【安田記念(G1)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

画像
安田記念G1)】
過去5年 ハイブリッド指数

上半期のマイル王者決定戦!


画像
画像
2014年(タイム不良1.36.8 前半35.1 / 後半37.7)


画像
画像
2015年(タイム良1.32.0 前半34.3 / 後半34.7)


画像
画像
2016年(タイム良1.33.0 前半35.0 / 後半33.9)


画像
画像
2017年(タイム良1.31.5 前半33.9 / 後半34.4)


画像
画像
2018年(タイム良1.31.3 前半34.2 / 後半34.5)


【安 田 記 念】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18- -11-121位- -3-36位- -5-55位
17- -14-151位- -1-18位- -14-133位
16- -1-15位- -2-210位- -9-91位
15- -3-38位- -12-101位- -5-48位
14- -9-111位- -9-92位- -13-153位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定前 半優勢推定後 半優勢

画像
ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

過去5年とも「上がり最速馬」が馬券絡み!?

過去5年で「上がり最速馬」は14年ジャスタウェイ(1着)、15年ヴァンセンヌ(2着)、16年フィエロ(3着)、17年サトノアラジン(1着)、18年モズアスコット(1着)とすべて馬券絡み。「4角先頭馬」の馬券絡みはロゴタイプ(16年=1着、17年=2着)のみ。4角10番手以降から6頭も馬券絡み。前半33秒台後半~34秒台前半のハイペースとなりやすく、先行力だけでは押し切れない。勝ち時計は1分31秒台~32秒台前半と速い。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、34.5秒/35.0秒。(前後差△0.5) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が5連対、10番手以降4連対。
「上がり最速馬」 4連対(上がり5位以内5連対)。



◎アーモンドアイ

今年のGⅠを既に5勝のディープインパクトが独走だが、リーディングサイアーで4位がロードカナロア。現役時代には2013年の安田記念など、1200m~1600mで国内外のGⅠ7勝をあげている。

産駒は重賞ウィナーが8頭。2200m以上はアーモンドアイ(オークス、ジャパンC)のみで、6頭までが1600mの重賞を制している。父同様、マイル適性の高い産駒が多い。

アーモンドアイも1600mは3戦3勝。すべて上がり最速をマークしている。しかも、シンザン記念が上がり2位に0秒7差、桜花賞が1秒0差と抜けて速い。

安田記念は荒れ加減のレースとはいえ、ロードカナロアの他、14年ジャスタウェイ、15年モーリスら、海外GⅠを制する実力馬なら、キッチリと結果を残している。

速めのペースに対応できるかの不安がないわけではないが、久々の1600mでどれだけ弾けるかの期待の方が大きい。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《14⇒15,8,5,4》

画像
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ダノンプレミアム


ダノンプレミアムは、休養明けで臨んだ前々走のG2金鯱賞を余裕十分の内容で勝つと、続くG2読売マイラーズCも先行策から楽に抜け出す安定した競馬で連勝。朝日杯フューチュリティSを含む3戦全勝を記録している芝1600㍍は、最適の距離だけに期待したい!


3連複】で2頭軸(14,15⇒4,5,7,8,10,13)

画像
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント