<エプソムカップ(G3)回顧>

本日(19時)の更新メニュー
画像

日曜6月9日)東京11Rエプソムカップ

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



エプソムCの指数の結果
指数順12345678910111213141516
東京11R
エプソムC
04
75
08
73
09
61
07
60
05
56
12
55
06
54
14
51
11
49
13
48
02
47
03
41
01
40
10





(上段=馬番, 中段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)


画像
日曜6月9日  3回東京4日目11R

エ プ ソ ム カ ッ プ
G3


(芝1800m)(3歳以上オープン)(別定)

画像
レイエンダが抜け出し待望の重賞初制覇!


画像
9日、東京競馬場で行われたエプソムC(3歳上・GIII・芝1800m)は、2番手でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の5番人気レイエンダ(牡4、美浦・藤沢和雄厩舎)が、直線で逃げ粘る7番人気サラキア(牝4、栗東・池添学厩舎)を交わして、最後はこれに3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分49秒1(稍重)。
画像
さらに1馬身差の3着に1番人気ソーグリッタリング(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。なお、3番人気プロディガルサン(牡6、美浦・国枝栄厩舎)は6着、2番人気ミッキースワロー(牡5、美浦・菊沢隆徳厩舎)は10着に終わった。
画像
勝ったレイエンダは、父キングカメハメハ、母ラドラーダ、その父シンボリクリスエスという血統。全兄に2017年のダービー馬レイデオロがいる。4度目の挑戦で待望の重賞初制覇を果たした。


レース後のコメント

画像
1着6-9 レイエンダ(牡4、C.ルメール・藤沢和雄)
「うれしい! とても折り合いが良かった。すごくいいスタートを決めて、いいポジションが取れた。冷静に走ってくれたので、最後も速い脚を使ってくれた。すごくいい反応だった。軟らかい馬場を心配していたが、力がありました。(さらに上のレベルへ)絶対にいけると思います。血統と能力がすごくいい。最近は結果が良くなかったけど、(初めて)チークピーシーズを着けて、全然違った。100%の力を出してくれた」

画像
2着4-6 サラキア(牝4、丸山元気・池添学)
「スタートが出過ぎる感じで、周りを見ると行く馬がいなそうでしたので、先頭に立って馬場のいいところをリズム良く走らせました。勝った馬は強かったですが、ゲートも安定して右手前の走りも良くなればもっと成長すると思います」

画像
3着3-4 ソーグリッタリング(牡5、浜中俊・池江泰寿)
「目標を置いて競馬したかったのですが、ちょうどいいところにレイエンダがいて、見ながら競馬できました。ただペースが遅く、上がりが速い競馬で展開が向きませんでしたね。重賞でもやれる馬です」

画像
4着1-1 ショウナンバッハ(牡8、吉田豊・上原博之)
「脚は使ってくれています。ペースは遅かったのですが、これは仕方ないですね。道悪は良くないと聞いていましたが、今の東京の馬場はいいので大丈夫でした」

5着7-12 ブレスジャーニー(牡5、戸崎圭太・佐々木晶三)
「緩い馬場は大丈夫そうだったので内を突きました。最後は止まる感じでしたが、早めに動いた分もあると思います」

6着5-7 プロディガルサン(牡6、D.レーン・国枝栄)
「重い馬場は問題ありませんでした。今日はペースが遅く展開が向きませんでした」

7着8-13 アンノートル(牡5、柴田大知・田中博康)
「頑張っています。もう少しペースが速いと良かったですね。あと雨が降るのももう少し早くなってくれたら良かったです」

8着3-3 ストーンウェア(牡7、中谷雄太・吉田直弘)
「道中いいポジションで、反応もしてくれているのですが、切れ味勝負は厳しいですね」

9着7-11 カラビナ(牡6、武藤雅・藤岡健一)

10着5-8 ミッキースワロー(牡5、横山典弘・菊沢隆徳)
(菊沢隆徳調教師)「元々展開に左右される馬ですし、この緩い馬場も厳しかったです」

11着2-2 ハクサンルドルフ(牡6、大野拓弥・西園正都)

12着8-14 ダノンキングダム(牡5、三浦皇成・安田隆行)
「綺麗な走りをするので馬場がどうかと思っていましたが、道中ハミに頼っていました。極端に重い馬場はダメな感じでした。綺麗な馬場で走らせたかったです」

13着4-5 アップクォーク(牡6、津村明秀・中川公成)
「ゲートが良くなかったです。あのスタートで、このスローペースは厳しいです。雨馬場も滑ってダメですね」

取消 6-10 ソウルスターリング(牝5、武豊・藤沢和雄)は、疾病〔左前肢跛行〕のため出走取消。
画像



画像

徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)
画像
軸馬アップクォーク(13着)、
痛恨の出遅れ、最後方から追い上げて…(ノД`)・゜・。






次回の重賞レースは
ユニコーンS】(G3)(日刊コンピ篇


函館スプリントS】(G3)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント