【ジャパンカップ(G1)】(2018インパクトデータ活用術予想篇)

画像
ジャパンCに関する過去データ

血 統 篇(ジャパンC限定)
ディープインパクトとトニービンの血!?
古馬は欧州型、ステイヤータイプの馬。グレイソヴリン系、トニービンの血を持つ馬。

該当馬(父欧州型)=キセキサトノクラウン
         ハッピーグリン

該当馬(父欧州型=グレイソヴリン系)=
       ウインテンダネス、ノーブルマーズ
該当馬(父ディープインパクト)=サトノダイヤモンド

該当馬(母父欧州型)=ガンコ、サトノクラウンサトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、ノーブルマーズ
該当馬(母父欧州型=グレイソヴリン系)=
                  ミッキースワロー
該当馬(母父ディープインパクト)=キセキ

画像
東京芝2400mと言えばディープインパクト産駒。このレースでも産駒初出走となった2012年に、唯一の出走馬ジェンティルドンナが優勝した。翌2013年はジェンティルドンナとデニムアンドルビーの牝馬同士のワンツー。さらに2015年もショウナンパンドラとラストインパクトによるワンツーであった。ほかのサンデーサイレンス系も強く、ディープインパクト産駒が1頭も3着以内に入らなかった2016年、2017年は、ディープインパクトの全兄ブラックタイド産駒のキタサンブラックが1着、3着となっている。
騎 手 篇(東京 芝2400㍍戦)
(検証期間:2013.1.5.~2018.11.18.)
画像

川田将雅騎手
【5-7-1-15/28】勝率17.9%/連対率42.9%/複勝率46.4%
5番人気内に騎乗した場合
【5-6-1-6/18】勝率27.8%/連対率61.1%/複勝率66.7%
該当騎乗予定馬=キセキ
厩 舎 篇(東京 芝2400㍍戦)
(検証期間:2013.1.5.~2018.11.18.)
画像

友道康夫厩舎
【10-5-6-25/46】勝率21.7%/連対率32.6%/複勝率45.7%
5番人気内に推された場合
【9-4-4-12/29】勝率31.0%/連対率44.8%/複勝率58.6%
該当馬=シュヴァルグラン
社台グループ生産馬篇
馬 名馬齢騎手前走レース距離生産者
171シュヴァルグラン牡5ボウマン京都大G2芝243ノーザンF
172レイデオロ牡3ルメール神戸新G2芝241ノーザンF
173キタサンブラック牡5武豊天皇秋G1芝201ヤナガワ牧
馬 名馬齢騎手前走レース距離生産者
161キタサンブラック牡4武豊京都大G2芝241ヤナガワ牧
162サウンズオブアース牡5M.デム京都大G2芝244社台F
163シュヴァルグラン牡4福永AR共G2芝251ノーザンF
馬 名馬齢騎手前走レース距離生産者
151ショウナンパンドラ牝4池添天皇秋G1芝204社C白F
152ラストインパクト牡5ムーア天皇秋G1芝2012社C白F
153ラブリーデイ牡5川田天皇秋G1芝201ノーザンF
馬 名馬齢騎手前走レース距離生産者
141エピファネイア牡4スミヨン天皇秋G1芝206ノーザンF
142ジャスタウェイ牡5福永凱旋門G1芝248社C白F
143スピルバーグ牡5北村宏天皇秋G1芝201社台F
馬 名馬齢騎手前走レース距離生産者
131ジェンティルドンナ牝4ムーア天皇秋G1芝202ノーザンF
132デニムアンドルビー牝3浜中エ女王G1芝225ノーザンF
133トーセンジョーダン牡7ビュイック天皇秋G1芝2011ノーザンF
上記の表は、過去5年の成績と前走レース(騎手、距離、着順、生産者)を検証。

近年の流れとして無視できないのは、外国人騎手。今秋もG1スプリンターズS(川田)以外、外国人騎手による支配が継続中!?狙い目は、社台グループ生産馬(特にノーザンファーム)に騎乗する外国人騎手。


馬 名馬齢騎手前走レース距離生産者
アーモンドアイ牝3ルメール秋華賞G1芝201ノーザンF
キセキ牡4川田天皇秋G1芝203下河辺牧場
スワーヴリチャード牡4M.デム天皇秋G1芝2010ノーザンF
ミッキースワロー牡4横山典札幌記G2芝2013ノーザンF
ウインテンダネス牡5内田博AR共和G2芝254アサヒ牧場
ガンコ牡5蛯名AR共和G2芝256前谷武志
サトノダイヤモンド牡5モレイラ京都大G2芝241ノーザンF
ノーブルマーズ牡5高倉AR共和G2芝259タガミF
サトノクラウン牡6○○宝塚記G1芝2212ノーザンF
シュヴァルグラン牡6C.デム京都大G2芝244ノーザンF
外国馬は除く
上記の表は、今年出走予定馬の成績と前走レース(騎手、距離、着順、生産者)を検証。
まとめ篇

狙い目社台グループ生産馬(特にノーザンファーム)
に騎乗する外国人騎手の馬。


該当馬

アーモンドアイ(ルメール騎手)、
サトノダイヤモンド(モレイラ騎手)、
シュヴァルグラン(C.デムーロ騎手)、
スワーヴリチャード(M.デムーロ騎手)
東京(芝)2400㍍ コース分析篇
~「コースの鬼」城崎哲著書より一部抜粋~

内枠有利、外枠不利!?

「全馬が能力をフルに発揮できるコース形態で、枠順の有利不利もあまりない」…のように紹介されがちだが、データをみれば内有利外不利は一目瞭然。正確には「枠順の有利不利はあるが、能力差があればそれを克服できるコース形態」というべきだろう。

いずれにせよ脚質がどうであっても外に行くにしたがって少しずつ成績が悪くなっていく。つまり、どの脚質でも内のほうが成績が良い。


当日(11/25)2018ハイブリッド指数活用術予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!





今 週 の 重 賞
11月24日(
京都11R【ラジオNIKKEI杯京都2歳SG3)】

11月25日(
東京11R【ジャパンカップG1)】


京都11R【京阪杯G3)】
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント