【マーメイドS(G3)】(2020ラップ分析篇)

20マーガレットSe.jpg
例年通りなら "イ ー ブ ン ラ ッ プ"

重賞レベルの出走少なく、格上挑戦でも通用。
それほど速い時計&上がりは要求されない。

過去5年のラップ分析篇

【過去5年&平均ラップ】.jpg
2015.jpg
2016.jpg
2017.jpg
2018.jpg
2019.jpg
【平均ラップ】.jpg
上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。

マーメイドS(ラップ分析)b.jpg
牝馬限定のG3戦。G1ヴィクトリアマイルが終わって約1ヶ月という時期だけに重賞レベルの馬の出走が少なく、3勝クラスやオープン特別レベルの決着になることが多い。レースラップはスタートから前半1000㍍はとにかくスロー。しかし後半も速いというわけではなく、阪神芝内回りらしくジワジワとラップが速くなっていくが最速の区間でも11秒52と多少瞬発力のある馬なら普通に出せるレベルの速さ。

3コーナー通過番手別成績では前方がやや有利も、複勝率、複勝回収率では後方の方が高い。上がり順位別成績では、3位以内が馬券に絡んだ回数も率も高い。条件クラスからの格上挑戦でも通用する年があるように、出走メンバーのレベルは年によってばらつきがあるが、基本的には前走非重賞の2勝クラスからオープン特別という馬を狙いたいレース。また梅雨時期に行われるレースで良馬場でも馬場が重いタフな条件になることが多く、前走が1600㍍以下のようなスピード勝負だった馬は不利。それらを踏まえて、「前走芝1800㍍以上の非重賞、上がり順位5位以内」だった馬が【7-5-3-36】で複勝率29.4%、複勝回収率125%と穴馬もよく走っている。

ラップ分析ポイント
阪神芝2000㍍で行われる牝馬限定の荒れるハンデ戦!?
前走、芝1800㍍かつ4角5番手以下かつヒトケタ入着」をステップにした馬が優勢と判断!? あとは、馬場悪化を考慮して選択。

サラキア(前走、G3福島牝5着4角9番手)
センテリュオ(前走、L大阪城H 5着4角15番手)
フィリアプーラ(前走、G3福島牝7着4角13番手)
レッドアネモス(前走、G3福島牝6着4角11番手)

sample

今 週 の 重 賞

6月14日(
東京11R【エプソムカップG3)】


阪神11R【マーメイドSG3)】


当日(6/14)2020総合分析予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント