<宝塚記念(G1)回顧>

本日(19時)の更新メニュー
6月28日(日曜
宝塚記念G1)回顧>

20クロノジェネシス.jpg


日曜6月28日)阪神11R宝塚記念

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。

宝塚記念の指数の結果
指数順123456789101112131415161718
阪神11R
宝塚記念
05
88
11
66
03
63
16
61
18
55
14
54
07
52
17
51
15
50
01
49
08
48
02
47
06
46
10
44
12
43
13
42
09
41
04
40
(上段=馬番, 下段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

宝塚記念 HB.jpg

日曜6月28日  3回阪神8日目11R

宝 塚 記 念
G1


(芝2200m)(3歳以上オープン)(定量)

20クロノジェネシスa05.jpg
クロノジェネシスが突き抜け6馬身差圧勝!
2年連続牝馬V


20クロノジェネシスa04.jpg
28日、阪神競馬場で行われた第61回宝塚記念(3歳上・GI・芝2200m・1着賞金1億5000万円)は、4コーナーで持ったまま先団の取り付いた北村友一騎手騎乗の2番人気クロノジェネシス(牝4、栗東・斉藤崇史厩舎)が、直線で先頭に立って一気に後続との差を広げ、直後から追い上げていた6番人気キセキ(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)を最後は6馬身差突き放して優勝した。勝ちタイムは2分13秒5(稍重)。
20クロノジェネシス03.jpg
さらに5馬身差の3着に12番人気モズベッロ(牡4、栗東・森田直行厩舎)が入った。なお、1番人気サートゥルナーリア(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)はモズベッロと1.3/4馬身差の4着、3番人気ラッキーライラック(牝5、栗東・松永幹夫厩舎)は6着に終わった。
20クロノジェネシス02.jpg
勝ったクロノジェネシスは、父バゴ、母クロノロジスト、その父クロフネという血統。昨年の秋華賞に次ぐGI・2勝目を飾った。牝馬による宝塚記念勝利は、昨年のリスグラシューに続いて2年連続で史上5頭目。
20クロノジェネシス04.jpg
鞍上の北村友一騎手、本馬を管理する斉藤崇史調教師共に、宝塚記念は初勝利となった。
20クロノジェネシス07.jpg


レース後のコメント

20クロノジェネシス08.jpg
1着8-16 クロノジェネシス(牝4、北村友一・斉藤崇史)
「本当に強かったです。馬場とか周りの馬を気にせず、自分の馬だけを信じて乗れればいいと思っていました。スタートが決まったのが大きかったと思います。折り合える位置でリズムよく手応えよく運べていました。(勝負どころは)ゴーサインを出すというより、馬が強くて、自然と上がっていってしまったという感じです。ずっとこの馬に乗っているので、手応え十分でしたし、この手応えなら直線で必ず伸びてくれると思っていました。馬が期待に応えてくれたと思います。馬体重が示すとおりに体もパワフルになりましたし、本当にいい状態だったと思います。たくさんの支持をいただいて、結果を出せてうれしく思います」

20キセキ2着a.jpg
2着7-14 キセキ(牡6、武豊・角居勝彦)
「折り合いはついたし、道中はいい感じで運べました。勝ちパターンの競馬はできたと思います。勝ち馬が強かった。久々にこの馬らしい競馬だったし、距離もこのぐらいの方が合うね」

20モズベッロ3着c.jpg
3着6-12 モズベッロ(牡4、池添謙一・森田直行)
「勝ち馬の後ろで運んで頑張ってくれましたが、勝負どころで離されたのが痛かったです。そこから促して、しぶとく踏ん張ってくれています。最後のきついところも外から(他馬が)来たらひと踏ん張りしてくれました。本当によく頑張ってくれています。口向きとかはまだ幼く、体もまだまだ良くなってくると思います。秋はさらに成長して頑張ってくれたらと思います」

20サートゥルナーリア4着c.jpg
4着3-5 サートゥルナーリア(牡4、C.ルメール・角居勝彦)
「距離と馬場です。いい競馬ができなかった。2200メートルはギリギリ。2000メートルがベストです。スタートでいい位置を取れず、後ろになってしまったので仕方ない。良なら、もっといい結果が出ていたと思う」

(角居勝彦調教師)
「状態は悪くなかった。馬場が重くて、馬込みで押し込められて、厳しい競馬になった。(父のロード)カナロアが出てきたのかもしれない。(距離が)長く感じました」

20メイショウテンゲン5着a.jpg
5着5-10 メイショウテンゲン(牡4、松山弘平・池添兼雄)
「前半はついて行けないところもありましたが、ラストはしっかり伸びています。重めの馬場でもしっかりしていました。まだ良くなる余地が十分あります。年齢的にまだ良くなると思います」

20ラッキーライラック6着a.jpg
6着6-11 ラッキーライラック(牝5、M.デムーロ・松永幹夫)
「スタートはいつも通り良く、良いところで運びました。向正面と3コーナー手前で馬場が合わず、ムチを入れました。クロノジェネシスが上がってきたところで、併せる形で頑張ってくれましたが、最後は馬場を気にしていました」

20トーセンスーリヤ7着a.jpg
7着3-6 トーセンスーリヤ(牡5、横山和生・小野次郎)
「頑張りました。多少の雨は気になる馬ですが、このくらいの馬場になると気にならないです。上出来だと思います」

8着1-1 トーセンカンビーナ(牡4、浜中俊・角居勝彦)
「スタートの一歩目は合わせられたけど、(重い)馬場(の影響)で進まずに、あの位置から。状態はよかったけど、この馬場の中でよく頑張ってくれたと思います」

9着7-13 ダンビュライト(セ6、松若風馬・音無秀孝)
「落ち着いてレースができました。もう少し頑張れるかと思いましたが、ラストは一杯になってしまいました」

10着4-8 レッドジェニアル(牡4、酒井学・高橋義忠)
「最初の課題だったゲートは出てくれました。この馬場でも気持ちは切らせていなかったし、毎回課題はありますが、しっかり走ってくれていると思います」

11着7-15 スティッフェリオ(牡6、幸英明・音無秀孝)
「3、4コーナーで脚を取られてしまいました。こういう馬場は合わなかったんじゃないでしょうか」

12着8-17 カデナ(牡6、鮫島克駿・中竹和也)
「スタートから位置を取りに行こうとしましたが、どこを走ってもノメッていました。跳びの綺麗な上がりの脚が速いこの馬には、苦しい馬場でした」

13着4-7 ワグネリアン(牡5、福永祐一・友道康夫)
「やりたいレースはできました。4コーナーで手応えが無かったです。調教から息遣いが気になっていて、レースでもそうでした。バッタリ止まるペースでもないと思いますし......」

14着5-9 アドマイヤアルバ(セ5、西村淳也・須貝尚介)
「豪華なメンバーでも、彼なりに頑張っています」

15着1-2 ペルシアンナイト(牡6、和田竜二・池江泰寿)
「枠を生かして前に行こうと思っていました。良い流れで手応えがあるうちは良かったのですが、(手応えが)無くなったら(走りが)バラバラになってしまいました」

20ブラストワンピース16着a.jpg
16着8-18 ブラストワンピース(牡5、川田将雅・大竹正博)
「やはり、こういう馬場は苦手だと思っていましたが、早々とついていけなくなってしまいましたね」

20グローリーヴェイズ17着a.jpg
17着2-3 グローリーヴェイズ(牡5、D.レーン・尾関知人)
「ゲートで落ち着きがなく、スタートを上手く切れませんでした。この雨で馬場も合わず、残念な結果になりました」

18着2-4 アフリカンゴールド(セ5、藤井勘一郎・西園正都)
「直前の雨で馬場が重くなって、ステイ(ゴールド)の子だからこなせると思ったけど、のめっていました」
20クロノジェネシス10.jpg20クロノジェネシス14.jpg20クロノジェネシスa02.jpg


宝塚記念 払戻金.jpg




徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)

宝塚記念a.jpg
軸馬クロノジェネシス、中団追走から直線で弾けて優勝!!
2着キセキ、3着モズベッロが入いる。
馬券は1-3着でハズレ…(ノД`)・゜・。




次回の重賞レースは
ラジオNIKKEI賞】(G3)(日刊コンピ篇


CBC賞】(G3)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント