テーマ:競馬予想

【函館記念(G3)】(2020血統データ分析篇)

【函館記念に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(函館記念限定) 【過去10年成績】昨年はステイゴールド産駒のマイネルファンロンとステイフーリッシュが2・3着、16年も同産駒のマイネルミラノとツクバアズマオーが1・3着と揃って好走。 【母 父 馬 篇】(函館記念限定) 【過去10年成績】RobertoやMill Reef、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中京記念(G3)】(2020血統データ分析篇)

【中京記念に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(中京記念限定) 【過去10年成績】今年は京都競馬場整備工事の影響で、中京記念は阪神芝1600mを舞台に行われる。直近1年以内の同コースにおける種牡馬成績は、10勝を挙げるディープインパクトが頭一つ抜けた存在で、次点で3勝のロードカナロアが続く。 【母 父 馬 篇】(中京記念限…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【函館2歳S(G3)】(2020血統データ分析篇)

【函館2歳Sに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(函館2歳S限定) 【過去10年成績】キンシャサノキセキ、ダイワメジャーの直仔種牡馬の奮闘が少し目立つ程度で、コレと言った大きな偏りは見られない。 【母 父 馬 篇】(函館2歳S限定) 【過去10年成績】16~18年はカシアス(父キンシャサノキセキ)、ラブミーファイン(母母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【函館記念(G3)】(2020日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪函 館 記 念 特別登録馬≫ 7月19日(日)に函館競馬場で行われる函館記念(3歳以上GIII、芝2000m)の登録馬。巴賞を逃げ切ったトーラスジェミニや、その巴賞で1番人気だったレッドサイオン、巴賞で2年2ヶ月ぶり復帰を果たしたベストアプローチ、昨年のエプソムC覇者レイエンダなど17頭が登録。登録馬と想定騎手は以下の通り。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中京記念(G3)】(2020日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪中 京 記 念特別登録馬≫ 7月19日(日)、阪神競馬場で行われる中京記念(3歳以上GIII、芝1600m)の登録馬。前走NHKマイルC3着のギルデッドミラー、安田記念5着のケイアイノーテック、ヴィクトリアマイル4着のトロワゼトワル、都大路Sを制したベステンダンクなど22頭が登録(フルゲートは18頭)。登録馬と想定騎手は以下の通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【函館2歳S(G3)】(2020日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪函館2歳S特別登録馬≫ 7月18日(土)に行われるGIII・函館2歳S(2歳・函館芝1200m)。函館芝1200mの新馬戦をレコード勝ちしたモンファボリ、函館ダ1000mの新馬戦をレコード勝ちしたルーチェドーロ、JRA初出走で勝利をあげたクリーンエコロジー産駒のディープエコロジーなど15頭が登録(フルゲートは16頭)。登録馬と想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【プロキオンS(G3)】(2020総合分析予想篇)

【プロキオンS(G3)】 <過去5年 ハイブリッド指数> 梅雨時のダート1400㍍のスピード比べ!? 2015年(タイム良1.22.5 前半34.6 / 後半35.9) 2016年(タイム稍重1.22.1 前半34.1 / 後半36.7) 2017年(タイム良1.22.9 前半34.2 / 後半36.9) 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【七夕賞(G3)】(2020総合分析予想篇)

【七夕賞(G3)】 <過去5年 ハイブリッド指数> サマー2000シリーズの開幕を告げる ハンデ重賞!! 2015年(タイム良1.58.2 前半34.8 / 後半34.5) 2016年(タイム良1.58.4 前半34.3 / 後半37.2) 2017年(タイム良1.58.2 前半33.9 / 後半36.6) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【プロキオンS(G3)】(2020データ分析篇)

【プロキオンSに関する過去データ】 【注目馬データ篇】 年着馬 名馬齢前走レース距離人気着順191アルクトス牡4欅S OPダ1411192ミッキーワイルド牡4麦秋3勝ダ1411193ヴェンジェンス牡6天保OPダ1431年着馬 名馬齢前走レース距離人気着順181マテラスカイ牡4花の1600ダ1211182インカンテーショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【七夕賞(G3)】(2020データ分析篇)

【七夕賞に関する過去データ】 【注目馬データ篇】 年着馬 名馬齢前走レース距離着斤量191ミッキースワロー牡5エプソG3芝181056㌔192クレッシェンドラヴ牡5福島民OP芝20254㌔193ロードヴァンドール牡6天皇春G1芝321258㌔年着馬 名馬齢前走レース距離着斤量181メドウラーク牡7米子OP芝16856㌔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【プロキオンS(G3)】(2020ラップ分析篇)

過去5年すべて "前 傾 ラ ッ プ" コース形態から逃げ・先行馬は常にチェック!? 基本的に上位人気馬が強い傾向。 【過去5年のラップ分析篇】 上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。 芝スタートのダート1400㍍戦で、スタートからスピードに乗りやすく最初の400㍍は22秒99とかなり速い。そのため前後半差は2秒4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【七夕賞(G3)】(2020ラップ分析篇)

近年は "前 傾 ラ ッ プ" 施行時期変更により、13年以降前傾ラップへと変化した。 速い流れでも、先行馬優勢!? 【過去5年のラップ分析篇】 上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。 夏の福島開催最終週に行われていたが、2013年から開催2週目へと施行スケジュールが繰り上がり。最終週に行われていた頃は前半1000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【プロキオンS(G3)】(2020血統データ分析篇)

【プロキオンSに関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(プロキオンS限定) 【過去10年成績】過去10年で、複数の勝鞍がある種牡馬は14~15年に連覇を果たしたベストウォーリアの父Majestic Warrior とアドマイヤオーラ(16年ノボバカラ、19年アルクトス)の2頭。複数回の馬券絡みがあるのは、キングカメハメハ、シニスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【七夕賞(G3)】(2020血統データ分析篇)

【七夕賞に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(七夕賞限定) 【過去10年成績】過去10年で複数の勝鞍を挙げている種牡馬はディープインパクト1頭。のべ16頭のうち6頭が馬券絡み、出走馬がいた8年のうち6年で馬券絡み。その他では、チーフベアハート、ゼンノロブロイ、ステイゴールド、クロフネが複数回の馬券絡み。 【母 父 馬 篇】…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【プロキオンS(G3)】(2020日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪プロキオンS特別登録馬≫ 7月12日(日)、阪神競馬場で行われる第25回プロキオンステークス(3歳以上G3・ダート1400m)の登録が発表された。ダート重賞3勝のサンライズノヴァ・サクセスエナジー・ヤマニンアンプリメ、芝重賞3勝馬で1年ぶりの復帰戦となるエアスピネル、2017年の根岸S覇者カフジテイクなど22頭が登録。登録馬と想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【七夕賞(G3)】(2020日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪七 夕 賞特別登録馬≫ 7月12日(日)、福島競馬場で行われる第56回七夕賞(3歳以上G3・芝2000m)の登録が発表された。父ディープインパクト・母アパパネという血統のジナンボー、父キングカメハメハ・母エアメサイアという血統のエアウィンザー、父キングカメハメハ・母ヴィルシーナという血統のブラヴァスなど18頭が登録。登録馬と想定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ラジオNIKKEI賞(G3)】(2020総合分析予想篇)

【ラジオNIKKEI賞(G3)】 <過去5年 ハイブリッド指数> 堅く収まる年も珍しくない 3歳限定のハンデキャップ競走!? 2015年(タイム良1.46.4 前半35.0 / 後半35.1) 2016年(タイム良1.47.0 前半35.3 / 後半35.0) 2017年(タイム良1.46.6 前半35.3 / …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【CBC賞(G3)】(2020データ分析篇)

【CBC賞に関する過去データ】 【注目馬データ篇】 年着馬 名馬齢前走レース距離着4角通過191レッドアンシェル牡5彦根1600芝121 -3-3192アレスバローズ牡7高松宮G1芝129 -6-5193セイウンコウセイ牡6高松宮G1芝122-3-2年着馬 名馬齢前走レース距離着4角通過181アレスバローズ牡6鞍馬 OP芝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ラジオNIKKEI賞(G3)】(2020データ分析篇)

【ラジオNIKKEI賞に関する過去データ】 【注目馬データ篇】 年着馬 名前走レース距離着4角通過キャリア191ブレイキングドーン京都新聞G2芝22611-11-117戦192マイネルサーパス東京優駿G1芝24117-7-57戦193ゴータイミング500万下芝161-7-74戦年着馬 名前走レース距離着4角通過キャリア1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【CBC賞(G3)】(2020ラップ分析篇)

スプリント戦なので "前 傾 ラ ッ プ" 今年は阪神芝1200㍍戦で施行されるが、ラップバランスはほぼ同じ。持続ラップでラスト失速も、圧倒的に逃げ・先行馬が有利!? 【過去5年のラップ分析篇】 上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。 良馬場なら1分08秒を切るタイムの決着で高速持続ラップ戦。梅雨時期のため雨の影響が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ラジオNIKKEI賞(G3)】(2020ラップ分析篇)

例年通りなら平均ラップ "イーブンペース" 小回りコース福島芝1800㍍戦、平均ラップの接続戦になりやすいレース。過去5年、連対馬の8頭までが上がり5位以内をマークしている。 【過去5年のラップ分析篇】 上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。 3歳春からクラシックまでの重賞は道中スローで上がり勝負のラップバランスのレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【CBC賞(G3)】(2020刻を見極める)

【過去10年のラップ分析篇】 *京都競馬場改修工事の影響で、今年は阪神で施行される。例年、中京(芝)1200㍍で施行されるG3CBC賞のデータでは、あまり参考にならないので、阪神(芝)1200㍍で施行される重賞G2セントウルSのデータを記載。 年1F2F3F4F5F6F勝ち時計 201012.010.711.211.510.81…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【CBC賞(G3)】(2020血統データ分析篇)

【CBC賞に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(CBC賞限定) 【過去10年成績】過去10年でディープインパクト産駒が3勝。サクラバクシンオー、アドマイヤコジーン産駒が2勝。 【母 父 馬 篇】(CBC賞限定) 【過去10年成績】大系統・ナスルーラの血脈を持つ馬が強い。なかでも、トニービンやアドマイヤコジーンなどが属する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ラジオNIKKEI賞(G3)】(2020血統データ分析篇)

【ラジオNIKKEI賞に関する血統データ】 【種 牡 馬 篇】(ラジオN賞限定) 【過去10年成績】過去10年でディープインパクト産駒が4勝。複数の馬券絡みを果たしている種牡馬は、ディープインパクト以外ではマンハッタンカフェ、ステイゴールド、キングカメハメハ、バゴのわずか4頭。 【母 父 馬 篇】(ラジオN賞限定) 【過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【CBC賞(G3)】(2020日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪CBC賞特別登録馬≫ 7月5日(日)、阪神競馬場で行われる第56回CBC賞(3歳以上GIII・芝1200m)の登録馬が発表された。高松宮記念1位入線(4着降着)のクリノガウディー、昨年のCBC賞覇者レッドアンシェル、今年のシルクロードS覇者アウィルアウェイなど18頭が登録。登録馬と想定騎手は以下の通り。 【登録頭数:18頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ラジオNIKKEI賞(G3)】(2020日刊馬番コンピ指数分析篇)

≪ラジオNIKKEI賞特別登録馬≫ 7月5日(日)、福島競馬場で行われる第69回ラジオNIKKEI賞(3歳GIII・芝1800m)の登録が発表された。前走東京芝1600mを1分31秒7というタイムで勝利したサクラトゥジュール、未勝利と1勝クラスを連勝中のパラスアテナ・グレイトオーサー・ルリアンなど14頭が登録。登録馬と想定騎手は以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more