【アルテミスS(G3)】(2018インパクトデータ活用術予想篇)

画像
アルテミスSに関する過去データ

血 統 篇(アルテミスS限定)
ステイゴールドの血に注目!?
ステイゴールドの血に相性良い。馬力型ノーザンダンサー系。ダンチヒかサドラーズウェルズかノーザンテーストの血を持つ馬。

該当馬(父ノーザンダンサー系)=
ビーチサンバ、ミリオンドリームズ
該当馬(母父ノーザンダンサー系)=
ウインゼノビア、グレイシア、ブラックダンサー

画像
サンデーサイレンス系が得意とする東京芝1600mだが、エース格のディープインパクト産駒はアユサン(2012年)とフローレスマジック(2016年)の2頭が連に絡んだだけで、この2頭には母父ストームキャットという共通点があった。サンデー系種牡馬ではハーツクライ、ダイワメジャー、ステイゴールドなどの活躍が目立つ。母父ではノーザンダンサー系が圧倒的。サンデー系×ノーザンダンサー系はこのレースにおける黄金配合と言えよう。加えて、ノーザンダンサーのクロスを持つ馬にも注意したい。

今年出走予定馬にステイゴールドの血を持つ馬が、いませんでした。
騎 手 篇(東京 芝1600㍍戦)
(検証期間:2013.1.5.~2018.10.21.)
画像

大野拓弥騎手
【13-11-11-172/207】勝率6.3%/連対率11.6%/複勝率16.9%
5番人気内に騎乗した場合
【10-3-5-24/42】勝率23.8%/連対率31.0%/複勝率42.9%
該当騎乗予定馬=キタイ
厩 舎 篇(東京 芝1600㍍戦)
(検証期間:2013.1.5.~2018.10.21.)
画像

藤沢和雄厩舎
【22-27-13-89/151】勝率14.6%/連対率32.5%/複勝率41.1%
5番人気内に推された場合
【21-21-10-61/113】勝率18.6%/連対率37.2%/複勝率46.0%
該当馬=シェーングランツ、ミリオンドリームス
上がり3F最速篇
馬 名前走レース距離4角通過後3F
171ラッキーライラック新馬・牝芝161 -5-433.1
172サヤカチャンりんど500芝145 -2-234.8
173ラテュロス未勝利芝161 3-433.9
馬 名前走レース距離4角通過後3F
161リスグラシュー未勝利芝181 -3-434.4
162フローレスマジック未勝・牝芝161 -2-235.5
163シグルーン新馬芝161 -3-333.3
馬 名前走レース距離4角通過後3F
151デンコウアンジュ未勝利芝181 -8-534.2
152メジャーエンブレムアスター500芝1616-2-234.5
153クロコスミア札2歳G3芝1838-9-836.2
馬 名前走レース距離4角通過後3F
141ココロノアイ未勝・牝芝161 -14-1533.3
142レッツゴードンキ札2歳G3芝1837-6-436.4
143トーセンラーククローバーOP芝1512-2-236.2
馬 名前走レース距離4角通過後3F
131マーブルカテドラル芙蓉S OP芝1615-5-534.8
132パシフィックギャル芙蓉S OP芝1635-7-934.7
133ニシノミチシルベサフラン500芝142 15-1034.4
上記の表は、過去5年の成績と前走レース(距離、着順、4角位置、上がり3Fタイム)を検証。

2戦以上を経験している馬で『前走、4角2~4番手以内』かつ『前走、芝のレースで上がり3ハロン最速で勝利していた馬』が馬券に絡んでいる。


馬 名前走レース距離着順4角通過後3F
アカネサスりんど500芝144 -4-535.1
アズマヘリテージ小2歳G3芝122 -9-735.3
アフランシール札2歳G3芝1855-8-537.8
ウインゼノビアクローバーOP芝1512-1-135.8
エールヴォア未勝利芝181 -6-334.7
エスケーアタランタ門別2歳オダ103 -2-2---
キタイカンナOP芝123 -8-734.9
グレイシアアスター500芝1618-8-733.5
サムシングジャストサウジアG3芝168 -3-335.6
シェーングランツ未勝利芝1816-7-336.4
トスアップ新馬牝芝1514-4-235.6
ビーチサンバ新馬牝芝161 -4-233.4
ブラックダンサー新馬牝芝141 -4-235.0
ヘリンヌリングサフラン500芝14104-5-635.3
ミディオーサ未勝利芝161 3-434.3
ミリオンドリームズ新馬芝1815-5-535.0
ライデンシャフト未勝利芝1511-1-135.2
レディードリー未勝利芝141 11-1133.8
上記の表は、今年出走予定馬の成績と前走レース(距離、着順、4角位置、上がり3Fタイム)を検証。
まとめ篇

狙い目2戦以上を経験している馬で『前走、4角2~4番手以内』かつ『前走、芝のレースで上がり3ハロン最速で勝利していた馬』

該当馬

エールヴォアシェーングランツミディオーサ
東京(芝)1600㍍ コース分析篇
~「コースの鬼」城崎哲著書より一部抜粋~

東京マイルは、『中距離並のスタミナを要求される』と言われる。

だが、速いラップを経験している点で2つコーナーのコース実績のほうがあてになる。とくに洋芝の短距離であげた実績は軽視不可。また、京都の各距離の好走実績は、長い脚を使える点が好走条件として共通するため、ここでも信用できる。

つまり、
上がりの速さよりも、長い脚が使えるかどうか!?


当日(10/27)2018ハイブリッド指数活用術予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!





今 週 の 重 賞
10月27日(
東京11R【アルテミスSG3)】


京都11R【スワンステークスG2)】

10月28日(
東京11R【天皇賞秋G1)】
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント