<函館スプリントS(G3)回顧>

本日(19時)の更新メニュー

20ダイアトニックa01.jpg


日曜6月21日)函館11R函館スプリントS

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。

函館SSの指数の結果
指数順123456789101112131415161718
函館11R
函館SS
06
84
07
67
09
65
08
59
03
58
10
52
02
51
16
50
04
49
12
48
05
47
11
46
15
43
13
42
14
41
01
40




(上段=馬番, 下段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

函館スプリントS HB.jpg

日曜6月21日  1回函館2日目11R

函 館 ス プ リ ン ト S
G3


(芝1200m)(3歳以上オープン)(別定)

20ダイアトニック05.jpg
武豊騎手&ダイアトニック
2番手から抜け出し完勝!!


20ダイアトニックa04.jpg
21日、函館競馬場で行われた第27回函館スプリントS(3歳上・GIII・芝1200m)は、2番手でレースを進めた武豊騎手騎乗の1番人気ダイアトニック(牡5、栗東・安田隆行厩舎)が、逃げ粘る10番人気ダイメイフジ(牡6、栗東・森田直行厩舎)を直線半ばで捕らえて抜け出し、最後はこれに2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分7秒5(良)。
20ダイアトニック02.jpg
さらに1/2馬身差の3着に3番人気ジョーマンデリン(牝4、栗東・清水久詞厩舎)が入った。なお、2番人気ライトオンキュー(牡5、栗東・昆貢厩舎)は6着に終わった。
20ダイアトニック01.jpg
勝ったダイアトニックは、父ロードカナロア、母トゥハーモニー、その父サンデーサイレンスという血統。高松宮記念・3着以来の実戦を制し、昨年のスワンSに次ぐ重賞2勝目を飾った。

レース後のコメント

20ダイアトニック03.jpg
1着3-6 ダイアトニック(牡5、武豊・安田隆行)
「断然の1番人気だったので結果を出せてホッとしている。スタートが速かったので迷わず、ハナ切ってもいいくらいの気持ちでいった。初めて乗せてもらったけどスプリント能力はかなり高い。58キロだったのでごちゃつくのが嫌だったが、いいポジションが取れました」

20ダイメイフジ2着b.jpg
2着8-16 ダイメイフジ(牡6、菱田裕二・森田直行)
「ハナにこだわるというより、この馬のリズムを優先。いい感じに運べたし、惜しかった。悔しいですね」と唇をかむ。「最後までよく頑張ってくれました」

20ジョーマンデリン3着a.jpg
3着5-10 ジョーマンデリン(牝4、岩田康誠・清水久詞)
「いい位置で運べたし、よく頑張ってくれました。洋芝は合っているんでしょうね」と力走をねぎらう。「まだ緩さがあるけど、これでパシッとしてくれば、もっと走れると思いますよ」と4歳牝馬の伸びしろを強調していた。

4着5-9 フィアーノロマーノ(牡6、藤岡康太・高野友和)
「スタートは上手に出てくれたけど、1200メートルだったので促しながらの競馬になった。それでもよく伸びてくれた。ペースに慣れた次はもっとやれると思う」

5着4-8 シヴァージ(牡5、藤岡佑介・野中賢二)
「枠なりの競馬になってしまいました。もう1つ2つ内へ入れていれば、2着争いは、際どかったと思います」

20ライトオンキュー6着a.jpg
6着4-7 ライトオンキュー(牡5、古川吉洋・昆貢)
「いろんなことがあって、今回はただの休み明けじゃないからね。追い切りは動いていたのでいけると思ったが、そのぶんかな」

7着2-3 エイティーンガール(牝4、坂井瑠星・飯田祐史)
「ゲートを出てそこからうまく流れに乗れなかった。しまいはあそこまできてくれたので改めて能力は感じました」

8着3-5 ティーハーフ(牡10、国分優作・西浦勝一)
「良い状態だったが、勝負どころでついていけなかった。それでも、狭いところを抜けて脚を使ってくれた」

9着1-2 マリアズハート(牝4、大野拓弥・菊沢隆徳)
「スタートはいつもあんなもの。オンとオフがしっかりしてきて馬は良くなっている」

10着8-15 メイショウショウブ(牝4、池添謙一・池添兼雄)
「1200メートルでは、のどは大丈夫だった。ただ、外枠がこたえた」

11着6-11 アリンナ(牝6、丹内祐次・上原博之)
「4コーナーまでは良い感じだったが、うまく外に出してから伸びなかった」

12着2-4 スイープセレリタス(牝4、丸山元気・藤沢和雄)
「1200メートルを使ってきた馬とはスピードが違った。これがいい経験になれば」

13着6-12 グランドボヌール(牡6、城戸義政・鈴木孝志)
「具合は良かった。勝ちにいく競馬をしたが、最後は甘くなった」

14着1-1 スリーケープマンボ(セ5、竹之下智昭・武英智)
「このクラスではテンが速い。それでも、馬込みで手応えが良かった。こっちの芝も合っている」

15着7-13 リュウノユキナ(牡5、横山和生・小野次郎)
「スピード負け。ただ、ダートと違ってキックバックがないぶん、気持ちよく走って頑張ってくれました」

16着7-14 ミキノドラマー(牡7、勝浦正樹・南田美知雄)
「楽についていけたが、ぶつけられて、そこで脚いろが鈍った」
20ダイアトニックa03.jpg20ダイアトニック04.jpg


函館スプリントS 払戻金.jpg


徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)

函館スプリントSa.jpg
軸馬スイープセレリタス、痛恨の出遅れ!?
最後方追走から直線で弾けて優勝…のはずが、12着惨敗。
1着ダイアトニック(1人気)→2着ダイメイフジ(10人気)の決着。




次回の重賞レースは
宝塚記念】(G1)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント