テーマ:競馬予想

【神戸新聞杯(G2)】(2020総合分析予想篇)

【神戸新聞杯(G2)】 <過去5年 ハイブリッド指数> 多数のGⅠウイナーが 歴代優勝馬に名を連ねるトライアル競走!! 2015年(タイム良2.26.7 前半36.5 / 後半34.1) 2016年(タイム良2.25.7 前半36.3 / 後半34.6) 2017年(タイム良2.24.6 前半36.9 / 後半3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【オールカマー(G2)】(2020総合分析予想篇)

【オールカマー(G2)】 <過去5年 ハイブリッド指数> 秋のGⅠを見据えた実力馬が集う一戦!! 2015年(タイム良2.11.9 前半35.8 / 後半34.9) 2016年(タイム良2.11.9 前半35.4 / 後半35.4) 2017年(タイム良2.13.8 前半37.7 / 後半34.8) 2018…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【神戸新聞杯(G2)】(2020データ分析篇)

【神戸新聞杯に関する過去データ】 【注目馬データ篇】 年着馬 名騎手前走レース距離着生産者191サートゥルナーリアレーン東京優G1芝244ノーザンF192ヴェロックス川田東京優G1芝243ノーザンF193ワールドプレミア武豊若葉S L芝202ノーザンF年着馬 名騎手前走レース距離着生産者181ワグネリアン福永東京優G1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【オールカマー(G2)】(2020データ分析篇)

【オールカマーに関する過去データ】 【注目馬データ篇】 年着馬 名馬齢前走レース距離着生産者191スティッフェリオ牡5宝塚記G1芝227社台ファーム192ミッキースワロー牡5七夕賞G3芝201ノーザンF193グレイル牡4福島テレOP芝186ノーザンF年着馬 名馬齢前走レース距離着生産者181レイデオロ牡4ア首DSCG1芝24…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【神戸新聞杯(G2)】(2020ラップ分析篇)

過去5年すべて "後 傾 ラ ッ プ" 今年は京都競馬場改修工事の影響で、中京競馬場で施行される。距離も芝2400㍍から芝2200㍍へ変更されるが、差し&追込み馬が圧倒的に有利。 【過去5年のラップ分析篇】 上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。 過去に菊花賞好走馬を多数輩出している菊花賞トライアルの王道レース。阪神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【オールカマー(G2)】(2020ラップ分析篇)

例年通りなら、 後 傾 ラ ッ プ 15、17~19年が後傾ラップ、16年がイーブンペース。 前週に行われるセントライト記念よりスロー。 【過去5年のラップ分析篇】 上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。 前週に行われるセントライト記念と同じコース設定だが、古馬重賞のこちらはより前半1000㍍のラップが落ち着きやす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【神戸新聞杯(G2)】(2020血統データ分析篇)

【神戸新聞杯に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(神戸新聞杯限定) 【過去10年成績】過去10年で複数の勝利を挙げている種牡馬はディープインパクトやハーツクライ、ステイゴールドなど各2勝。今年は京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、神戸新聞杯-G2は中京芝2200mを舞台に行われる。直近3年以内の同コースにおける種牡馬成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【オールカマー(G2)】(2020血統データ分析篇)

【オールカマーに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(オールカマー限定) 【過去10年成績】過去10年で複数の勝ち馬を出しているのは、ステイゴールド(2勝)のみ。複数の2着があるのはディープインパクト、ハーツクライで、サンデーサイレンスの血を引く種牡馬が活躍している。ほか、トニービンの血を引く馬の活躍も目立つ。 【母 父 馬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【神戸新聞杯(G2)】(2020日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪神戸新聞杯特別登録馬≫ 9月27日(日)に中京競馬場で行われる第68回神戸新聞杯(3歳GII・芝2200m)の登録が発表された。無傷の二冠馬コントレイル、京都新聞杯覇者ディープボンド、日本ダービー3着馬ヴェルトライゼンデ、昨年の葉牡丹賞を2歳レコードで制して以来の復帰戦となるグランデマーレなど18頭が登録(フルゲートは18頭)。登録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【オールカマー(G2)】(2020日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪オールカマー特別登録馬≫ 9月27日(日)に中山競馬場で行われる第66回オールカマー(3歳以上GII・芝2200m)の登録が発表された。春の天皇賞連覇などGI・3勝のフィエールマン、昨年のジャパンCなどGI・2着3回のカレンブーケドール、コース実績のあるミッキースワロー、ジェネラーレウーノ、ステイフーリッシュなど10頭が登録(フルゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【セントライト記念(G2)】(2020データ分析篇)

【セントライト記念に関する過去データ】 【注目馬データ篇】 年着馬 名前走レース距離着馬体重191リオンリオン東京優駿G1芝2415474㌔192サトノルークス東京優駿G1芝2417462㌔193ザダルプリンシパL芝201482㌔年着馬 名前走レース距離着馬体重181ジェネラーレウーノ東京優駿G1芝2416498㌔182レ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ローズステークス(G2)】(2020データ分析篇)

【ローズステークスに関する過去データ】 【注目馬データ篇】 年着馬 名前走レース距離着生産者キャリア191ダノンファンタジー優駿牝馬G1芝245ノーザンF7戦192ビーチサンバ優駿牝馬G1芝2415ノーザンF6戦193ウィクトーリア優駿牝馬G1芝244ノーザンF6戦年着馬 名前走レース距離着生産者キャリア181カンター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【セントライト記念(G2)】(2020ラップ分析篇)

ほぼほぼ "後 傾 ラ ッ プ" 過去5年、15~18年後傾ラップ。19年だけイーブンペースだった。 ほぼ差し&追込み馬が優勢だが、 勝ち馬はすべて4角6番手以内から立ち回っている。 【過去5年のラップ分析篇】 上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。 中山外回りコースを走る3歳限定菊花賞トライアル。コーナーが緩や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ローズステークス(G2)】(2020ラップ分析篇)

今年は中京開催なので、"後傾ラップ" 過去(阪神芝1800㍍)、 15・17年が前傾ラップ、16・18~19年が後傾ラップ。 阪神内回りコースならではの結果だが、 中京芝2000㍍コースでの施行により一層の決め手勝負になりやすい。 【過去5年のラップ分析篇】 上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。 2コーナー奥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【セントライト記念(G2)】(2020血統データ分析篇)

【セントライト記念に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(セントライト記念限定) 【過去10年成績】過去10年で複数の勝利を挙げている種牡馬はステイゴールドで2勝。ディープインパクト産駒は16年にワン・ツー・スリーを決めている。その他で複数の馬券絡みがあるのはスクリーンヒーロー、フジキセキ、キングカメハメハ、ハーツクライ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ローズステークス(G2)】(2020血統データ分析篇)

【ローズステークスに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(ローズS限定) 【過去10年成績】過去5年でディープインパクト産駒は[4-3-1-14]。ハイレベルの瞬発力を求められるレースゆえに、父サンデーサイレンス系が強い。なかでも、ディープインパクト産駒は別格とも言える存在! ただ、今年は京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【セントライト記念(G2)】(2020日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪セントライト記念特別登録馬≫ 9月21日(月)、中山競馬場で行われる第74回朝日杯セントライト記念(3歳GII・芝2200m)の登録が発表された。スプリングSを制し、続く皐月賞で3着だったガロアクリーク、弥生賞覇者サトノフラッグ、3連勝でラジオNIKKEI賞を制したバビットなど16頭が登録(フルゲートは18頭)。なおヴェルトライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ローズステークス(G2)】(2020日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪ローズステークス特別登録馬≫ 9月20日(日)、中京競馬場で行われる第38回関西テレビ放送賞ローズステークス(3歳GII・牝馬・芝2000m)の登録が発表された。スイートピーSを快勝後、オークスで2番人気に支持されたデゼル、オークスで勝ち馬から0.3秒差の4着だったリアアメリア、フラワーC覇者アブレイズ、桜花賞で4着だったクラヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【京成杯オータムH(G3)】(2020総合分析予想篇)

【京成杯オータムH(G3)】 <過去5年 ハイブリッド指数> 秋競馬の開幕を告げる高速マイル決戦!! 2015年(タイム良1.33.3 前半35.4 / 後半34.6) 2016年(タイム良1.33.0 前半35.1 / 後半35.0) 2017年(タイム良1.31.6 前半34.6 / 後半34.5) 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【セントウルS(G2)】(2020総合分析予想篇)

【セントウルS(G2)】 <過去5年 ハイブリッド指数> サマースプリントシリーズ最終戦であり GⅠの前哨戦でもある重賞!! 2015年(タイム良1.07.8 前半34.0 / 後半33.8) 2016年(タイム良1.07.6 前半33.1 / 後半34.5) 2017年(タイム良1.07.5 前半33.8 / …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【セントウルS(G2)】(2020データ分析篇)

【セントウルSに関する過去データ】 【注目馬データ篇】 年着馬 名馬齢前走レース距離着順人気191タワーオブロンドン牡4キーランドG3芝1222192ファンタジスト牡3北九州記G3芝12144193イベリス牝3NHKマイルG1芝161611年着馬 名馬齢前走レース距離着順人気181ファインニードル牡5香港CSPG1芝12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【京成杯オータムH(G3)】(2020データ分析篇)

【京成杯オータムHに関する過去データ】 【注目馬データ篇】 年着馬 名馬齢前走レース距離着生産者191トロワゼトワル牝4豊明3勝芝141社台ファーム192ディメンシオン牝5関屋記G3芝164木村秀則193ジャンダルム牡4中京記G3芝166ノースヒルズC.L.年着馬 名馬齢前走レース距離着生産者181ミッキーグローリー牡5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【紫苑ステークス(G3)】(2020総合分析予想篇)

【紫苑ステークス(G3)】 <過去5年 ハイブリッド指数> 秋の大舞台へ3歳牝馬が飛躍を誓う!! 2015年(タイム良2.00.2 前半35.3 / 後半35.1) 2016年(タイム良1.59.7 前半34.8 / 後半35.7) 2017年(タイム良1.59.8 前半36.0 / 後半34.3) 2018…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【セントウルS(G2)】(2020ラップ分析篇)

イメージ通りなら "前 傾 ラ ッ プ" 実際16年、18~19年は前傾ラップ。15年、17年は後傾ラップ。 ラスト失速も、圧倒的に逃げ・先行有利!! 【過去5年のラップ分析篇】 上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。 野芝だけで開催される秋の阪神開幕週。サマースプリントシリーズの最終戦かつ、G1スプリンターズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【京成杯オータムH(G3)】(2020ラップ分析篇)

過去5年内のラップは"イ ー ブ ン ラ ッ プ" 15年、18年が後傾ラップ、16年、19年が前傾ラップ。 17年がイーブンラップ。 【過去5年のラップ分析篇】 上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。 野芝だけで開催される秋の中山開幕週。緩やかなコーナーが続く外回りコースを使用するレースで、とにかくラップの緩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【紫苑ステークス(G3)】(2020ラップ分析篇)

近3年通りなら、 "後 傾 ラ ッ プ" 2014年12月に馬場改修後リニューアル!!(14年新潟で施行) 16年(前傾ラップ)に重賞G3へ格上げされ、17~19年後傾ラップ。 【過去5年のラップ分析篇】 上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。 秋華賞トライアルとして重賞に格上げされたのが2016年。中山芝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more