【有馬記念(G1)】(2018インパクトデータ活用術予想篇)

画像
有馬記念に関する過去データ

血 統 篇(有馬記念限定)
芝短距離適性も高い血を持つ馬が
            立ち回りの巧さが活きる!

ダンチヒ系、米国型ノーザンダンサー系、ボールドルーラー系、プリンスリーギフト系の血を持つ馬。

該当馬(父ダンチヒ系)=
    ブラストワンピース、モズカッチャン
該当馬(母父ダンチヒ系)=サトノダイヤモンド
該当馬(母父米国型ノーザンダンサー系)=
              サウンズオブアース

画像
有馬記念といえば切っても切り離せないのがステイゴールド産駒で、過去10年(4-1-2-10)と圧巻の成績。昨年はレインボーラインが8着と敗れたが、今年は巻き返しなるか。注目のオジュウチョウサンはステイゴールド産駒だ。続いてディープインパクト産駒が2勝。馬券絡みはその2勝のみで出走頭数の多さから決してアベレージは良くない。キングカメハメハ産駒は勝ち馬は出ていないが、人気薄を度々圏内に送り込んでいる。
騎 手 篇(中山 芝2500㍍戦)
(検証期間:2013.1.5.~2018.12.16.)
画像

ルメール騎手
【1-2-3-5/11】勝率9.1%/連対率27.3%/複勝率54.5%
5番人気内に騎乗した場合
【1-1-3-4/9】勝率11.1%/連対率22.2%/複勝率55.6%
該当騎乗予定馬=レイデオロ
厩 舎 篇(中山 芝2500㍍戦)
(検証期間:2013.1.5.~2018.12.16.)
画像

藤沢和雄厩舎
【2-0-0-4/6】勝率33.3%/連対率33.3%/複勝率33.3%
5番人気内に推された場合
【1-0-0-0/1】勝率100%/連対率100%/複勝率100%
該当馬=レイデオロ
インパクトデータ篇
馬 名馬齢前走レース距離4角通過キャリア
171キタサンブラック牡5ジャパンCG1芝2431-1-119戦
172クイーンズリング牝5エ女王G1芝22710-12-1118戦
173シュヴァルグラン牡5ジャパンCG1芝2414-4-423戦
馬 名馬齢前走レース距離4角通過キャリア
161サトノダイヤモンド牡3菊花賞G1芝3018-9-57戦
162キタサンブラック牡4ジャパンCG1芝2411-1-113戦
163ゴールドアクター牡5ジャパンCG1芝2443-3-217戦
馬 名馬齢前走レース距離4角通過キャリア
151ゴールドアクター牡4AR共和G2芝2513-3-312戦
152サウンズオブアース牡4ジャパンCG1芝2457-8-514戦
153キタサンブラック牡3菊花賞G1芝3015-10-87戦
馬 名馬齢前走レース距離4角通過キャリア
141ジェンティルドンナ牝5ジャパンCG1芝2447-6-518戦
142トゥザワールド牡3菊花賞G1芝30164-4-59戦
143ゴールドシップ牡5凱旋門G1芝2414 - - 21戦
馬 名馬齢前走レース距離4角通過キャリア
131オルフェーヴル牡5凱旋門G1芝242 - - 20戦
132ウインバリアシオン牡5金鯱賞G2芝2039-9-815戦
133ゴールドシップ牡4ジャパンCG1芝241517-13-1315戦
上記の表は、過去5年の成績と前走レース(距離、着順、4角通過位置、キャリア)を検証。

平成最後の大一番!有馬はフレッシュな馬が強い!過去5年は『キャリア20戦未満の馬』が必ず2頭以上馬券絡みしている。競走馬としての新鮮さが求められるG1レースでもある。また、『前走2400㍍以上戦で4角5番手以内の馬』にも注目!?


馬 名馬齢前走レース距離4角通過キャリア
ブラストワンピース牡3菊花賞G1芝30411-10-96戦
キセキ牡4ジャパンCG1芝2421-1-114戦
クリンチャー牡4凱旋門G1芝2417 - - 12戦
ミッキースワロー牡4ジャパンCG1芝24513-13-1311戦
モズカッチャン牝4エ女王G1芝2236-5-513戦
レイデオロ牡4天皇秋G1芝2016-5-511戦
サトノダイヤモンド牡5ジャパンCG1芝2469-8-815戦
マカヒキ牡5天皇秋G1芝20710-10-914戦
ミッキーロケット牡5天皇秋G1芝2055-5-525戦
リッジマン牡5ステイヤーG2芝3615-4-425戦
シュヴァルグラン牡6ジャパンCG1芝2447-6-627戦
パフォーマプロミス牡6AR共和G2芝2516-6-515戦
オジュウチョウサン牡7南武1000芝2412-3-324戦
サウンズオブアース牡7ジャパンCG1芝24149-8-829戦
サクラアンプルール牡7天皇秋G1芝2069-8-827戦
スマートレイアー牝8エ女王G1芝22916-13-1534戦
上記の表は、今年出走予定馬の成績と前走レース(距離、着順、4角通過位置、キャリア)を検証。
まとめ篇

狙い目キャリア20戦未満必須!
かつ前走芝2400㍍以上戦で4角5番手以内の馬


該当馬
キセキパフォーマプロミス
中山(芝)2500㍍ コース分析篇
~「コースの鬼」城崎哲著書より一部抜粋~

内を突き抜ける人気薄馬が最大の惑星!?

スタート後最初の4角は近いが、コースの外寄りに置いたゲートから先の見通しはよく、またペースも遅いので先行争いは比較的スムース。角(コーナー)を回るのが6回、外を回る距離損が致命的になる。どんな脚質であれ、それぞれのコーナーでなるべく内を回らないと勝負に加われない。

逃げ・先行が有利でも、早めに後ろから突かれるので逃げ切りは難しい。要するに先行馬のチョイ差しか、前目にいる差し馬の差しが決まり手といえる。






今 週 の 重 賞
12月22日(
阪神11R【阪神カップG2)】

12月23日(
中山11R【有馬記念G1)】

当日(12/23)2018ハイブリッド指数活用術予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント