【七夕賞(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

画像
七夕賞G3)】
過去5年 ハイブリッド指数

夏の福島を彩るハンデキャップ重賞!


画像
画像
2014年(タイム良1.58.7 前半34.8 / 後半36.0)


画像
画像
2015年(タイム良1.58.2 前半34.8 / 後半34.5)


画像
画像
2016年(タイム良1.58.4 前半34.3 / 後半37.2)


画像
画像
2017年(タイム良1.58.2 前半33.9 / 後半36.6)


画像
画像
2018年(タイム良2.00.8 前半34.4 / 後半38.6)


【 七 夕 賞 】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18-10-8-62位-12-10-61位6-7-4-34位
177-7-5-32位4-3-2-18位9-9-5-53位
168-8-7-43位-10-9-62位-15-15-91位
155-4-2-22位-10-10-91位3-4-5-26位
141-1-1-16位9-9-8-71位3-4-3-45位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定後 半優勢推定前 半優勢

七夕賞c.jpg
ハイブリッド指数活用術予想>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

過去5年は「上がり最速馬」が勝ち切れず!?

過去5年の前後半の平均は34秒4-36秒6、前傾1秒2以上のハイラップが4回あるが、4角5番手が5連対。「4角先頭馬」は14年メイショウナルトが1着、17年マイネルフロストが2着に好走。人気薄の逃げ馬に注意が必要。その一方、「上がり最速馬」は2着3回、3着1回。16年は上がり3位以内が1~3着を独占とはいえ、小回りコースなので、あまり後方過ぎては差し届かない。好位から上位の上がりをマークできるタイプが優勢。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、
34.4秒/36.6秒。(前後差△2.2) 

連対馬の4角位置は、
4角5番手以内が5連対、10番手以降0連対。

「上がり最速馬」 3連対(上がり5位以内8連対)。


◎ロシュフォール

ロシュフォールは2走前・アメジストSで上がり最速をマークして0秒2差V。上がりは2位に0秒6差で抜けて速く、勝ち時計1分58秒3&上がり33秒2ともに優秀。初重賞挑戦の前走・新潟大賞典は4コーナー15番手から、上がり最速をマークして0秒1差の3着。

デビュー2戦目からすべて上がり最速をマークしており、すべて上がり32~33秒台は極めて優秀。「推定後半3ハロン」1位。前走と同じハンデ55キロなら、今回も上がり最速をマークして勝ち負けできるはず。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《3⇒12,15,16,2》

画像
徹底的に重賞レースを極める!】

◎クレシェンドラヴ


クレシェンドラヴの前走・福島民報杯(リステッド)(福島・芝2000㍍)では、持続力満点の末脚を発揮し、2着に好走。近4戦で2勝をマークしている成長力、福島・芝2000㍍で好成績。重賞初制覇に期待したい!


ワイド】で(15⇒2,3,12,13,14,16)
七夕賞a.jpg

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント