【ユニコーンS(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

画像
ユニコーンSG1)】
過去5年 ハイブリッド指数

夢はさらなる高みへ!
ダート最強馬への登竜門!!


画像
画像
2014年(タイム稍重1.36.0 前半34.4 / 後半36.5)


画像
画像
2015年(タイム稍重1.35.9 前半34.5 / 後半37.0)


画像
画像
2016年(タイム良1.35.8 前半35.3 / 後半36.2)


画像
画像
2017年(タイム良1.35.9 前半34.1 / 後半36.7)


画像
画像
2018年(タイム重1.35.0 前半34.8 / 後半35.6)


【ユニコーンS】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18- -8-41位- -11-93位- -14-131位
17- -9-101位- -14-102位- -5-65位
16- -3-43位- -2-26位- -11-111位
15- -15-141位- -3-28位- -11-112位
14- -6-23位- -1-15位- -14-131位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定前 半優勢推定後 半優勢

画像
ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

ハイペースで上がり順位が結果に直結!?

短距離戦からの参戦馬が多く、スタート直後の芝でペースが上がりやすい。その結果、過去5年の前後半の平均は34秒6-36秒4、前傾1秒8のハイラップ。「上がり最速馬」は3勝、3着2回とすべて馬券絡み。上がり順位が結果に直結するレースで、如何に直線まで脚を溜められるかがカギ。勝ち時計はすべて1分35秒0~36秒0の速めの時計で一致。秋のチャンピオンズC、翌年のフェブラリーSに繋がるハイレベルな一戦となっている。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、34.6秒/36.4秒。(前後差△1.8) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が6連対、10番手以降3連対。
「上がり最速馬」 3連対(上がり5位以内7連対)。



◎デアフルーグ

短距離戦からの参戦馬が多く、スタート直後の芝でペースが上がりやすい。その結果、過去5年の前後半の平均は34秒6-36秒4、前傾1秒8のハイラップ。「上がり最速馬」は3勝、3着2回とすべて馬券絡みしている。

2015年は青竜S組がワン・ツー・スリー。過去5年で3着以内に5頭も入っている。今年も同組からの参戦馬が勝ち負けを演じるとみた。

デアフルーグは新馬戦、黒竹賞、伏竜Sとデビューから3連勝。同舞台の青竜Sで上がり最速35秒2をマークして2着している。ちなみにユニコーンSは過去10年で1枠が0勝で、東京1600mでは不利な最内枠から、青竜Sのクビ差2着は負けて強しの内容といえる。スムーズに外へ出しさえすれば、直線は豪快に伸びてこれるはず。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《6⇒8,13,14,11》

画像
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ヴァイトブリック


ヴァイトブリックは、シンボリクリスエスから受け継いだロベルトの血が長い直線に向いており、母はモンローブロンド(父アドマイヤベガ)の全妹。母の半兄にノーザンリバー(父アグネスタキオン)、ランフォルセ(父シンボリクリスエス)がいる、しっかりしたダート血統。なおかつ距離短縮で迎えるこのレースは狙い目!


ワイド】で(3⇒6,8,13)

画像
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント