〜術はある〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【スプリンターズS(G1)】(2017ハイブリッド指数活用術予想篇)

<<   作成日時 : 2017/10/01 07:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
2017 本 日 の 重 賞
10月1日(
中山11R【 スプリンターズSG1)】

過去5年 ハイブリッド指数
ロードカナロアが引退して以来、絶対王者が不在のスプリント界。激動の時代らしく、今年も実力伯仲のメンバーがそろった。GI馬はここが秋初戦という馬がほとんどで、「休み明けの実績馬」VS「夏の上がり馬」という秋競馬ならではの構図。

画像
画像
2012年(HB4位⇒HB1位⇒後半2位)


画像
画像
2013年(HB1位⇒HB2位⇒前半7位)


画像
画像
2014年(後半6位⇒HB1位⇒後半2位)


画像
画像
2015年(後半1位⇒HB6位⇒後半3位)


画像
画像
2016年(後半2位⇒前半2位⇒後半6位)

画像
ハイブリッド指数活用術(予想)>
(〜京大式推定3ハロン パーフェクトブック〜より一部抜粋)

過去5回の中山での施行で前後半の平均は33秒2〜34秒2。前半の方が1秒0も速く、スプリントG1らしい厳しい流れ。それでも、11年は前半33秒0、13年は32秒9、16年は33秒4のハイラップながら、「4角先頭馬」が2着に逃げ粘っている。直線の短いコースなので、内ラチ沿いの最短距離を立ち回れるアドバンテージは大きい。

過去5年(中山)の前半/後半3Fの平均は、33.2秒/34.2秒。(前後差△1.0) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が5連対、10番手以降0連対。
「上がり最速馬」 0連対(上がり5位以内3連対)。


[推定前半3ハロン優勢]

《ハイブリッド勝負予想》 12点勝負レース!

馬 連】で
推定後半3ハロン指数1、2位から
ハイブリッド指数4,5,7〜10位の6頭へ流して12点。


馬 連】で《8、9⇒16,7,5,4,2,6》

徹底的にG1レースを極める!】

◎セイウンコウセイ


高松宮記念は前半33秒8の平均ラップを4番手追走から、上がり3位タイをマークして0秒2差V。芝1200mでは5戦すべて4コーナー4番手以内。そして、淀短距離S(1着)、シルクロードS(2着)では上がり33秒台にも対応している。

函館スプリントS(4着)は前半32秒2の史上最速ラップを2番手追走して、2着馬から0秒1差は負けて強しの内容。春秋スプリントG1制覇のチャンスは十分!?


枠 連】で2⃣⇒3⃣4⃣5⃣
(3点)

馬 連】で《3⇒2、4〜9》(7点)

画像

スプリンターズS
(2017 インパクトデータ篇)

↑↑↑↑↑↑↑↑↑
 (クリックしてね!)
スプリンターズS
(2017 Target frontier JV活用術予想篇)

↑↑↑↑↑↑↑↑↑
 (クリックしてね!)
スプリンターズS
(2017日刊馬番コンピ活用術予想篇)

↑↑↑↑↑↑↑↑↑
 (クリックしてね!)
スプリンターズS>(日刊コンピ篇)
↑↑↑↑↑↑↑↑↑
 (クリックしてね!)


人気ブログランキングへ

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。



ハイブリッド新聞へ
ハイブリッド新聞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

中央競馬予想・競馬情報 競馬ラボ
現在の閲覧者数: Twitter
119

人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ G1に挑め!(秋)JRA予想へ
G1に挑め!(秋)
にほんブログ村テーマ ☆菊花賞(G1)☆へ
☆菊花賞(G1)☆
にほんブログ村テーマ ☆富士ステークス(G3)☆へ
☆富士S(G3)☆
にほんブログ村テーマ <秋華賞(G1)回顧>へ
秋華賞(G1)回顧
にほんブログ村テーマ <府中牝馬S(G2)回顧>へ
府中牝馬S(G2)回顧
にほんブログ村テーマ <京都大賞典(G2)回顧>へ
京都大賞典(G2)回顧
にほんブログ村テーマ <毎日王冠(G2)回顧>へ
毎日王冠(G2)回顧
にほんブログ村テーマ <サウジアラビアRC(G3)回顧>へ
サウジRC(G3)回顧
にほんブログ村テーマ <スプリンターズS(G1)回顧>へ
スプリンターズS(G1)回顧
にほんブログ村テーマ ニッカンコンピで斬る!へ
ニッカンコンピで斬る!
にほんブログ村テーマ ハイブリッド指数を極めるへ
ハイブリッド指数を極める
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村

人気ブログランキング
【スプリンターズS(G1)】(2017ハイブリッド指数活用術予想篇) 〜術はある〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる