【プロキオンS(G3)】(2020ラップ分析篇)

プロキオンSc.jpg
過去5年すべて "前 傾 ラ ッ プ"

コース形態から逃げ・先行馬は常にチェック!?
基本的に上位人気馬が強い傾向。

過去5年のラップ分析篇

【過去5年&平均ラップ】.jpg
2015.jpg
2016.jpg
2017.jpg
2018.jpg
2019.jpg
【平均ラップ】.jpg
上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。

プロキオンS(ラップ分析).jpg
芝スタートのダート1400㍍戦で、スタートからスピードに乗りやすく最初の400㍍は22秒99とかなり速い。そのため前後半差は2秒40の前傾ラップ。これだけの前傾ラップでありながら逃げた馬が3連対、先行した馬も5棟が着内に残っているように、オーバーペース気味でも前に行ききった馬が粘り込みやすい点に要注意。これは他の中京ダート重賞でも同じだが、3、4コーナーが小回りで下り坂になっているため、後方から差を詰めてくる馬がラップを上げづらく、その恩恵で前にいる馬が息を入れて楽に3、4コーナーを回れるのが要因。

その一方でラスト200㍍が12秒70と大きく失速、2、3着には後方からの差しがよく届く。前走が1200~1400㍍で上がり3位をマークして3着以内に好走していたにもかかわらず、今回1番人気に支持されていないというパターンが激アツで、2015年8番人気2着キョウワダッフィー、16年3番人気2着ニシケンモノノフ、17年5番人気1着キングズガード、さらに19年は2番人気1着アルクトス、3番人気2着ミッキーワイルド、4番人気3着ヴェンジェンスと3着内を独占している。基本的に上位人気が強い重賞だが、このパターンはオイシイので要注目。

ラップ分析ポイント
「前走、12~1400㍍で上がり3位をマークして3着以内の馬」を重視!! さらに「2走前、上がり3位をマークして着差0.6秒以内の馬」にも注目。

トップウィナー(前走、OP欅S1着 上がり3位)
レッドルゼル(前走、OP天保山2着 上がり3位)
ミッキーワイルド(2走前、OP京葉8着 上がり3位着差0.5秒)
ワンダーリーデル(2走前、G1フェブ4着上がり3位着差0.6秒)

sample

今 週 の 重 賞

7月12日(
福島11R【七夕賞G3)】


阪神11R【プロキオンSG3)】


当日(7/12)2020総合分析予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント