着以内6回のうち、2桁馬番が5回。残る1回は9頭立てと少頭数。

初の北海道遠征となるが、切れ味よりも持久力で勝負するタイプだけに、時計がかかる馬場コンディションはプラスに出るはず!?早めスパートで持久力を生かす展開に期待したい!


ワイド】で(10⇒1,4,5,6,12,14)

函館記念a.jpg

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント