<エプソムカップ(G3)回顧>

本日(19時)の更新メニュー
6月14日(日曜
エプソムカップG3)回顧>

マーメイドSG3)回顧>

20ダイワキャグニー.jpg


日曜6月14日)東京11Rエプソムカップ

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。

エプソムCの指数の結果
指数順123456789101112131415161718
東京11R
エプソムC
05
71
17
66
04
61
01
59
16
58
13
56
11
55
14
54
08
53
12
52
03
51
07
50
06
49
15
48
02
47
09
46
18
41
10
40
(上段=馬番, 中段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

エプソムカップ HB.jpg

日曜6月14日  3回東京4日目11R

エ プ ソ ム カ ッ プ
G3


(芝1800m)(3歳以上オープン)(別定)

20ダイワキャグニー02.jpg
9番人気ダイワキャグニー
押し切り待望の重賞初V!


20ダイワキャグニーa01.jpg
14日、東京競馬場で行われた第37回エプソムC(3歳上・GIII・芝1800m)は、2番手でレースを進めた内田博幸騎手騎乗の9番人気ダイワキャグニー(牡6、美浦・菊沢隆徳厩舎)が、残り200mあたりで先頭に立ち、好位後ろから伸びた5番人気ソーグリッタリング(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分47秒7(不良)。
20ダイワキャグニーa04.jpg
さらにハナ差の3着に、逃げ粘った18番人気トーラスジェミニ(牡4、美浦・小桧山悟厩舎)が入った。なお、1番人気サトノアーサー(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)は6着、2番人気ピースワンパラディ(牡4、美浦・大竹正博厩舎)は7着、3番人気レイエンダ(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎)は10着に終わった。
20ダイワキャグニーa02.jpg
勝ったダイワキャグニーは、父キングカメハメハ、母トリプレックス、その父サンデーサイレンスという血統。得意の東京コースで巻き返し、13度目の重賞挑戦で待望の初制覇を飾った。通算成績はこれで24戦8勝。
20ダイワキャグニー02.jpg


レース後のコメント

20ダイワキャグニー04.jpg
1着3-6 ダイワキャグニー(牡6、内田博幸・菊沢隆徳)
「スタートは外の馬が速かったので、ハナにこだわらず、自分の位置を確保しようと思いました。重(馬場)でも頑張って結果を出しているのは分かっていましたが、それは考えず、そのままゴールまで追っていました。この馬はオープン(特別)は勝っていますが、ようやく重賞を勝ててよかったです」

20ソーグリッタリング2着a.jpg
2着1-1 ソーグリッタリング(牡6、藤井勘一郎・池江泰寿)
「割り切って内を通ることに徹したけど、我慢してくれた。強い相手に惜しいレースを続けているけど、きょうも頑張ってくれた」

20トーラスジェミニ3着b.jpg
3着8-18 トーラスジェミニ(牡4、木幡育也・小桧山悟)
「一瞬、勝ったかと思った。自分の形で進めれば粘り強い。内のいいところを走ったけど、馬場は苦にしなかった」

4着8-16 アンドラステ(牝4、岩田望来・中内田充正)
「この馬場で、一頭だけ外から追い込んだ。次につながるレースができた」

5着6-11 アトミックフォース(牡4、武藤雅・武藤善則)
「外枠だったので、楽に行けなかった。もう少し楽に行って(ハミが)抜ける部分があれば、もっと頑張れた」

20サトノアーサー6着a.jpg
6着2-4 サトノアーサー(牡6、D.レーン・池江泰寿)
「直線ジリジリと伸びて、よく頑張っています。もう少し馬場が良ければもっと頑張れたと思います」

7着3-5 ピースワンパラディ(牡4、津村明秀・大竹正博)
「前半から進んでいかなかった。道悪で勝っているけど、いい感じではなかった」

8着7-15 ゴーフォザサミット(牡5、北村宏司・藤沢和雄)
「もう少し内めの枠なら良かった。フォームから、距離ロスなく走らせたかった」

9着1-2 サトノガーネット(牝5、吉田豊・矢作芳人)
「道悪は下手ではないし、最後はジワジワ伸びているけど…」

20レイエンダ10着b.jpg
10着8-17 レイエンダ(牡5、C.ルメール・藤沢和雄)
「ペースが速かったけど、前の馬が止まらなかった。3コーナーからポジションを上げたけど、最後の直線で伸びなかった」

11着2-3 ギベオン(牡5、戸崎圭太・藤原英昭)
「馬場はこなせるかなと思ったし、道中はスムーズだったけど、追い出すと耳を絞っていた」

12着4-8 マイネルファンロン(牡5、三浦皇成・手塚貴久)

13着4-7 サラキア(牝5、石橋脩・池添学)

14着7-13 アイスストーム(牡5、武豊・吉村圭司)
「覚悟していたけど、こういう馬場は良くない。左回りではそんなことがなかったけど、バランスを崩していた」

15着5-10 マイネルハニー(牡7、野中悠太郎・栗田徹)

16着6-12 シャドウディーヴァ(牝4、M.デムーロ・斎藤誠)

17着7-14 インビジブルレイズ(牡6、田辺裕信・吉村圭司)

18着5-9 エメラルファイト(牡4、石川裕紀人・相沢郁)
回顧a.jpg20ダイワキャグニー03.jpg


エプソムカップ 払戻金.jpg


徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)

エプソムカップa.jpg
軸馬サトノアーサー、
先行集団の後方追走から直線で弾けて優勝…
のはずが、伸びそうで伸びず6着入線。




次回の重賞レースは
ユニコーンS】(G3)(日刊コンピ篇


函館スプリントS】(G3)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント