【ラジオNIKKEI賞(G3)】(2022血統データ分析篇)

ラジオNIKKEI賞d.jpg
ラジオNIKKEI賞に関する血統データ

種 牡 馬 篇(ラジオN賞限定)
過去10年成績
(ラジオNIKKEI賞 種牡馬別成績表).jpg
昨年、優勝したヴァイスメテオール(父キングカメハメハ×母父キングヘイロー)は、父かつ母父 ともに非サンデー系(大系統)だった。3着ノースブリッジ(父モーリス×母父アドマイヤムーン)も該当した。

母 父 馬 篇(ラジオN賞限定)
過去10年成績
(ラジオNIKKEI賞 母父馬別成績表).jpg
小回り適性が問われる開幕週福島(芝)1800㍍戦。Sadler's Wellsやダンシングブレーヴ、Robertoの血を引く馬が大駆けしやすい!! ちなみに、昨年の優勝馬ヴァイスメテオール(母父キングヘイロー)が、該当(ダンシングブレーヴの血を引く馬)。

好走馬のポイント(ラジオN賞限定)
前走から距離別成績
ラジオNIKKEI賞着別度数勝  率連対率複勝率単回値複回値
前走同距離[3-3-1-38]6.7%13.3%15.6%6338
前走距離短縮[6-5-4-47]9.7%17.7%24.2%89104
前走距離延長[1-2-5-34]2.4%7.1%19.0%13140

前走主要レース別成績
前走レース名着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
(OP)プリンシパルS[2-0-1-7]20.0%20.0%30.0%68100
G2 青葉賞[1-0-1-4]16.7%16.7%33.3%163115
G2京都新聞杯[1-0-0-5]16.7%16.7%16.7%14046
早苗賞 500万[1-0-0-1]50.0%50.0%50.0%220100
(L)プリンシパルS[1-0-0-2]33.3%33.3%33.3%26093
早苗賞 1勝[1-0-0-1]50.0%50.0%50.0%1010250
G1 NHKマイル[0-1-2-6]0.0%11.1%33.3%0172
G1 皐月賞[0-1-0-6]0.0%14.3%14.3%0117
G1東京優駿[0-1-0-2]0.0%33.3%33.3%0173
G1優駿牝馬[0-1-0-2]0.0%33.3%33.3%0153
*前走プリンシパルS4着以内【3-0-0-4】 好走確率が上がる

JRA唯一の3歳限定ハンデ重賞戦!!
特殊なコースなので、福島芝実績が有効!?
父かつ母父 ともに非サンデー系(大系統)の馬。父米国型。特にサンデー系(大系統)の血を持たない馬。父か母父が大系統ナスルーラー系。

出走予定馬
(ラジオNIKKEI賞 種牡馬)2022出走馬.jpg

3代血統表人気上位馬
サトノヘリオス.jpg
サトノヘリオス(牡3、栗東・友道康夫)は、父エピファネイア×母エアマグダラ(母父サンデーサイレンス)。エアアンセム(父シンボリクリスエス)の3/4弟で、エアメサイアやエアシェイディの甥で、エアスピネルのイトコ。母エアマグダラはJRA4勝。母母エアデジャヴーはオークス2着。エピファネイア産駒だが、牝系譲りのボールドルーラー的な無駄のない脚捌きで機動力やコーナリング力に秀でた中距離馬。
ボーンディスウェイ.jpg
ボーンディスウェイ(牡3、美浦・牧光二)は、父ハーツクライ×母ウィンドハック(母父Platini)。ブランドベルグやバーミーブリーズの下で、母ウィンドハックは伊1000ギニー(伊G2・芝1600m)勝ち。母父プラティニはメルクフィンク銀行賞(独G1・芝2400m)勝ち馬でエイシンフラッシュの母父でもある。そこにハーツクライでリファール4×6だから、スタミナと粘着力と成長力に富む中距離血統。
ベジャール.jpg
ベジャール(牡3、美浦・田中博康)は、父モーリス×母エスジーブルーム(母父アフリート)。エスジービームやエスジーバーニングの甥で、アルボナンザのイトコ。母エスジーブルームはJRA3勝(ダ1200~1700)、母母エスジービアンカはJRA6勝。父モーリスはマイル~中距離の大レースを勝ちまくりピクシーナイト、ジャックドール、ヒトツなどを輩出。560キロ超の大型だが、モーリス×アフリート×マルゼンスキーだからトムフール的な機動力は十分。母方はダート寄りだし、馬場は毎日杯のようにタフなほうが!?
まとめ篇
該当馬かつ父 ともに非サンデー系(大系統))=
エピファネイア×父キングマンボ系)ソネットフレーズ
モーリス×母父ミスプロ系)ベジャール
キングカメハメハ×父ミスプロ系)ホウオウノーサイド

該当馬米国型)=
ザファクター/ダンチヒ系)ショウナンマグマ

該当馬父大系統ナスルーラー系)=
父オウケンブルースリ)オウケンボルト

該当馬父キングマンボ系)=
父キングカメハメハ)ソネットフレーズ

該当馬キングカメハメハ)=
父ヘクタープロテクター)ホウオウノーサイド

該当馬(Sadler's Wellsの血を引く馬)=
母母キロフプリミエール)サトノヘリオス
母母キロフプリミエール)ソネットフレーズ
母母キロフプリミエール)タガノフィナーレ
母父カーネギー)ベジャール

該当馬(ダンシングブレーヴの血を引く馬)=
父キングヘイロー)フェーングロッテン
母父ダンシングブレーヴ)ホウオウノーサイド

該当馬(Robertoの血を引く馬)=
母母父リアルシャダイ)オウケンボルト
母父ブライアンズタイム)クロスマジェスティ
エピファネイア)サトノヘリオス
エピファネイア)ソネットフレーズ
エピファネイア)タガノフィナーレ
モーリス)ベジャール

先 週 の 回 顧
宝塚記念
1着タイトルホルダー
欧州型キングマンボ系(父Motivator/サドラーズウェルズ系)
&非サンデー系ヌレイエフの血を引く馬(父父母Miesque)
&非サンデー系サドラーズウェルズの血を引く馬(父Motivator)に該当
3着デアリングタクト
欧州型ロベルト系(父キングカメハメハ/キングマンボ系)
&非サンデー系ヌレイエフの血を引く馬(父父母Miesque)に該当
5着マイネルファンロン
サンデー系ヌレイエフの血を引く馬(母母父母Lady Giselle)に該当
タイトルホルダー.jpg
*優勝したタイトルホルダー(牡4、美浦・栗田徹)は、父ドゥラメンテ×メーヴェ(父モティヴェイター)。メロディーレーンの半弟で、母メーヴェはJRA5勝。3代母ローラズゲストの全姉に英1000ギニー馬オンザハウスがいる。母父モティヴェイターは英ダービー馬でヴァンドギャルドやステラリアの母父。母も姉も牝馬ながら長いところで活躍したが、本馬もハイペリオン的な持続力と粘着力と地力を強く感じさせる。ここはハナはパンサラッサに譲るだろうが、緩みないラップで流れれば離れた番手で力まず走れるのでは!?


当日(7/3)2022総合分析予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

今 週 の 重 賞
6月26日(
福島11R【ラジオNIKKEI賞G3)】

小倉11R【CBC賞G3)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント