【秋華賞(G1)】(2018TARGET frontier JV活用術予想篇)

画像
秋華賞に関する過去データ
過去10年の資料になります。(2008~17)


馬番成績篇
画像
馬番別では、①番の(0-4-0-6)と④番の(2-1-2-5)が目立つ数字。馬券絡みがないのは⑧⑪⑰の3つ。

枠番成績篇
画像
枠番別では、1⃣5⃣6⃣枠から勝ち馬が出ていないが、1⃣枠は2着馬が4頭。6⃣枠と8⃣枠がアベレージでやや苦戦。

人気別成績篇
画像
人気別で、1人気3勝、2人気2勝、3人気が4勝と9頭が3人気以内。それ以下の人気で勝ったのは大波乱となった08年のブラックエンブレムのみ。

前走クラス別成績篇
画像
前走クラス別で、G1組の苦戦が目立つ。特に、G1オークス組からのぶっつけは10頭いて最高が6着。かつてファビラスラフイン、カワカミプリンセスがぶっつけでこのレースを制しているが、ともに関西馬。

前走レース名別成績篇
画像
前走レース名別で、数の上では6勝、2着8回、3着5回のローズS組だが、それを超える勢いがあるのが、重賞に格上げされた紫苑S組。16年より重賞に格上げ後、いきなりヴィブロスとパールコードがワン・ツー・フィニッシュを決め、昨年はディアドラが連勝。ただ、今年は1着のノームコア、2着のマウレアがともに出走しない。

脚質別成績篇
画像
脚質別で、内回りの小回りコースで直線が短いため、先行有利のイメージもあるが、この大一番では先行勢が速い流れに巻き込まれて差し馬の餌食。4角先頭で馬券圏内に残ったのは08年3着のプロヴィナージュのみ。

生産者別成績篇
画像
生産者別で、圧倒的な出走頭数が多いノーザンFが【7-3-2-35/47】に対して、社台ファームは【1-3-4-36/44】と勝利数で引き離された。

東西厩舎別成績篇
画像
東西別で、関西馬が8勝、2着8回、3着7回と完全に西高東低。10年にアパパネが3冠馬となり1~3着を関東馬が独占した年もあった。
まとめ篇

狙い目前走、紫苑S組を重視!
かつ 重賞連対orオープン特別勝ち経験馬。


該当馬

ハーレムラインパイオニアバイオランドネ




今 週 の 重 賞
10月13日(
阪神11R【府中牝馬SG2)】

10月14日(
中山11R【秋華賞G1)】
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング