【ターコイズステークス(G3)】(2018TARGET frontier JV活用術予想篇)

画像
ターコイズSに関する過去データ
過去10年の資料になります。(2008~17)


馬番成績篇
画像
馬番別で、馬券絡みの無いのは馬番⑪のみ。連対の無いのは、馬番①⑫⑭の3つ。

枠番成績篇
画像
枠番別で、外枠が不利とされる中山芝1600m。だがオープン馬ならそれを克服する力があるのも事実で、2015年は7⃣枠からダッシュよく飛び出して2コーナーまでに先手を取ったオツウと、2番手につけた8⃣枠のシングウィズジョイが馬券に絡んだ。2016年は7⃣枠のレッツゴードンキが後方からレースを進めることで距離ロスをカバー。

人気別成績篇
画像
人気別で、1番人気は2勝のみ。重賞格上げ後は、2015年が秋華賞10着からの参戦となったシングウィズジョイ(11番人気)が勝ち、2、3着も16、15番人気で3連単295万馬券となった一方、2016年は1番人気のマジックタイムが勝って平穏な結果に。

前走クラス別成績篇
画像
前走クラス別で、昇級組(1600万下)の好成績が目立ち、同クラス組からの参戦ならG1組が優勢。

前走レース名別成績篇
画像
前走レース名別で、ユートピア1600(3-2-1-19)と好成績が目立つが、今年も参戦馬がいない。変わって清水S1600(1-1-0-1)と抜群の好成績から、今年は参戦!G1レース組も好成績。

脚質別成績篇
画像
脚質別で、中山芝コースと言えば最後の直線の急坂が知られているが、直線の長さが310mと短いだけによほどの馬でなければ直線一気は厳しい。2016年は1着マジックタイムが4コーナー13番手から、2着レッツゴードンキは16番手から追い込んだが、ハイペースだったことに加え、レースの上がり3F35秒3よりも1秒以上速い上がりを使った2頭の能力が抜けていた。

生産者別成績篇
画像
生産者別で、圧倒的な出走頭数が多いノーザンF(1-1-1-18)が意外と低迷。一方、社台ファーム(2-5-4-23)が好成績。出走頭数が多いことからも、精力的でもある。

東西厩舎別成績篇
画像
東西別で、関東圏内のレースでもあり、勝ち星が7勝の関東に対して3勝の関西だが、出頭数の割合でアベレージ全般では東西大差は無い。

馬齢別で、勝ち鞍は3歳3勝/4歳4勝/5歳3勝 だが、出頭数の割合でアベレージ全般では4歳馬が優勢。


前走斤量増減別成績篇
画像

前走斤量増減別で、ハンデ戦だけに斤量差が微妙に着順に影響があり、前走からマイナス斤量が優勢。
まとめ篇

狙い目前走から斤量が1㌔以上マイナス
かつ社台グループ(社台F・ノーザンF)の生産馬


該当馬
カイザーバルハーレムライン
フローレスマジックリナーテレッドオルガ






今 週 の 重 賞
12月15日(
中京11R【ターコイズSG3)】

12月16日(
阪神11R【朝日杯フューチュリティSG1)】
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング