<プロキオンS(G3)回顧>

本日(19時)の更新メニュー

20サンライズノヴァa05.jpg


日曜7月12日)阪神11RプロキオンS

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。

プロキオンSの指数の結果
指数順123456789101112131415161718
阪神11R
プロキオンS
07
73
14
72
05
70
09
56
04
55
06
54
16
53
12
52
08
51
15
50
10
49
11
48
13
47
02
46
01
41
03
40




(上段=馬番, 下段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

プロキオンS HB.jpg

日曜7月12日  4回阪神4日目11R

プロキオンS
G3


(ダ1400m)(3歳以上オープン)(別定)

20サンライズノヴァ06.jpg
サンライズノヴァが悠々差し切り完勝!
重賞4勝目!!


20サンライズノヴァa06.jpg
12日、阪神競馬場で行われた第25回プロキオンS(3歳上・GIII・ダ1400m)は、後方でレースを進めた松若風馬騎手騎乗の5番人気サンライズノヴァ(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)が、直線で外から前の各馬を差し切り、中団前から脚を伸ばした8番人気エアスピネル(牡7、栗東・笹田和秀厩舎)に1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分21秒8(稍重)。
20サンライズノヴァa04.jpg
さらに1/2馬身差の3着に9番人気ヤマニンアンプリメ(牝6、栗東・長谷川浩大厩舎)が入った。なお、3番人気ラプタス(セ4、栗東・松永昌博厩舎)は6着、1番人気レッドルゼル(牡4、栗東・安田隆行厩舎)は8着、2番人気サクセスエナジー(牡6、栗東・北出成人厩舎)は10着に終わった。
20サンライズノヴァa07.jpg
勝ったサンライズノヴァは、父ゴールドアリュール、母ブライトサファイヤ、その父サンダーガルチという血統。59kgの斤量、17戦ぶりの右回りをものともせず、昨年のマイルCS南部杯以来、通算4度目の重賞制覇を果たした。

レース後のコメント

20サンライズノヴァa02.jpg
1着3-6 サンライズノヴァ(牡6、松若風馬・音無秀孝)
「実績があるので、(59キロの)斤量は仕方がないと思っていました。馬格があるので、苦にはしないかなと思っていました。ゲートを出たら無理に下げる必要はないと思っていましたが、馬のリズムであのポジションからになりました。リズムよくいい追い出しができて、しまいはしっかり脚を使えるので、馬を信じて乗りました。(右回りは)久々なのでどうかなと思いましたが、直線の反応もスムーズで、手前を替えてからもうひと伸びしてくれました。今は調子がいいので、もっと大きいところを狙えると思います。結果を出せてホッとしています」

20エアスピネル2着a.jpg
2着6-11 エアスピネル(牡7、鮫島克駿・笹田和秀)
「先週から調教に乗せてもらい、競馬は初めてでも、特徴はつかんでいるつもりでした。持ち味は出せたと思いますし、1年ぶり、このメンバーでこれだけ走れたのは、地力の高さだと感じました」

20ヤマニンアンプリメ3着a.jpg
3着8-16 ヤマニンアンプリメ(牝6、武豊・長谷川浩大)
「外枠からスムーズな競馬はできた。いいタイミングで抜け出せて、勝ったかと思ったけど…。牝馬で56キロを背負っていたことを考えれば、いいレースだっと思う」

4着1-2 デュープロセス(牡4、斎藤新・安田隆行)
「もともと力のある馬。(近走は)気持ちの面で走り切れていませんでした。本来の走りを取り戻すことを考え、今日は最後方からの決め打ち。いい脚を使ってくれましたし、改めて力を証明できたと思います」

5着6-12 トップウイナー(牡4、浜中俊・鈴木孝志)
「いいポジションで運べたし、重賞でも通用できそうな走りを見せてくれました」

20ラプタス6着a.jpg
6着4-7 ラプタス(セ4、幸英明・松永昌博)
「スタートが速く、自分の形で競馬ができました。小回りの方がスピードを生かせると思いますが、まだ底を見せたとは言えませんし、これからも楽しみな馬です」

7着5-9 スマートダンディー(牡6、秋山真一郎・石橋守)
「結果論になってしまいますが、もうちょっと脚をためて運んだ方が良かったかもしれません。自信があったので、今日は流れに乗せていったんですが…」

20レッドルゼル8着a.jpg
8着3-5 レッドルゼル(牡4、川田将雅・安田隆行)
「枠も良く、いい位置から運べましたが、4角で苦しさを出してしまいました」

9着8-15 ワンダーリーデル(牡7、藤井勘一郎・安田翔伍)
「この馬の持ち味は末脚。負けはしましたが、内容は良かったと思います」

20サクセスエナジー10着a.jpg
10着7-14 サクセスエナジー(牡6、和田竜二・北出成人)
「スタートしてテンから進んで行きませんでした。ハミを全く取りませんでした。馬の雰囲気は悪く無かったのですが、ここ3走とは走りが違いました。分かりません」

11着5-10 スマートアヴァロン(牡8、西村淳也・西園正都)
「最後まで脚は使ってくれています。あとは休み明けの分ですね。」

12着7-13 ダノンフェイス(牡7、川須栄彦・大久保龍志)
「勝負どころで勝ち馬に抵抗できませんでしたが、じりじり脚を使ってくれています。」

13着2-4 ミッキーワイルド(牡5、松山弘平・安田隆行)
「いいポジションで運べましたが、手応えほど伸びませんでした。」

14着4-8 ブルベアイリーデ(牡4、岩田望来・杉山晴紀)
「道中でぶつけられました。今日は気持ちの面が大きいです。」

15着1-1 カフジテイク(牡8、荻野極・湯窪幸雄)
「馬混みで苦しい競馬になりました。外へ出していたらもう少し切れていたかもしれません。」

16着2-3 サトノファンタシー(牡7、鮫島良太・松田国英)
「楽に追走できましたが、久々で止まってしまった。使って変わってくると思う。」
20サンライズノヴァ04.jpg20サンライズノヴァ07.jpg20サンライズノヴァ05.jpg


プロキオンS 払戻金.jpg


徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)

プロキオンSa.jpg
軸馬レッドルゼル、先行から直線で弾けて優勝…
のはずが、馬群に沈み込み8着惨敗。
1着サンライズノヴァ、2着エアスピネルの波乱決着!?




次回の重賞レースは
函館記念】(G3)(日刊コンピ篇


中京記念】(G3)(日刊コンピ篇


函館2歳ステークス】(G3)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント