【七夕賞(G3)】(2020刻を見極めるラップ篇)

七夕賞a.jpg

過去10年のラップ分析篇

1F2F3F4F5F6F7F8F9F10F勝ち時計
201012.511.412.112.212.812.011.711.812.011.92.00.4
201112.311.112.412.413.212.011.711.511.712.22.00.5
201212.311.212.012.312.512.411.812.012.212.42.01.1
201312.110.710.912.312.612.312.112.111.712.11.58.9
201412.211.411.212.012.111.911.911.611.812.61.58.7
201512.011.311.512.212.512.411.811.411.112.01.58.2
201612.311.011.011.911.711.611.712.212.412.61.58.4
201712.010.511.412.211.912.011.611.811.912.91.58.2
201812.410.811.212.011.811.912.112.612.913.12.00.8
201912.211.011.111.911.812.112.012.212.313.01.59.6
平均12.211.111.512.112.312.111.811.912.012.51.59.5
表内の背景を黄色で示した部分がレースにおける『加速の開始位置』。基本的には「0秒2以上の加速かつ12秒台前半以内」を条件。年によって多少の差異はあるが、平均すると前半の6~7ハロン目、ゴールから逆算すると”ラスト5~4ハロン”の位置で加速を開始。ここが七夕賞の勝負ポイント!?

夏の福島名物のハンデ重賞で、サマー2000シリーズの第1戦。スタートから最初のコーナーまでたっぷり距離があるので、前半3ハロンのラップは、たいして速くはならない。しかし、1コーナーを曲がったあたりから、12秒フラットくらいのラップが延々と続き、そのままゴールへとなだれ込むバランスになる。特に緩急をつけて走る必要がないので、中央4場の中距離重賞とは求められるラップ適性が大きく異なってくる。逆に淡々と平均ラップを刻む競馬で、急加速力が足りずに負け続けている馬の一変が怖い。そして小回りコースなので、中山内回りや、小倉、函館などの、右回りかつ小回りコースを得意とする馬に注意が必要。
刻を見極める
福島競馬場での(芝)コースの実績を重視!?

ウインイクシード  福島(1-0-1-1)
クレッシェンドラヴ  福島(1-3-0-0)
マイネルサーパス  福島(2-1-0-0)
ヴァンケドミンゴ  福島(4-0-0-0)

sample

今 週 の 重 賞

7月12日(
福島11R【七夕賞G3)】


阪神11R【プロキオンSG3)】


当日(7/12)2020総合分析予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント