【CBC賞(G3)】(2020刻を見極める)

CBC賞a.jpg

過去10年のラップ分析篇

*京都競馬場改修工事の影響で、今年は阪神で施行される。例年、中京(芝)1200㍍で施行されるG3CBC賞のデータでは、あまり参考にならないので、阪神(芝)1200㍍で施行される重賞G2セントウルSのデータを記載。
1F2F3F4F5F6F勝ち時計
201012.010.711.211.510.811.81.08.0
201112.210.611.311.311.012.11.08.5
201212.010.310.911.011.211.91.07.3
201312.010.910.911.010.911.81.07.5
201411.810.310.811.011.212.31.07.4
201511.910.811.311.110.911.81.07.8
201612.310.210.610.811.212.51.07.6
201712.210.810.811.111.111.51.07.5
201812.010.510.811.311.512.71.08.8
201911.910.310.810.811.311.61.06.7
平均12.110.510.911.011.212.01.07.7
表内の背景を黄色または薄緑色で示した部分がレースにおける『加速の開始位置』。基本的には「0秒2以上の加速かつ11秒前後」を条件。年によって多少の差異はあるが、平均すると前半の4ハロン目、ゴールから逆算すると”ラスト3ハロン”の位置で加速を開始。ここが勝負ポイント!?

このレースは阪神芝内回りコースで施行されるが、阪神(芝)1200㍍戦での重賞は例年なら秋のG2セントウルSの1鞍のみ。代替開催のG3 CBC賞も同じようなラップが予想されるが、ラップバランスは単純明快。真ん中の4つのハロンが速く、ゴール前のラスト1ハロンが急坂の影響で大きく失速するという形。スプリント戦によくあるバランスで、勝ち時計もかなり速くなるので、持ち時計がないと苦しい!?
刻を見極める
梅雨時期のため、雨の影響が結果に大きく影響するので、良馬場と道悪で極端な差。馬場次第で明確に狙いを変えることが基本!? 「持ち時計がある実績馬」または「前走、4角3番手以内の馬」を重視!! 「重賞レースで上がり1位で勝利経験馬」も狙い目か!?

クリノガウディー(前走G1高松宮記念4着 4角3番手)
グランドロワ(前走パラダL6着 4角1番手)
レッドアンシェル(昨年G3CBC賞1着 上がり1位)
除外対象イベリス(昨年G2セントウルS3着)

sample

今 週 の 重 賞

7月5日(
福島11R【ラジオNIKKEI賞G3)】


阪神11R【CBC賞G3)】


当日(7/5)2020総合分析予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント