【安田記念(G1)】(2020データ分析篇)

20安田記念g.jpg
安田記念に関する過去データ

注目馬データ篇
馬 名馬齢前走レース距離馬体重
191インディチャンプ牡5マイラーG2芝164470㌔
192アエロリット牝5ヴィクトリG1芝165512㌔
193アーモンドアイ牝4アラ首DTFG1芝181- - -㌔
馬 名馬齢前走レース距離馬体重
181モズアスコット牡4安土城OP芝142488㌔
182アエロリット牝4ヴィクトリG1芝164504㌔
183スワーヴリチャード牡4大阪杯G1芝201516㌔
馬 名馬齢前走レース距離馬体重
171サトノアラジン牡6京王SCG2芝149528㌔
172ロゴタイプ牡7中山記G2芝183494㌔
173レッドファルクス牡6京王SCG2芝141474㌔
馬 名馬齢前走レース距離馬体重
161ロゴタイプ牡6ダービー卿G3芝162496㌔
162モーリス牡5香港マG1芝161514㌔
163フィエロ牡7マイラーG2芝164500㌔
馬 名馬齢前走レース距離馬体重
151モーリス牡4ダービー卿G3芝161510㌔
152ヴァンセンヌ牡6京王SCG2芝142502㌔
153クラレント牡6マイラーG2芝1610496㌔
上記の表は、過去5年の成績と前走レース(距離、着順、馬体重)を検証。

『前走、G2マイラーズCで3着以内の馬が不振』というデータがある。昨年、同レース勝ち馬ダノンプレミアム(2人気)16着惨敗。今年は、昨年のマイル王インディチャンプがこのローテに該当!? 逆に、『前走、芝G1レースで2番人気以内の馬が好走』という吉兆データがある。さらに、『前走、馬体重470㌔以上の馬』が毎年馬券に絡んでいる。今年出走メンバーで該当する(アーモンドアイ、グランアレグリア)2頭の結果は!?


馬 名馬齢前走レース距離馬体重
アドマイヤマーズ牡4香港MG1芝161470㌔
グランアレグリア牝4高松宮G1芝122486㌔
ダノンキングリー牡4大阪杯G1芝203456㌔
ヴァンドギャルド牡4マイラーG2芝163474㌔
アーモンドアイ牝4ヴィクトG1芝161486㌔
インディチャンプ牡5マイラーG2芝161476㌔
ケイアイノーテック牡5京王杯スG2芝146468㌔
ダノンスマッシュ牡5京王杯スG2芝141472㌔
ダノンプレミアム牡5豪州QEG1芝203- - -
ノームコア牝5ヴィクトG1芝163466㌔
ミスターメロディ牡5浦JBCスG1ダ146499㌔
ペルシアンナイト牡6中山記G2芝185502㌔
セイウンコウセイ牡7京王杯スG2芝145514㌔
クルーガー牡8ダービー卿G3芝161530㌔
上記の表は、今年出走予定馬の成績と前走レース(距離、着順、馬体重)を検証。
インパクトデータ
過去10年(2010~19)を基本
牝 馬
3着以内に入った牝馬は2頭(3回)。ともに牡馬混合のG1で勝利経験。
前走馬体重
近年は馬格のある馬が優勢。前走(国内限定)馬体重470㌔未満の馬で複勝圏に入ったのは、1頭のみ(前走452㌔)。
近走使用距離
近3走とも1400m以下出走馬の連対は、2013年優勝馬ロードカナロア1頭だけ。
近走成績
近2戦連続で芝G2以下出走、ともに斤量57㌔未満で3着以下敗退馬の連対は皆無。
東京芝実績
3着以内延べ30頭のうち、東京芝コースに2回以上出走し、勝利経験がなかった馬の好走例は4頭。(いずれも3着)
注目馬
アーモンドアイ、アドマイヤマーズ、インディチャンプ、ダノンプレミアム

まとめ篇

狙い目好走データをクリアした馬

該当馬
アーモンドアイ
アドマイヤマーズグランアレグリアダノンプレミアム





当日(6/7)2020総合分析予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント