【京都記念(G2)】(2019血統データ活用術予想篇)

画像
京都記念に関する血統データ

種 牡 馬 篇(京都記念限定)
父非サンデー系、米国型
ダート指向の血と欧州型のスタミナの血を併せ持つ馬

過去10年成績
画像
2勝している種牡馬は16年、17年と連覇を果たしたサトノクラウンの父・Marjuと11年トゥザグローリー、15年ラブリーデイを送り出したキングカメハメハの2頭。連対率、複勝率でキングカメハメハの上をいくのが、ディープインパクトで、キングカメハメハの15回を上回る18回の出走で勝鞍は1つだが、2着5回、3着2回と複勝圏内を賑わせている。

出走予定馬
画像

母 父 馬 篇(京都記念限定)
過去10年成績
画像
スタミナ型のノーザンダンサー系もしくはグレイソヴリン系の種牡馬を父か母父に持つ馬の好走も目立つ。とりわけ、道悪で行われた2014年、2016~2017年の勝ち馬はすべて該当。

出走予定馬
画像

まとめ篇

該当馬(父米国型)=ダッシングブレイズ

該当馬(父欧州型)=
ダンビュライト、ノーブルマーズ、ブラックバゴ

該当馬(父ディープインパクト)=ハートレー、マカヒキ

該当馬(母父ロベルト系)=
アクションスター、カフジプリンス、タイムフライヤー、ノーブルマーズ、パフォーマプロミス

先 週 の 回 顧

きさらぎ賞
1着ダノンチェイサー=父ディープインパクトに該当
2着タガノディアマンテ=父Tサンデー系に該当


根岸ステークス
1着インディチャンプ=父Tサンデー系×母父キングマンボ系
2着レッドオルガ=父ディープインパクトに該当
3着サトノアレス=父ディープインパクトに該当







今 週 の 重 賞
2月9日(
東京11R【クイーンカップG3)】

2月10日(
東京11R【共同通信杯G3)】


京都11R【京都記念G2)】

当日(2/10)2019ハイブリッド指数活用術予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント