【スプリンターズS(G1)】(2018インパクトデータ活用術予想篇)

画像
スプリンターズSに関する過去データ

血 統 篇(スプリンターズS限定)
ニジンスキーとサンデーの血が活きる馬場に!?
父が大系統サンデー系で、母系にニジンスキー系の血を持つ馬。
父がフォーティナイナー系も注目。


該当馬(父サンデー系×5代目までの母系ニジンスキー系)=
ヒルノデイバロー

該当馬(父フォーティナイナー系)=セイウンコウセイ、
ファインニードル、ムーンエイク、ラインスピリット、レッドファルクス、ワンスインナムーン


該当馬(4代目までの母系にニジンスキー系)=
ファインニードル、ラインスピリット
該当馬(5代目までの母系にニジンスキー系)=
キャンベルジュニア、ムーンエイク、レッツゴードンキ

該当馬(4代目までの父系にニジンスキー系)=ラブカンプー

画像
父もしくは母父にサンデーサイレンスの血を持つ馬。2014~2016年の間、3年連続で1~3着を独占。そして、2017年はワンツー決着。とりわけ、ニジンスキーの血を持つ馬との相性が良く、2015年は1着馬が母父母、2着馬は父母父、3着馬は母母父と上位を独占した。2016年も母母父ニジンスキー系のソルヴェイグ(9番人気)が低評価を覆して3着。要注目の血統!?
騎 手 篇(中山 芝1200㍍)
(検証期間:2013.1.5.~2018.9.23.)
画像

石橋修騎手
【8-6-7-46/67】勝率11.9%/連対率20.9%/複勝率31.3%
5人気以内に騎乗した場合
【7-3-4-9/23】勝率30.4%/連対率43.5%/複勝率60.9%
該当騎乗予定馬=ワンスインナムーン
厩 舎 篇(中山 芝1200㍍)
(検証期間:2013.1.5.~2018.9.23.)
画像

斎藤誠厩舎
【7-1-1-16/25】勝率28.0%/連対率32.0%/複勝率36.0%
5人気以内に推された場合
【5-0-0-1/6】勝率83.3%/連対率83.3%/複勝率83.3%
該当馬=ワンスインナムーン
ローテーション篇
馬 名馬齢騎手名前走レース間隔
171レッドファルクス牡6M.デム安田記G1317
172レッツゴードンキ牝5岩田ヴィクトリG11120
173ワンスインナムーン牝4石橋朱鷲S OP15
馬 名馬齢騎手名前走レース間隔
161レッドファルクス牡5M.デムCBC賞G3113
162ミッキーアイル牡5松山高松宮G1227
163ソルヴェイグ牝3田辺キーンラG345
馬 名馬齢騎手名前走レース間隔
151ストレイトガール牝6戸崎セントウルG243
152サクラゴスペル牡7横山典安田記G11717
153ウキヨノカゼ牝5四位キーンラG315
馬 名馬齢騎手名前走レース間隔
141スノードラゴン牡6大野キーンラG385
142ストレイトガール牝5岩田函館SS G31115
143レッドオーヴァル牝4田辺キーンラG325
馬 名馬齢騎手名前走レース間隔
131ロードカナロア牡5岩田セントウルG223
132ハクサンムーン牡4酒井セントウルG213
133マヤノリュウジン牡6池添セントウルG273
上記の表は、過去5年の成績と前走レース(騎手、距離、着順、間隔)を検証。

4年連続で馬券絡みしているのは、『前走から間隔13週以上の休養明け馬』が狙い目か!?ただ、『前走で安田記念や高松宮記念といった春のG1レースに出走している』ことが条件となる。また、牝馬の好走率も高く、中9週以上の休養明けは要注意!?


馬 名馬齢騎手名前走レース着順間隔
ラブカンプー牝3M.デムセントウルG223
セイウンコウセイ牡5池添函館SS G3115
ダイメイプリンセス牝5秋山北九州G326
ナックビーナス牝5モレイラキーンラG315
ファインニードル牡5川田セントウルG213
ムーンエイクセ5ルメールキーンラG395
ワンスインナムーン牝5大野朱鷲S OP15
アレスバローズ牡6菱田北九州G316
キャンベルジュニア牡6M.デムキーンラG345
レッツゴードンキ牝6岩田キーンラG355
ヒルノデイバロー牡7四位キーンラG3145
ラインスピリット牡7森一馬セントウルG253
ラッキーバブルズセ7プレブル香プレミG3314
レッドファルクス牡7田辺安田記G1917
ティーハーフ牡8国分優キーンラG3115
スノードラゴン牡10和田CBC賞G31213
上記の表は、今年出走予定馬の成績と前走レース(騎手、距離、着順、間隔)を検証。
まとめ篇

狙い目前走から間隔13週以上の休養明け かつ
前走春のG1レースに出走、または年内重賞勝ち馬。


該当馬
セイウンコウセイレッドファルクス
中山(芝)1200㍍ コース分析篇
~「コースの鬼」城崎哲著書より一部抜粋~

ハイペースで速くて強い馬が強い!

コースの大半が下りでテンがとびきり速くハイペース必死。だが、速くて強い馬にとっては持てる速度を最大限に生かしやすい。

ただ、このコースはゴール直前まで下りと平坦だけなので、以前は前の馬が流れ込みやすかったが、最近芝が軟らかくなったためテンの速さが前の馬にきつくなり始めている。


当日(9/30)2018ハイブリッド指数活用術予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!





今 週 の 重 賞
9月29日(
阪神11R【シリウスSG3)】

9月30日(
中山11R【スプリンターズSG1)】
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント