【レパードステークス(G3)】(2020刻を見極めるラップ篇)

レパードSa.jpg

過去10年のラップ分析篇

1F2F3F4F5F6F7F8F9F勝ち時計
2010(良)12.410.812.212.812.312.813.212.412.91.51.8
2011(稍重)12.210.812.313.713.212.412.811.912.71.52.0
2012(良)12.610.912.113.212.612.613.012.112.71.51.8
2013(稍重)12.411.212.112.712.612.312.512.212.31.50.3
2014(稍重)12.610.612.813.212.712.712.311.512.01.50.4
2015(良)12.510.912.313.012.812.512.812.312.81.51.9
2016(良)12.511.012.112.612.512.612.512.112.71.50.6
2017(良)12.311.112.713.112.512.812.912.712.81.52.9
2018(良)12.611.612.413.012.312.312.812.512.51.52.0
2019(良)12.410.511.712.513.012.613.212.812.61.51.3
平 均12.510.912.313.012.712.612.812.312.61.51.5
表内の背景を黄色で示した部分がレースにおける『加速の開始位置』。基本的には「0秒2以上の加速かつ12秒台」を条件。年によって多少の差異はあるが、平均すると前半の8ハロン目、ゴールから逆算すると”ラスト2ハロン”の位置で加速を開始。ここがレパードステークスの勝負ポイント!?

2008年に新設された3歳限定のダート重賞。新潟コースはコーナー半径が小さくカーブがキツい。しかも芝コースの内側にあるダートならなおさら!?このレースでもコーナーでは大きくスピードが落ち、そのことが非常に特徴的なラップバランスを生み出す。

スタートから最初のコーナーまで距離がややあるので加速がつきやすく、前半のラップは速くなる。そして、3,4コーナーで大きくラップは失速し、直線を迎えるのだが直線は残り354㍍しかない。そこで必要となるのが、急加速して一気にトップスピードまで脚を伸ばす適性。加速に時間がかかるタイプでは伸びきる前にゴールを迎えてしまう。狙うのは先行好位に付けられる馬で、急加速で伸びるタイプ!!

刻を見極める
先行好位に付けられる馬狙いから「前走、4角5番手以内の馬」を重視!? ただし、阪神・中山(2勝クラス以上ダ18)限定。

ライトウォーリア(インディ2勝1着 4角3番 阪ダ18)
ラインベック(西脇特2勝1着 4角1番 阪ダ18)

sample

今 週 の 重 賞

8月9日(
札幌11R【エルムステークスG3)】


新潟11R【レパードステークスG3)】


当日(8/9)2020総合分析予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント