【宝塚記念(G1)】(2019日刊馬番コンピ活用術予想篇)

画像
宝塚記念特別登録馬

6月23日(日)、阪神競馬場で行われる第60回宝塚記念(3歳上 国際 定量 芝2200m)の登録馬が発表された。少数精鋭レイデオロ、キセキ、スワーヴリチャードら13頭。出走予定馬と想定騎手は以下の通り。なお、このレースに除外対象馬はいない。


(牡5)レイデオロ 58 C.ルメール
(牡5)キセキ 58 川田将雅
(牡5)アルアイン 58 北村友一
(牡5)スワーヴリチャード 58 M.デムーロ
牝5)リスグラシュー 56 D.レーン

(牡4)エタリオウ 58 横山典弘
(牡6)マカヒキ 58 岩田康誠
(牡5)クリンチャー 58 三浦皇成
(牡6)ノーブルマーズ 58 高倉稜
(牡7)ソールインパクト 回避予定

(牡5)スティッフェリオ 58 丸山元気
(牡7)タツゴウゲキ 58 秋山真一郎
(牡8)ショウナンバッハ 58 吉田豊
宝塚記念 展 望》

夏のグランプリ、宝塚記念。阪神芝2200mという特殊な条件で行われるこのレースは、ダービー馬ドゥラメンテが牝馬のマリアライトに敗れるなど、ただ強いだけではこなせないレースである。ゴールドシップが連覇する一方、前走メトロポリタンSを勝ったばかりのナカヤマフェスタが制したり、一筋縄では決まらないのがこのレース。加えて梅雨時で重い馬場での開催もあり、パワーも必要になってくるだろう。節目の60回を制し、夏のグランプリホースに輝く馬は誰か。

画像
ダービー馬レイデオロ(牡5、美浦・藤沢和厩舎)が3つ目のG1タイトルを狙う。昨年秋はオールカマーで復活の勝利を挙げると、天皇賞でダービー以来の戴冠を果たした。有馬記念はブラストワンピースの2着に敗れたものの、力のいる芝をこなし、負けて強しの2着であった。ドバイシーマクラシック以来となるだけに状態はカギだが、力を出し切れば実力は最上位。

古馬トップクラスの実力を誇るキセキ(牡5、栗東・角居厩舎)も有力だろう。昨年の秋は毎日王冠で3着に入ると、続く天皇賞(秋)ではハナを切り、マイペースの逃げを打って直線でもしぶとく粘って、1.57.0の好時計で3着。前走のジャパンCは400mの距離延長ながら果敢にハナを奪うと、最後まで脚を伸ばしてアーモンドアイの2着。自身の時計も2.20.9の世界レコードであった。今年も休み明けの大阪杯で2着といきなり結果を残している。

ドバイシーマクラシック3着から挑むのはスワーヴリチャード(牡5、栗東・庄野厩舎)。昨年の大阪杯でロングスパート勝負を制して見事G1初制覇。昨年の秋は天皇賞(秋)で出遅れ、まさかの10着と大敗を喫するも、続くジャパンCでは世界レコード決着の中で3着と意地を見せた。今回は休み明けがカギになりそうだが、ドバイで世界相手に3着に入るように、ポテンシャルの高さは誰もが認めるところ。

前走の大阪杯で皐月賞以来のG1タイトルを手にしたアルアイン(牡5、栗東・池江寿厩舎)、若き名手・レーン騎手と初コンビを結成するリスグラシュー(牝5、栗東・矢作厩舎)、同じく名手・横山典弘騎手と初コンビを結成するエタリオウ(牡4、栗東・友道厩舎)など、豪華メンバーが集う宝塚記念!

阪神 芝2200mコース 分析》

春のグランプリ・宝塚記念が行われるコースで、外回り4コーナー出口からスタート。3~4コーナーは内回りコースを使用。1コーナーまでの距離が525mと長く、スタートが下り坂ということで前半は速いラップになりやすい。ただし、向正面からはペースが落ち着き、全体を通してはゆったりとした流れになる。前が快調に飛ばすと隊列は縦長になりやすい。

内回りのため、瞬発力よりも長くいい脚を使う持続力勝負。スピードの出る前半でタメて、後半で前の馬よりもさらに長い脚を使うことが要求される差し馬は展開が不利。後方一気も殆ど決まらず、スピードを持続できる先行馬を狙うのがセオリーだ。ただし、宝塚記念は例年、テンから緩みないハイペースになることが多く、下級条件とは異なり、ラップが大きく前傾するのが特徴。梅雨時で馬場が悪化しやすいことも影響しているのだろう。持続力に富んだ差し馬の活躍が目立っている。


データ
オープン平均タイム (2.11.9)
オープン平均レースラップ 前半3F(34.7秒):後半3F(36.2秒)


ポイント
かなり堅く決まりやすいコース!
逃げ・先行がやや有利なコース
枠順では内枠が僅かに有利で、特に2枠が好成績。


特注種牡馬
ディープインパクトがリーディング。
画像
参考ステップレース
天皇賞(春)(G1)
2019/4/28 京都 芝3200m
1着フィエールマン(ルメール)
2着グローリーヴェイズ(戸崎圭太)
3着パフォーマプロミス(北村友一)

大阪杯(G1)
2019/3/31 阪神 芝2000m
1着アルアイン(北村友一)
2着キセキ(川田将雅)
3着ワグネリアン(福永祐一)

日経賞(G2)
2019/3/23 中山 芝2500m
1着メイショウテッコン(武豊)
2着エタリオウ(M.デムーロ)
3着サクラアンプルール(横山典弘)

宝 塚 記 念】(G1
(2019日刊(馬番)コンピ活用術予想篇)

宝塚記念過去10年間(09~18)ニッカン馬番コンピ指数の結果
指数順123456789101112131415161718
09/06/28
3阪神4
11
88
08
70
09
64
07
56
01
55
10
54
14
53
03
48
02
47
12
46
04
45
05
44
06
43
13
42




10/06/27
3阪神4
08
82
10
73
02
62
09
61
18
55
13
53
06
52
05
51
03
50
01
49
17
48
04
47
16
46
12
43
07
42
11
41
14
40
15
11/06/26
4阪神4
03
81
08
73
04
62
02
61
09
57
14
56
10
52
01
51
16
48
13
47
12
46
05
44
07
43
15
42
06
41
11
40


12/06/24
3阪神8
07
80
11
63
08
62
01
61
02
60
15
57
06
56
12
49
09
48
04
47
03
46
14
44
05
43
13
42
10
41
16
40


13/06/23
3阪神8
11
81
03
77
10
67
06
54
04
50
09
49
08
48
05
47
01
46
02
41
07
40







14/06/29
3阪神8
07
80
11
74
06
70
01
55
10
54
03
52
02
51
12
50
08
47
09
46
04
45
05
40












15/06/28
3阪神8
15
86
13
66
05
61
07
59
16
55
11
54
08
53
06
52
02
51
14
50
01
49
12
44
10
43
09
42
04
41
03
40




16/06/26
3阪神8
09
90
03
67
02
60
07
57
11
56
08
54
16
51
05
50
15
49
06
48
12
47
10
46
01
45
13
43
17
42
04
41
14
40


17/06/25
3阪神8
10
88
05
65
06
60
02
59
11
58
08
57
01
56
07
49
09
42
03
41
04
40














18/06/24
3阪神8
03
74
13
65
16
64
09
60
07
56
04
55
10
54
08
53
15
52
05
51
14
50
01
49
06
48
11
47
02
46
12
40




(上段=馬番, 下段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

宝塚記念過去10年間(09~18)ニッカン馬番コンピ指数順位の結果
画像

宝塚記念過去10年間(09~18)ニッカン馬番コンピ指数値の結果
画像

日刊(馬番)コンピ活用術(予想)>

過去10年で1番人気(2-3-2-3/10)勝率20%/連対率50%/複勝率70% と何とも微妙な成績。とは言え、偏った傾向も無く、近年は前走G1の一流馬vsG2好走馬の争い!?今年も混戦レースと予想する。

ポイントは、馬番コンピ指数1位の取り扱い?過去10年(0-3-2-5/10)勝率0%/連対率30%/複勝率50% と1番人気の成績より悪いが、複勝率50%もある割に近2年は馬券に絡んでいない。逆に、今年は狙い目!?


《コンピ勝負予想》 1点勝負レース!

複 勝】で
馬番コンピ指数1位の馬を1点。



※個人的に楽しんで毎週予想を発信しているだけですので、これらの情報を参考に馬券を購入することは、皆様の自己責任となりますので、よろしくお願いします。<(_ _)>




今 週 の 重 賞
6月23日(
阪神11R【宝塚記念G1)】

当日(6/23)2019ハイブリッド指数活用術予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング