テーマ:競馬予想

【アンタレスS(G3)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪アンタレスS特別登録馬≫ 4月18日(日)、阪神競馬場で行われる第26回アンタレスステークス(4歳以上GIII・ダート1800m)の登録が発表された。前走黒船賞で久々の復帰を果たした重賞5勝馬グリム、2019年のアンタレスS覇者アナザートゥルース、マーチSで上位のレピアーウィット・ヒストリーメイカー・メモリーコウなど21頭が登録(フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【アーリントンC(G3)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪アーリントンC特別登録馬≫ 4月17日(土)に阪神競馬場で行われるアーリントンカップの登録が発表された。シンザン記念を制しモーリス産駒初の重賞勝ち馬となったピクシーナイト、昨年のデイリー杯2歳S2着馬ホウオウアマゾン、未勝利戦と1勝クラスを連勝中のジュリオ・ショウリュウレーヴ・レイモンドバローズなど19頭が登録(フルゲート18頭)。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【皐月賞(G1)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪皐月賞特別登録馬≫ 4月18日(日)、中山競馬場で行われる第81回皐月賞(3歳GI・芝2000m)の登録が発表された。昨年のホープフルS覇者ダノンザキッド、無傷3連勝で共同通信杯を制したエフフォーリア、若葉Sを3馬身差で完勝したアドマイヤハダル、スプリングS覇者ヴィクティファルス、同2着アサマノイタズラなど18頭が登録(フルゲート1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【桜花賞(G1)】(2021総合分析予想)

【桜花賞(G1)】 近年も歴史的名牝が次々と誕生している 注目の大一番!! 2020年(重タイム1.36.1 前半34.9 / 後半38.1) 【 桜 花 賞 】(通過位置)(上がり順位)開催1着馬3F脚2着馬3F脚3着馬3F脚20 - -13-121位差 - -2-212位先 - -1-114位逃19- -3-15位先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【阪神牝馬S(G2)】(2021総合分析予想)

【阪神牝馬S(G2)】 実績馬と上昇中の牝馬がGⅠを見据えて激突!! 2020年(良タイム1.32.9 前半34.5 / 後半34.5) 【阪 神 牝 馬 S】(通過位置)(上がり順位)開催1着馬3F脚2着馬3F脚3着馬3F脚20 - -5-52位差 - -14-151位追 - -3-212位先19- -3-210位先- …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ニュージーランドT(G2)】(2021総合分析予想)

【ニュージーランドT(G2)】 NHKマイルCの優先出走権を懸けた トライアルレース!! 2020年(良タイム1.33.0 前半34.2 / 後半35.4) 【ニュージーランドT】(通過位置)(上がり順位)開催1着馬3F脚2着馬3F脚3着馬3F脚20-11-12-101位差 -13-9-73位差-11-12-102位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【阪神牝馬S(G2)】(2021血統データ分析篇)

【阪神牝馬Sに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(阪神牝馬S限定) 【過去10年成績】施行距離が1400mから1600mへと延長された2016年以降、ディープインパクト産駒が「4-2-2-12」と他の種牡馬を圧倒しており、昨年もディープインパクト産駒の2番人気サウンドキアラが勝利するほか、伏兵11番人気ディメンシオンも3着と激走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ニュージーランドT(G2)】(2021血統データ分析篇)

【ニュージーランドTに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(NZT限定) 【過去10年成績】中山芝1600mで施行されるようになった2000年以降で見ても、まだ2勝以上した種牡馬のいない難解な一戦だが、20年ルフトシュトローム(父キンシャサノキセキ)、19年ワイドファラオ(父ヘニーヒューズ)、18年カツジ(母メリッサ)、17年ジョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【桜花賞(G1)】(2021血統データ分析篇)

【桜花賞に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(桜花賞限定) 【過去10年成績】過去10年の種牡馬傾向としては、5勝を挙げるディープインパクトが頭ひとつ抜けた存在。ディープ産駒は[5-4-2-25]。450キロ以上では[5-1-0-10]、470キロ以上だと[3-1-0-3]、449キロ以下では[0-3-2-18]。また、2020…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【阪神牝馬S(G2)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪阪神牝馬S特別登録馬≫ 4月10日(土)、阪神競馬場で行われる第64回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(4歳以上GII・牝馬・芝1600m)の登録が発表された。前走愛知杯で重賞初制覇を果たしたマジックキャッスル、京都牝馬Sで久々の勝利をあげたイベリス、オーロCで久々の勝利をあげたプールヴィル、過去6戦中4戦で上がり最速を記録して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ニュージーランドT(G2)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪ニュージーランドT特別登録馬≫ 4月10日(土)、中山競馬場で行われる第39回ニュージーランドトロフィー(3歳GII・芝1600m)の登録が発表された。アルテミスS2着馬ククナ、京成杯2着馬タイムトゥヘヴン、新潟2歳S2着馬ブルーシンフォニー、東京芝1400mで2戦2勝のアヴェラーレ、ダートで2戦2勝のワーズワースなど22頭が登録(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【桜花賞(G1)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪桜 花 賞特別登録馬≫ 4月11日(日)、阪神競馬場で行われる第81回桜花賞(3歳GI・牝馬・芝1600m)の登録が発表された。白毛の2歳女王ソダシ、そのソダシに前走ハナ差惜敗のサトノレイナス、クイーンCを制した良血馬アカイトリノムスメ、チューリップ賞を同着で制したメイケイエール・エリザベスタワーなど24頭が登録(フルゲート18頭)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【大阪杯(G1)】(2021総合分析予想篇)

【大阪杯(G1)】 春の中距離路線の大一番!! 2020年(良タイム1.58.4 前半36.9 / 後半34.2) 【 大 阪 杯 】(通過位置)(上がり順位)開催1着馬3F脚2着馬3F脚3着馬3F脚203-3-3-52位差3-3-3-33位先1-1-1-15位逃19-3-4-44位先-2-2-27位先-7-8-82位差1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ダービー卿CT(G3)】(2021総合分析予想)

【ダービー卿CT(G3)】 上半期のマイル王決定戦に向けて 飛躍を目指す一戦!! 2020年(良タイム1.32.8 前半34.3 / 後半35.7) 【ダービー卿チャレンジT】(通過位置)(上がり順位)開催1着馬3F脚2着馬3F脚3着馬3F脚20 -4-6-55位差 -4-8-58位差 -10-9-95位差19-3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ダービー卿CT(G3)】(2021血統データ分析篇)

【ダービー卿CTに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(ダービー卿CT限定) 【過去10年成績】オーストラリアに所縁ある血脈が存在感を示す傾向にあり、昨年の勝ち馬クルーガーもクイーンエリザベスS-豪G12着だった。Fastnet Rock産駒のフィアーノロマーノ、母の父Fastnet Rockのプリモシーンの2頭でワンツー決着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【大阪杯(G1)】(2021血統データ分析篇)

【大阪杯に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(大阪杯限定) 【過去10年成績】昨年はオルフェーヴル産駒の2番人気ラッキーライラックが勝利。同馬で注目すべきは2代母の父Seattle Slewの血脈で、18年スワーヴリチャード(2代母の父General Meeting)、19年アルアイン(母の父Essence of Dubai)に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ダービー卿CT(G3)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪ダービー卿CT特別登録馬≫ 4月3日(土)、中山競馬場で行われる第53回ダービー卿チャレンジトロフィー(4歳以上G3・ハンデ・芝1600m)の登録が発表された。3連勝で東京新聞杯を制したカラテと、同レース2着のカテドラル、中山マイルのフェアリーS・ターコイズSを制しているスマイルカナ、オープン3勝の快速馬トーラスジェミニ、5戦4勝馬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【大阪杯(G1)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪大阪杯特別登録馬≫ 4月4日(日)、阪神競馬場で行われる大阪杯(4歳以上GI、芝2000m)の登録が発表された。昨年の三冠馬コントレイル、JRA賞最優秀短距離馬グランアレグリア、重賞3勝・昨春の牡馬二冠はともに2着のサリオス、2018年のダービー馬ワグネリアン、金鯱賞でデアリングタクトを破ったギベオンなど15頭が登録。なお、キセキは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【マーチS(G3)】(2021総合分析予想篇)

【マーチS(G3)】 接戦になることが多いハンデキャップ重賞!? 2020年(稍重タイム1.51.3 前半37.0 / 後半37.5) 【マーチステークス】(通過位置)(上がり順位)開催1着馬3F脚2着馬3F脚3着馬3F脚203-3-3-24位先13-13-10-41位マクリ-14-14-111位追19-12-13-121…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【毎日杯(G3)】(2021総合分析予想篇)

【毎日杯(G3)】 春のクラシックに向けた注目の一戦! 2020年(稍重タイム1.47.9 前半35.4 / 後半36.2) 【 毎 日 杯 】(通過位置)(上がり順位)開催1着馬3F脚2着馬3F脚3着馬3F脚20 - -10-81位追 - -7-42位マクリ - -3-24位先19 - -1-15位逃 - -3-43位先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日経賞(G2)】(2021総合分析予想篇)

【日経賞(G2)】 春の盾獲りを目指す馬たちによる一戦! 2020年(良タイム2.32.9 前半29.8 / 後半36.6) 【 日 経 賞 】(通過位置)(上がり順位)開催1着馬3F脚2着馬3F脚3着馬3F脚2010-10-7-53位差-11-10-72位差7-7-5-25位先191-1-1-13位逃6-5-2-25位先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【マーチS(G3)】(2021血統データ分析篇)

【マーチSに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(マーチS限定) 【過去10年成績】昨年はハーツクライ産駒の1番人気スワーヴアラミスが人気に応えて重賞初制覇。一方で、2着4番人気クリンチャー、3着8番人気レピアーウィットと伏兵が入線するヒモ荒れ。その2・3着馬の共通点としてRaja Babaの血を引くことを挙げられる。 【母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【毎日杯(G3)】(2021血統データ分析篇)

【毎日杯に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(毎日杯限定) 【過去10年成績】昨年はディープインパクト産駒の2番人気サトノインプレッサが勝利し、1~3着までを独占する結果。ディープインパクトは産駒初出走となった2011年から毎年産駒を送り出しており、2016年を除けば少なからず1頭以上が3着以内に好走している実績。 【母 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日経賞(G2)】(2021血統データ分析篇)

【日経賞に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(日経賞限定) 【過去10年成績】昨年はトーセンホマレボシ産駒の1番人気ミッキースワローが勝利し、2着にはディープブリランテ産駒の2番人気モズベッロが入線。2頭はディープインパクトの直系であるとともに、どちらもNureyevの血を引くことを血統的な共通点。直近4年の勝ち馬はNureye…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【高松宮記念(G1)】(2021血統データ分析篇)

【高松宮記念に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(高松宮記念限定) 【過去10年成績】昨年は1位入線の15番人気クリノガウディー(父スクリーンヒーロー)が進路妨害によって降着となり、2着入線の9番人気モズスーパーフレア(父Speightstown)が繰り上がりで勝利。どちらも非サンデーサイレンス系種牡馬の産駒であり、15年エアロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【マーチS(G3)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪マーチS特別登録馬≫ 3月28日(日)、中山競馬場で行われるマーチステークス(4歳以上G3、ダート1800m)の登録が発表された。昨年の名古屋大賞典など重賞2勝のロードゴラッソ、昨年のマーチS覇者スワーヴアラミス、ダート転向後3戦3勝のアメリカンシード、前走総武Sで上位のナムラカメタロー、メモリーコウ、ハヤヤッコなど20頭が登録(フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【毎日杯(G3)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪毎日杯特別登録馬≫ 3月27日(土)に阪神競馬場で行われる毎日杯(3歳G3、芝1800m)の登録が発表された。新馬戦・セントポーリア賞と連勝中のグレートマジシャン、共同通信杯3着馬シャフリヤール、先月末に他界したシーザリオの子ルペルカーリア、未勝利戦でデビュー勝ちを果たしたプログノーシスなど12頭が登録(フルゲート18頭)。登録馬と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日経賞(G2)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪日経賞特別登録馬≫ 3月27日(土)、中山競馬場で行われる第69回日経賞(4歳以上G2・芝2500m)の登録が発表された。2019年の菊花賞覇者ワールドプレミア、重賞未勝利ながら2着5回(うちGIは3回)のカレンブーケドール、2018年京都新聞杯覇者で以降は惜敗が続くステイフーリッシュ、2019年京都記念など重賞2勝のダンビュライト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【高松宮記念(G1)】(2021日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪高松宮記念特別登録馬≫ 3月28日(日)、中京競馬場で行われる第51回高松宮記念(4歳以上G1・芝1200m)の登録が発表された。昨年の香港スプリントで念願のGI初制覇を果たしたダノンスマッシュ、初の1200mで2歳時以来のGI制覇に挑むレシステンシア・ダノンファンタジー、昨年の高松宮記念覇者モズスーパーフレア、一昨年の春秋マイル王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【阪神大賞典(G2)】(2021総合分析予想)

【阪神大賞典(G2)】 天皇賞(春)の重要な前哨戦!! 2020年(良タイム3.03.0 前半37.7 / 後半36.3) 【阪 神 大 賞 典】(通過位置)(上がり順位)開催1着馬3F脚2着馬3F脚3着馬3F脚209-9-8-41位マクリ10-10-10-71位追7-7-7-73位追198-9-2-21位マクリ5-5-4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more