【東京新聞杯(G3)】(2018TARGET frontier JV活用術予想篇)

画像
東京新聞杯に関する過去データ
過去10年の資料になります。(2008~17)


馬番成績篇
画像
馬番別では「5」「6」「7」がそれぞれ2、3、2勝を挙げる好成績。「2」も2勝を挙げている。勝ち馬は偏りがあるのだが、複勝圏の括りで見ると、馬券絡みがない馬番は「16」のみ。(馬番7番内=勝率90%)

枠番成績篇
画像
枠番別では3⃣枠が4勝、4⃣枠が3勝。内めの枠が好走している。(枠番4枠番内=勝率90%)


人気別成績篇
画像
5番人気が(3.2.1.4)3勝と気を吐いている。ただ、勝ち馬は8頭が6番人気以内で、人気薄から入るのは得策とはいえない。一方で2~3着は人気薄が度々波乱を起こしており、2ケタ人気の馬も2頭が馬券に絡んでいる。(6人気内8勝、9人気内連対率80%)


前走クラス別成績篇
画像
G1(3-1-1)>G2(2-0-3)>G3(1-4-4)と出走頭数の割合からいっても3勝のG1クラスは優秀。人気薄でも要注意!?


前走レース名別成績篇
画像
主要ローテは年末年始に使った組ではニューイヤーS、阪神C、京都金杯。ひと息入れた組ではマイルCS、エリザベス女王杯となるが、最も注目は、過去10年でわずか3頭の出走から2頭の勝ち馬を出しているエリザベス女王杯組。


ローテーション別成績篇
画像
偏った傾向はなさそうだが、勝ち馬は間隔が長いほうが良さそう!?


馬齢別成績篇
画像
過去10年、4歳馬と6歳馬が4勝ずつ。5歳馬は2勝と前記2世代に勝鞍では劣るが3着は6回と世代別で最も多く、複勝率は6歳馬を上回る。7歳以上は大きく割引で、馬券絡みはわずか3頭。


種牡馬別成績篇
画像
過去10年で3勝と好相性なのがタニノギムレット産駒。スマイルジャックが5回、アブソリュートが2回出走、そして昨年の勝ち馬ブラックスピネルと出走したのは3頭で8回。3頭いずれも勝鞍を挙げている。このコースはいかにも合うイメージのディープインパクト産駒は2勝、2着3回とイメージ通りの好成績。キングカメハメハ産駒は勝鞍こそないが、2着2回、3着1回と3度の馬券絡み。ダンスインザダーク、スペシャルウィーク産駒が2度の馬券絡みを果たしている。


生産者別成績篇
画像
着別度数ワンツーのノーザンF・社台Fは、圧倒的な出走頭数のためで、勝率・連対率は他と比較しても低い。
まとめ篇

狙い目
馬齢4~6歳 かつ
前走レース・ニューイヤーS組(連対率22.7%/複勝率31.8%)orエ女王杯組


該当馬

ダノンプラチナ(牡6/ニューイヤーS組)、
リスグラシュー(牝4/エ女王杯組)
2月4日(
東京11R【東京新聞杯G3)】

京都11R【きさらぎ賞G3)】
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。