【レパードステークス(G3)】(2020ラップ分析篇)

レパードSa.jpg
例年通りなら 前 傾 ラ ッ プ

過去5年すべて前傾ラップ。
先行して瞬発力のある馬が優勢!!

過去5年のラップ分析篇

【過去5年&平均ラップ】.jpg
2015.jpg
2016.jpg
2017.jpg
2018.jpg
2019.jpg
【平均ラップ】.jpg
上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。

(レパードS)ラップ分析.jpg
新潟ダートはコース全周を通してコースに高低差がほとんどない完全な平坦コース。このレースは最後の直線に入ってすぐ、残り約350㍍付近にスタートゲートが置かれ、そこからぐるりと1周回ってくるコースレイアウト。スタートから最初のコーナーまでの距離が長く、さらに平坦のためのスピードに乗りやすく最初の2ハロンが23秒39と速いラップになりやすい。ちなみに3歳限定のダート重賞ユニコーンSも、芝からスタートするためスピードに乗りやすく最初の2ハロンは23秒13と速い。レパードSの3コーナー通過番手別成績は前方通過馬が7勝2着9回と先行有利の傾向だが、前走でユニコーンSを含む東京ダート1600㍍に出走していた馬が4勝2着1回で、前走コース別成績では2番目に優秀なコースとなっている。前走コースで最も優秀なのは大井2000㍍で(5-2-3-13)。複勝率43.5%、複勝回収率133%。もちろんレースはジャパンダートダービーだが、ここで2~8着に負けていた馬の期待値が高く、2019年も2着デルマルーヴル、6着トイガーがレパードSで2、3着に好走した。また上がり3位以内が9勝を挙げており、先行して瞬発力のある脚を使える馬を1着で狙いたい。

ラップ分析ポイント
「前走、大井ジャパンG1出走馬」を重視!? また「前走(2勝クラス以上)、4角5番手以内で上がり3位以内をマークして3着以内の馬」も狙いたい!?

ミヤジコクオウ(大井ジャパG1 5着)
ライトウォーリア(インディ2勝 1着 4角3番手上がり3位)
ラインベック(西脇特2勝 1着 4角1番手上がり2位)

sample

今 週 の 重 賞

8月9日(
札幌11R【エルムステークスG3)】


新潟11R【レパードステークスG3)】


当日(8/9)2020総合分析予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント