【ユニコーンS(G3)】(2020総合分析予想篇)

20ユニコーンSd.jpg
ユニコーンSG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

GⅠ馬を多数輩出してきた
3歳馬の出世レース!!


画像
2015年(タイム稍重1.35.9 前半34.5 / 後半37.0)


画像
2016年(タイム良1.35.8 前半35.3 / 後半36.2)


画像
2017年(タイム良1.35.9 前半34.1 / 後半36.7)


画像
2018年(タイム重1.35.0 前半34.8 / 後半35.6)


19 3F.jpg2019年(タイム重1.35.5 前半33.9 / 後半37.1)


【ユニコーンS】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
19- -1-13位- -7-51位- -3-37位
18- -8-41位- -11-93位- -14-131位
17- -9-101位- -14-102位- -5-65位
16- -3-43位- -2-26位- -11-111位
15- -15-141位- -3-28位- -11-112位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢

20ユニコーンSg.jpg

重賞攻略ポイント
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

「上がり最速馬」が馬券圏内パーフェクト!!

短距離戦からの参戦馬が多く、スタート直後の芝でペースが上がりやすい。その結果、過去5年の前後半3ハロンの平均は34秒5-36秒5、前傾2秒0のハイラップ。「上がり最速馬」は3勝、2着1回、3着1回とすべて馬券絡み。上がり順位が結果に直結するレースで、如何に直線まで脚を溜められるかがカギ。勝ち時計はすべて1分35秒台と速い。秋のチャンピオンズカップ、翌年のフェブラリーSに繋がるハイレベルな一戦となっている。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、34.5秒/36.5秒。(前後差△2.0) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が6連対、10番手以降3連対。
「上がり最速馬」 4連対(上がり5位以内8連対)。




20ユニコーンSf.jpg
総合分析で重賞レースを極める!】

◎メイショウベンガル


メイショウベンガルは、もともと攻め駆けで定評があり、前走ダート替わりで圧勝!! まだ底はあり、右回りより左回りのほうが適性がありそうだけに不気味な存在!?

相手は、人気上位(デュードヴァン、レッチェバロック、サトノラファール、タガノビューティー、カフェファラオ)5頭へ流して勝負!!


ワイド】で( 9 ⇒ 1,5,10,13,16 )

ユニコーンSa.jpg

sample

本 日 の 重 賞

6月21日(
東京11R【ユニコーンSG3)】


函館11R【函館スプリントSG3)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント