【ローズステークス(G2)】(2020刻を見極めるラップ篇)

ローズSe.jpg

過去10年のラップ分析篇

1F2F3F4F5F6F7F8F9F勝ち時計
2010(良)12.210.611.312.612.412.411.611.011.71.45.8
2011(良)13.011.612.112.612.412.311.210.912.01.48.1
2012(良)12.711.812.012.512.412.011.410.411.61.46.8
2013(重)12.310.911.411.711.911.911.912.513.21.47.7
2014(良)12.511.011.612.212.512.011.411.111.71.46.0
2015(良)12.511.011.611.611.711.911.211.512.21.45.2
2016(重)12.611.211.612.012.512.211.710.912.01.46.7
2017(良)12.410.911.311.812.212.011.611.312.01.45.5
2018(良)12.711.011.512.312.412.211.010.811.81.45.7
2019(良)12.811.211.411.712.211.711.010.511.91.44.4
平 均12.611.111.612.112.312.111.411.112.01.46.2
表内の背景を黄色で示した部分がレースにおける『加速の開始位置』。基本的には「0秒2以上の加速かつ12秒台前後」を条件。年によって多少の差異はあるが、平均すると前半の6ハロン目、ゴールから逆算すると”ラスト4ハロン”の位置で加速を開始。ここがローズステークスの勝負ポイント!?

阪神芝外回り1800㍍で行われる関西圏の秋華賞トライアル。春クラシックで活躍した馬の多くが出走し、夏の上がり馬が胸を借りるといった傾向が強い。

コーナー半径が大きくゆったりとしたカーブの外回りを走るため、3~4コーナーでラップが緩んで息が入りやすい。そうなるとバランスは中盤スローの上がり勝負となるわけで、結果的に春クラシックで速い上がりを使い好走していた馬たちに向いたレースになりやすい。夏の上がり馬は当然、ローカルで勝ち上がってきた馬ばかりなので、速い上がりや、急加速上がりラップにどの程度対応できるかの見極めが重要となる。

また、今年は京都競馬場改修工事の影響で、今年は中京競馬芝2000㍍で施行されるが、阪神芝外回り1800㍍と同様、差し&追込み馬が圧倒的に有利でもある。

刻を見極める
「差し&追込み馬が圧倒的に有利」から
「重賞レースで上がり3ハロン5位以内かつ5着以内の馬」

クラヴァシュドール(G1桜花賞 上がり2位4着)
フアナ(G2フローラS 上がり1位3着)
ラインオブダンス(G3アルテミスS 上がり3位4着)
リアアメリア(G1オークス 上がり4位4着)

sample

今 週 の 重 賞

9月20日(
中京11R【ローズステークスG2)】


9月21日(
中山11R【セントライト記念G2)】


当日(9/20)2020総合分析予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント